なぜセックスで濡れない?痛みの原因はアレだった!

なぜセックスで濡れない?痛みの原因はアレだった!

セックスで濡れないと、“私がおかしいの?”などと自分を追い込む方もいます。セックスで濡れないことは精神的にも肉体的にもツラいですが、誰にも相談できず1人で悩んでいませんか?また、パートナーに気を遣い”セックスで濡れないから痛い”と、本当のことを言えない女性もいるでしょう。そこで今回は、セックスで濡れない原因や解決策をご紹介します。ぜひ、チェックしてセックスで濡れない体から脱却しましょう。

セックスで濡れないのは私だけ?とにかく痛い!

セックスで濡れない女性は激痛に襲われてツライ時間を過ごし、ラブタイムは痛みとの戦いになっているかもしれませんね。痛みの感じ方は個人差があるものの、セックスで濡れない女性の多くは“苦痛な時間でしかない!”と答える方が多いです。

セックスで濡れないのは私だけ?とにかく痛い!

セックスで濡れないことに悩んでいる女性はあなただけではありません。年代を問わず多くの女性がセックスで濡れないことに悩んでおり、10代や20代の若年層から70代や80代の高齢層までと、年齢層はかなり幅広いです。

セックスで濡れない原因は大きくわけて3つ

セックスで濡れない原因は、精神的なもの、肉体的なもの、病気の3つがあります。セックスで濡れない女性は原因を突きとめて解決策を見つけましょう(次の項目で、セックスで濡れない原因を解決する方法をご紹介します)。セックスで濡れない原因を簡単にまとめたのでチェックしてみてくださいね。

セックスで濡れない原因は大きくわけて3つ

・ストレスを抱えている
・セックスの時は緊張する
・前戯が足りない
・出産経験がある
・更年期である
・動脈硬化がある
・婦人科系の病気がある

脱!セックスで濡れない体!ウルウルの膣にする方法はつ

セックスで濡れない悩みから抜け出すために解決方法を見ていきましょう。セックスで濡れない原因は様々ですが、前向きな思考や行動が解決へつながります。素敵なセックスライフを送るために、ぜひご覧くださいね。

脱!セックスで濡れない体!ウルウルの膣にする方法はつ

セックスで濡れない悩みを解決:心が落ち着く環境を作る

セックスで濡れない原因がストレスや緊張の場合は、リラックスすることができる空間を作ることが先決です。人は目に見えるものに意識が向きがちですがセックスでは精神面が大きく影響します。ストレスや緊張があると濡れにくいので、リラックスすることができる環境作りは重要です。

また、出産後の女性は出産前とホルモンバランスが違い、セックスで濡れにくい体になっています。セックスをする度に濡れないとストレスや緊張を生み出し、負のループにハマる方も少なくありません。セックスで濡れないことの不安や痛みの恐怖に襲われ、ストレスや緊張を与えてしまいます。

落ち着く環境作りの例は、アロマオイルを使う、キャンドルを灯す、ヒーリング系の音楽を流す、少しだけ照明を消すなどがあります。色々試してマッチするものを見つけましょう。

セックスで濡れない悩みを解決:スキンシップに時間をかける

脱!セックスで濡れない体!ウルウルの膣にする方法はつ-2

セックスの時に濡れない原因がストレスや緊張なら、スキンシップをじっくりすることも解決につながります。手をつなぐ、イチャイチャする、ハグやキスをするなど、スキンシップを味わって楽しんでくださいね。

しばらくスキンシップを続けていくうちに心がやすらぎ安心するでしょう。ホッとすることができるとストレスや緊張をほぐすことができるので、自然と興奮して濡れやすくなります。

セックスで濡れない悩みを解決:前戯をたっぷりする

前戯が足りなくてセックスの時に濡れない方は、とにかく前戯に時間をかけることです。前戯は挿入をスムーズにするために必要な行為なので、出産後の女性も含めて十分濡れるまで前戯をしましょう。

セックスで濡れない悩みを解決:水分を多めにとり体を温める

セックスで濡れない方は1日の水分量が少ないのかもしれません。愛液の分泌量は水分量と関係しており水分摂取が少ないと濡れにくいので、1日1.5Lほどを目安に水分補給をしましょう。

もう1つ、セックスをする前に湯舟にじっくり浸かって血行を良くしてくださいね。特に下半身の血流が悪いと興奮しても濡れにくいので、お風呂で体を温めましょう。

セックスで濡れない悩みを解決:潤滑ゼリーで潤いを与える

セックスで濡れない体から抜け出す方法を試しても改善されない場合は、潤滑ゼリーを使います。潤滑ゼリーはローションと違い愛液に近く自然な使い心地です。例えば、更年期を迎えた女性はエストロゲンの減少で濡れないことが多いですが、潤滑ゼリーは膣に潤いを与えることができます。

セックスで濡れない悩みを解決:婦人科を受診する

何をしてもセックスの時に濡れない場合は、婦人科系の病気が隠れているかもしれません。自己判断すると思わぬ事態になるかもしれないので、早めに婦人科を受診しましょう。

最後に

セックスで濡れない体から脱却するためには解決策を実践して、前へ進むしかありません。パートナーと話し合って一緒に乗り越えることも大事です。自分だけの力でどうにもならない場合は婦人科へ相談するのもアリですよ。

関連記事

ひまわりの種には栄養があるの?含まれる栄養素と効能について...

ココナッツウォーターとは?まずい?栄養や美容効果が凄い...

転職するなら慎重に!20代・30代で転職するときのポイント3選...

うざい、ムカつくと思われる小悪魔女子の行動8選...

こめかみニキビの原因と跡にならない対処法とは?...