ポテチのカロリーは?ポテチは健康にどう影響する?

ポテチのカロリーは?ポテチは健康にどう影響する?

みんなが大好きなポテトチップス。カロリーが気にはなりますが、パリっとした食感がおいしくて、食べ始めると止まらないですよね。ダイエットしているのに、無性に食べたくなることもあります。そんなポテチですが、みなさんはポテトチップスがどのように健康に影響するのか、詳しくご存じでしょうか。今回は、ポテチのカロリーや栄養素、ダイエット中にポテチが食べたくなった時の対処法など、ポテチについて詳しくご紹介していきます。

ポテチのカロリー

早速ポテチのカロリーをご紹介していきます。ポテチには様々なメーカーから、様々な味付けの商品が発売されていますが、基本的には100gあたり550kcal前後です。

ポテチのカロリー

550kcalというと、お米でいうと、約1合(茶碗約2杯)。牛乳でいうとなんと1リットルほどです。やはり非常に高カロリーですよね。ダイエット中には向かない食べ物といえるでしょう。

ポテチは健康にどう影響する?

ポテチは健康に良くないというイメージですよね。実際のところ、健康にどのような影響があるのでしょうか。ポテチの健康に悪い点、良い点についてご紹介します。

ポテチの健康への影響①脂質

ポテチは健康にどう影響する?

成人の1日に必要な脂質は、55gほどといわれています。ダイエット中の人はもっと少ないでしょう。

ポテチに含まれる脂質は平均1袋あたり30gなので、半分以上をポテチで摂取することになってしまいます。脂質を摂りすぎると体内にそのまま脂肪として蓄えられ、肥満や高血圧の原因になります。

ポテチの健康への影響②糖質

炭水化物は体内で糖質に変わります。ポテチの原材料はじゃがいもです。じゃがいもは、ほとんどが炭水化物からできていますよね。ポテチ100gあたりの糖質は、約40gです。角砂糖にすると、約10個分にもなります。角砂糖10個を食べなさいと言われたら難しいですよね。でも、ポテチなら食べられるのですから恐ろしいものです。

ポテチの健康への影響③健康被害

ポテチには、発がん性物質である「アクリルアミド」が含まれています。アクリルアミドは、主にいも類に含まれている還元糖を、120度以上の高温で炒めたり揚げたりすることで生成される物質です。アクリルアミドを長期的に大量に摂取すると、がんになることが分かっています。ポテチの原材料は、じゃがいもですね。じゃがいもを高温で揚げているので、原材料や製法にどれだけ気を付けても、アクリルアミドは発生してしまうのです。

ポテチに含まれる健康にいい栄養素

ポテチが身体に悪いという情報は多いですが、実はしっかりと栄養素も含まれています。ポテチには、以下の成分が含まれています。

ポテチに含まれる健康にいい栄養素

 

ポテチの栄養素①ビタミンC

ポテトチップス100gあたり、15mgのビタミンCが含まれています。ビタミンC15mgは、ミニトマト3個分にもなります。抗酸化作用や疲労回復に効果があり、美容と健康に欠かせない栄養素です。

ポテチの栄養素②ビタミンB6

ビタミンB6は、ポテトチップス100gあたり、0.54mg含まれています。成人女性に必要なビタミンB6は、1日あたり1.2gなので、約半分を摂取できることになります。皮膚の再生など免疫維持に欠かせない栄養素です。

ポテチの栄養素③葉酸

葉酸は、ポテトチップス100gあたり、70ug(ナノグラム)含まれています。葉酸はタンパク質の合成や血液の循環に必要な栄養素で、特に妊娠・授乳中には欠かせない栄養素です。ですが食品から摂取するのが難しいと言われている栄養素で、サプリメントの摂取が勧められているくらいです。ポテチから摂取できるとは驚きですね。

ポテチの栄養素④カリウム

カリウムは、ポテトチップス100gあたり、1200mg含まれています。カリウムは、身体に溜まったナトリウムを排出する働きや体内の水分量を調節する働きがあり、むくみの改善にも効果があります。1日に必要なカリウムは、2600mgなので、約半分ほどを摂取できます。

ポテチのカロリーを比較!【湖池屋・カルビー・プリングルズ】

ポテチをどうしても食べたいとき、カロリーが少ないポテチがあるのならうれしいですよね。どの種類のポテチを選べばカロリーが少ないのか、ポテチを販売している大手メーカーである、湖池屋、カルビー、プリングルズの3社の定番商品に絞って調べてみました。

ポテチのカロリーを比較!【湖池屋・カルビー・プリングルズ】

ポテチのカロリー【湖池屋】

・うすしお        60g  340kcal
・リッチコンソメ 60g  337kcal
・のりしお       60g   337kcal

湖池屋の定番商品のなかでは、リッチコンソメとのりしおのカロリーがわずかに低い結果となりました。シンプルな味付けのうすしお味が高カロリーなのは意外でしたね。

ポテチのカロリー【カルビー】

・ポテトチップスクリスプ コンソメパンチ 50g 255kcal
・ポテトチップスクリスプ うすしお味     50g 256kcal
・ポテトチップスのりしお味   60g 335kcal
・ポテトチップスコンソメパンチ 60g 334kcal
・堅あげポテト のりしお味    65g 331kcal
・堅あげポテト ブラックペッパー 65g 331kcal
・堅あげポテト うすしお味    65g 333kcal

カルビーは多くのポテトチップス商品を発売していますが、今回は、袋入りのポテトチップスの代表である商品と、均一な形に整えられた形状が特徴のポテトチップスクリスプ、分厚くカットされておりザクザクという食感が特徴の堅あげポテトの3種類で比較しました。結果は、ポテトチップスクリスプが200kcal代と、他の商品に大きく差をつけ、1番カロリーが低い結果となりました。次に僅差で堅あげポテト、1番高カロリーなのは、最も定番のポテトチップスでした。

ポテチのカロリー【プリングルズ】

・うましお味       53g 285kcal
・サワークリームオニオン 53g 281kcal

濃いめの味付けが特徴で、高カロリーなイメージのプリングルズですが、意外にも200kcal代とポテチの中では低めのカロリーでした。そしてシンプルな味付けの、うましお味よりもサワークリームオニオンのほうがわずかにカロリーが低いようです。

カロリーが低いポテチランキング

では、各メーカーのポテトチップスのカロリーをまとめて比較していきます。

カロリーが低いポテチランキング

1位 カルビーポテトチップスクリスプ コンソメパンチ 255kcal
2位 カルビーポテトチップスクリスプ うすしお    256kcal
3位 プリングルズ      サワークリームオニオン 281kcal
4位 プリングルズ      うましお味       285kcal
5位 カルビー堅あげポテト のりしお/ブラックペッパー 331kcal

袋に入ったポテチよりも、筒に入ったポテチのカロリーのほうが低いということが分かりました。袋に入ったポテチの中では堅あげポテトが5位にランクイン。ですが1位のポテトチップスクリスプ コンソメパンチと比べると80kcal、4位のプリングルズと比べても50kcal程の大きな差があります。

ピザポテトとじゃがりこのカロリー

ここまででポテチのカロリーが分かりました。ダイエット中にポテチを食べるのはやはり気が引けますね。では、ポテチと同じくポテトスナックという分類の中で人気商品である、じゃがりこやピザポテトのカロリーはどうなのでしょうか。

ピザポテトとじゃがりこのカロリー

じゃがりこのカロリー

・じゃがりこサラダ味    60g 299kcal
・じゃがりこチーズ味    58g  291kcal
・じゃがりこじゃがバター味 58g  291kcal

ピザポテトのカロリー

・ピザポテト 68g 348kcal

残念ながら、じゃがりこやピザポテトも、ポテチと同じくらいカロリーが高いようです。ピザポテトに至っては、ポテチの中で1番カロリーが高いので、食べるときは要注意ですね。

最後に

今回は、ポテトチップスのカロリーや栄養素についてご紹介しました。想像通り高カロリーでしたが、意外にもしっかりと栄養素も含まれていましたね。メーカーと種類で大きなカロリーの差があることが分かったので、これからのポテチ選びが変わってきそうです。みなさんも是非、カロリーコントロールの参考にしてみてください。

関連記事

長芋の栄養は?加熱調理して大丈夫?食べ合わせも要チェック...

ナチュラルメイクとは?初心者でも失敗しないナチュラルメイクのやり方...

食事制限なしダイエット?!運動なし食事制限もしないダイエット方法とは...

幸せを引き寄せるマインドナンバー数字別の開運ポイントとアドバイス...

恋愛体質とは何?恋愛体質ではない男のトリセツや恋愛依存との違い...