気になる人に「この人、いいかも…」と好印象を残すヒント

女性との初対面だってはじめは緊張しますが、男性との初対面はより緊張するという方、多いのではないでしょうか。特に、その初対面の場が「男女の出会い」を目的としたパーティーなどであればなおさら。「あ、この人いいかもしれない……!」と思っても、相手からも同じように思ってもらうことって、なかなかむずかしいものですよね。けれど、表情や言葉のチョイスなど、ちょっとしたことを意識するだけで、結果が変わってくることもあるんです。

そこで今回は、あなたと出会った帰り道に「あの子、なんだかいいかもしれない」と思ってもらえるようなヒントについてシェアします。

1:当たり前だけれど、挨拶はやっぱり気持ちよく

皆さんは、初対面の場で「100点満点の挨拶」はできていますか?

緊張のあまり、なんだかぎこちなくなってはいませんか?

男女問わず、あなたの第一印象を決めるポイントのひとつになるのが挨拶です。

相手の男性に落ち着いた印象を与えようと、声のトーンを控えめにする人もいます。けれども、相手の印象に残りやすいのはやはり、「はじめまして!」と、とびきり気持ちのよい挨拶ではないでしょうか。それに、ハキハキとした第一印象を持ってもらえれば、挨拶のあとの会話も弾みやすくなります。

緊張して声が小さくなってしまいがちだという人は特に、「挨拶だけは100点満点を目指す」ことを意識してみましょう。

 

2:ちょっとだけ口角を上げながら

皆さんは、相手の話を聞いているときのご自身の表情をご存知でしょうか。「この人、私の話がつまらないのかな?」と不安になるくらいの無表情で私の話を聞いている知人がいます。けれども、彼女にそのことを正直に伝えてみると「本当に?今まで、全然気にしてなかった!」と、驚かれたのです。本人の話では、私の話を集中して聞くあまり、表情が硬くなっていたのかもしれない、とのことでした。

相手の男性に好印象を持ってもらうためには、「相づちを打つのが大切」と聞いたことがあります。もちろん、それはとても大切なことだと思います。けれども、無表情のままで相づちを打たれても「俺の話って、そんなにつまらないのかな?」と、思われてしまう可能性があるので注意が必要です。

ですから、相手の話を聞く際は相づちとともに、少しだけ口角を上げることを意識してみてください。口角が上がると、あなたの表情も生き生きとしますし、「あなたの話、とても面白いからもっと聞かせて!」というアピールをすることもできますよ。

3アクセサリーは華奢なものを少しだけ

よく、「男性は鈍感な生きものだ」というたとえがありますが、初対面の男性の場合は別です。あなたのことをよく知らないからこそ、持ち物や身なりで判断するため、じつはあなたが思っている以上に細かいところまで彼はチェックしているのです。

私は、初対面の男性から「そのリング、もしかしてプラチナ?若いのに、いいものを持っているね」と、言われて驚いたことがあります。同性の友人たちからデザインは褒められることはあっても、素材まで言い当てられることはなかったからです。

もちろん、そのような男性ばかりではないとは思いますが、「この人、なんだか高そうな洋服やアクセサリーばかりだな」などと、細かくチェックしている男性も少なからずいるのです。

大ぶりのアクセサリーや気合いを入れてハイジュエリーをたくさん身につけた場合、人によっては「金のかかりそうな女の人」という印象を与えてしまうことがまれにあります。

上質なものを身につけることは、大人だからこその楽しみのひとつだと思います。けれども、男性と初対面の場で、逆効果になってしまうのは避けたいですよね。

小ぶりなアクセサリーは、女性だけの特権です。

アクセサリーを選ぶ際は、「小ぶり」「シンプル」「ベーシック」の3つを少しだけ意識してみてください。

4ブランド物は少しだけ持つ

女性らしさをアピールしたいあまり、トレンドど真ん中なコーディネートを組み、手元にはハイブランドのバッグを持って完璧!

ちょっとだけ気合いを入れたい、ちょっとおめかしをしてレストランでお食事というならば、問題はないかもしれません。けれども、初対面の場では少々too muchになってしまう可能性があるので注意が必要です。

それに、ブランドバッグはロゴが目立つものであればあるほど、(アクセサリーと同様に)「金がかかりそうな女の人」と思われてしまうこともあります。

ですから、上品な印象を演出したいのであればロゴが目立たないようなシンプルなデザインのもの、本革などの素材にこだわってみてはどうでしょうか。

初対面の場ではまず、「相手と親しくなること」が最大の目的です。せっかくのおしゃれが逆効果になってしまわないよう、注意しましょう。

Pocket
LINEで送る