モヤモヤしたくない!片思い中の嫉妬心を払拭する方法まとめ

好きな男性が他の女性と話していたり出かけたりすることを耳にすると気になって仕方がないですね。

付き合っていないから文句は言えなきけれど、どうしようもなくモヤモヤします。
こんなとき、あなたはどうしていますか?!
私たちはいくつになっても嫉妬をしますが、今回は片思いにおける嫉妬を払拭する方法について考えます。

人は比較してしまう生き物

最近マウンティングという言葉をよく耳にしますが、これは今に始まったことではなく、人は誰かと比較してしまう生き物です。
あの人は私よりスタイルがいい、顔がきれい、仕事ができるなど特に同性と自分を比較してしまいますよね。
それが恋敵ならなおさら、どうにかして自分が優位に立とうとします。
しかし、ちょっと冷静に考えてみましょう。
恋敵が好きな男性と話したりするのを見てモヤモヤするということは自分がその人よりも劣っていると認めているということではないでしょうか。
モヤモヤしたくないし毎日がこんなのでは楽しくありません。
ここからは嫉妬心を払拭する方法を考えます。

 嫉妬心を払拭しよう!

  1. 自信を付ける


    誰かと比べるのではなく客観的にどんな女性になりたいか考えてみましょう。
    また自分が男性ならどんな女性と付き合いたいか条件を挙げてみて、できることから取り組んでみましょう。
    例えば大人シンプルな服装を着こなせる女性がいいならば体型に似合うファッションの研究をしたりショップの店員さんに相談したりしてイメージチェンジをする、気配りができる女性がいいと思うならば常に自分の周りやオフィスを整理整頓してみるなど、できることはたくさんあります。
    目標までのハードルを低くしてステップをいくつも設定しロールプレイングゲームのようにクリアしていくうちに自信が付きます。
    そうすると好きな男性が他の女性と話をしていても気にならないし自信に満ちた女性は魅力的なので好きな男性も気に留めるようになるかもしれません。

  2. 「私は私」を貫く

    恋敵が好きな男性と話したり出かけたりするとモヤモヤし喉の奥がギュッと詰まって辛くなるけれど、それを阻止することは不可能なので考えるのをやめます。
    モヤモヤは一時的なものでしばらくしたら治まります。
    好きな人が他の女性とどんな会話をしようがどこへ行こうが「私は私」、比べて他の女性より知的な会話をしたり背伸びをして素敵な場所に誘ったり、無理をしたりするのではなく自分ができることで好きな人にアプローチしましょう。

    たとえ恋敵を押しのけ付き合うことができたとしても付き合う前に偽りの自分を演じハードルを上げてしまっているので本来の自分を出せないお付き合いになってしまいますよ。

 

周りが見えなくなってやる行動は負け!


恋敵が好きな人と自分より親密と感じたとき焦りますね。
そこで恋敵に嫌がらせをしたり相手の男性に執拗に付きまとったりするような常識のない行動をとった場合、その時点であなたは恋敵に負けを認めていることになります。

焦る気持ちや恋敵に言いたいこともあるけれど、好きな男性はまだあなたの彼氏ではないことを言い聞かせ自制しましょう。

 

アプローチしても振り向かないなら次へ!

好きな男性に食事や遊びのお誘いをしても反応が薄かったり断られたりする場合は次の恋を見つけましょう。
ある程度年齢を重ねると相手の反応で自分に好意を持っているかどうかはわかりますよね。
ある程度アプローチしたのにその男性が自分に気がないならよほどのことがない限り好転することはありません。

関連記事

何を考えているの?男性が自分から会いたいと言わない理由5つ...

似たもの同士が惹かれ合う理由5つ...

大好きな彼との電話をする時の注意点4つ...

【芦屋道顕】福の神(2)身近にいる福の神の特徴チェック!...

ヤバい、好きかも・・男性が女性を好きになる瞬間8シーン...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ