いまさら聞けない【婚活パーティ】について

20代前半は「こんな人じゃ私に釣り合わない」くらいお高くとまっていても男性は近づいてくれましたが、アラサーになり気づくと周りには男性がいない、合コンでも浮くようになってきたと感じた経験はありませんか?!

合コンでチヤホヤされるのは若いうちだけ、アラサーになったら他のルートで出会いを見つけてみましょう。

今回は婚活パーティとはどんなところかについてまとめます。

  • 婚活パーティって?

    会費を払ってパートナーを求める異性が確実に出会うパーティです。
    数年前まではサクラを投入し詐欺まがいの企業もありましたが、そういった企業は淘汰されつつあり最近は婚活ビジネスに本気で力を入れる企業が増えました。
    最近結婚された女性お笑い芸人さん(米澤夏子さん)も婚活パーティで出会われています。
    互いの目的が同じなので恋人を見つけやすいのです。

  • 婚活パーティに参加するメリット&デメリット


    ■メリット

    ・プロが企画運営するのでまんべんなく男性と話せる
    ・合コンのように自分でセッティングしなくてよい
    ・合コンのように友だちに気遣うことなく好みの男性と話せる
    ・スタッフが自然に異性と接しやすいよう気を回してくれる

    ■デメリット

    ・お金がかかる
    ・お金をかけたにもかかわらずパートナーが見つからないとこがある

    デメリットはありますが、本気でパートナーを探すのが目的の人ばかりなので何かしらの学びがあり収穫ゼロではありません。

  • 婚活パーティの流れ

    1. 電話かインターネットで婚活パーティ出席の予約を入れます。
    2. 当日、受付で先にお金を払い、渡されたプロフィールカードに必要事項を記入します。
      これは異性と話す際に相手に見られるもの、名前や職業や年齢好みのタイプ等を記入します。
      びっしり埋めているにこしたことはありませんが、知られたくないことを無理に記入する必要はありません。
      料金は2,000円程度から、より結婚を意識したものならば高額になります。
      もちろん男性の方が高い料金を払っています。
    3. スタッフの声かけでパーティがはじまります。
      立食形式もあれば男女がグルグル回るジェンカ(フォークダンス)のような形式もありプロフィールカードを交換し相手とお話します。
      まんべんなく話せるよう司会者が進行してくれます。
    4. アプローチタイムでは③で話したなかで気になる方を3人ほど挙げます。
      このときあなたを選んでくれている方がわかるサービスを行っている会社もあります。
    5. 最後はフリータイムです。気になる方と積極的に話をしましょう。
    6. カップリングカードに記入しスタッフに提出した後、カップルになった方のみに発表されます。

    こんな感じの流れで約2時間パーティが行われます。時間内にカップルになれなかった場合、婚活パーティ主催者を介してお相手にもう一度アピールできるサービスを行っている会社もあります。

  • 婚活パーティへ行くときの鉄則


    ただ申し込んで参加するだけでは良い結果を得ることができません。
    皆同じ目的なのですから誰よりも輝く存在でなくてはならないのです。
    ここからは異性に好印象を与える服装や参加の心構えについてまとめます。

    ■参加はひとりで

    恥ずかしいからといって独身の友だちを連れてきてはいけません。パートナーを見つける大事な場所でもしも同じ男性を気に入ったらあなたは譲れますか?!譲れずカップルになった場合、一緒に参加した友だちと気まずくなります。また友だちに気を使い実力を発揮できないとストレスになりますよ。さらにパートナーを探しに来たのに友だちとべったりしている人に魅力を感じる男性はいるでしょうか。参加はひとりで、誰に気遣うことなくパートナーを探しましょう。

    ■清楚・清潔感が大事

    男性が求めるパートナーの条件として清楚さや清潔感は当たり前です。
    だから、仕事終わりの振り乱したような髪型や服装で行くのは損です。
    必ず髪型や化粧を直し服装も普段はラフであってもこの日限りは大人シンプルなスーツやワンピースを着用しましょう。

    ■ブランドもので固めない

    ワンポイントとしてブランド物を持っているのは良いですが、全身ブランドづくしは良い印象を与えません。
    男性は結婚を想定するので贅沢で浪費家と敬遠されます。

 

Pocket
LINEで送る