感じやすい彼女の特徴!生理中の感じやすい説はホント?

感じやすい彼女の特徴!生理中の感じやすい説はホント?

彼女が感じやすい、感じやすい女性がいる…と聞くと、性別に関係なく興味がある人は多いのではないでしょうか?男にとっても彼女が感じやすいのは嬉しい誤算です。”彼女が感じやすい人で良かった!とにかくセックスが楽しい!”と答える男もいます。感度がズバ抜けていい女は、1人でもカップルでも楽しめるイメージがありますよね。感度がいい女は生理中も感じやすいと言われています。今回は『感じやすい女(彼女)の特徴』をリサーチしました。生理中の感じやすい説もチェックしましょう。

感じやすい女は膣内でもイケる!

感じやすい女と聞くと”うらやましい”、“感じやすい女になりたい”と思う人も多いのでは?感じやすい女は性感帯が開発済みなので敏感です。全身が性感帯のような女もいますが膣内(Gスポットやポルチオ)で、絶頂を迎える人も珍しくありません。

感じやすい女は膣内でもイケる!

膣内の快感はクリトリスよりもはるかに気持ち良く、絶頂を迎えた後も快感の波がじんわり続くのが特徴です。膣内の快感は性感帯が未開発の女や発展途上の女は得られません。中には、膣内の快感や絶頂を知らないまま過ごす女もいます。

クリトリスは性経験が乏しくても感じやすい一方で、膣内は開発しないと性感帯として開花しない場所です。膣内で絶頂を迎えられるのは感じやすい女の特権と言えるでしょう。

もう1つ感じやすい女は特権があります。感じやすい女は愛している男とのセックスは格別で、気持ちがない男とのセックス(セフレやワンナイト)とは比べものになりません。愛している男とのセックスは愛情と快感が混ざり合い、精神的にも肉体的にも満たされるので幸福感を得られます。

彼女が感じやすいかどうか見極めよう!特徴は3つ

感じやすい女のイメージは見た目がエロく、セックスアピールしている人だと思っていませんか?感じやすい女は見た目だけで判断できません。早速、感じやすい女の特徴を見ていきましょう。

セックス経験が豊富な彼女は感じやすい

彼女が感じやすいかどうか見極めよう!特徴は3つ

感じやすい女はセックスを何回もこなしているので性感帯が開発されます。ただし、感じやすい女に進化するかは男のウデ次第です。セックスが下手な男と関係を持った場合は、回数をこなしても感じやすい女に変化するのは難しいと言えます。

セルフプレジャーで自分磨きをしている彼女は感じやすい

セルフプレジャーも感じやすい女の特徴です。セルフプレジャーは自分の性感帯を知るきっかけになり、気持ちいい場所を発見できます。特にしょっちゅうセルフプレジャーをしている女は快楽に貪欲です。繰り返し性感帯を刺激すると絶頂を迎えるコツがわかるので、感じやすい女になります。

感じやすい彼女は濡れやすい

よく濡れるのも感じやすい女の特徴です。感じやすい女は軽い愛撫でも濡れますが、性感帯に触れずキスだけで濡れる人もいます。

男は彼女が感じやすいとセックスに燃える

“男は彼女が感じやすいと興奮する!”、”男にとって感じやすい彼女は愛おしくて可愛い!”などの声をよく聞きませんか?男は単細胞なので彼女が感じやすいと喜びます。

男は彼女が感じやすいとセックスに燃える

男は視覚と聴覚を刺激されると興奮度がUPする生き物です。わかりやすい例がセックス中の女のあえぎ声で、彼女が感じやすいかチェックするためのバロメーターと言えるでしょう。男は吐息交じりのあえぎ声や、喉の奥から絞り出すようなあえぎ声がたまりません。

何より男にとって彼女のあえぎ声は自信につながるので、セックステクニックに磨きがかかります。男のセックステクニックが上達すれば、彼女も気持ちいいセックスができるので最高ですよね。

感じやすい女でも生理中は感度に影響する?!感じやすい時期を徹底分析

感じやすい女でも一時的に感度が左右される時期があることをご存知ですか?原因はホルモンバランスと生理が関係しています。では、感じやすい時期と生理の関係性を見ていきましょう。

感じやすい女でも排卵後と生理中の感度は落ちる

感じやすい女でも生理中は感度に影響する?!感じやすい時期を徹底分析

排卵後はホルモンバランスが最も崩れやすく、イラつき、集中力の低下、気分の落ち込み、肌荒れなどのせいで、心と体のコンディションは最悪です。生理中は出血や腹痛のせいで体調はカンペキと言えません。

排卵期と生理中は心身共にデリケートな時期ですが、感じやすい女の性欲は健在です。例えば、乳首は生理周期に関係なく感じやすい性感帯なので、生理中で性器に触れられない時は乳首を愛撫しましょう。排卵期や生理中は乳首をメインに愛撫すれば乳首の開発が進み、感じやすいパーツになるかもしれませんね。

感じやすい女の快感度MAXは排卵期!2番目は生理の直前

感じやすい女でも生理中は感度に影響する?!感じやすい時期を徹底分析-2

感じやすい女にとって排卵期は最高の時期です。排卵期は性欲と感度が頂点に達し、いつも以上に体が反応しやすく感じやすい女になります。性器だけでなく乳首もかなり感じやすいので、乳首だけで絶頂を迎える人もいますよ。

ただし、排卵期は生理が終わった日~排卵日までです。最も感じやすい時期は1週間しかないので、セルフプレジャーやセックスを存分に楽しみましょう。

排卵期の次に感じやすい時期が生理の直前です。生理の直前は排卵期後と同じようにコンディションはあまり良くありませんが、絶頂を迎えても性欲が解消されにくい時期でもあります。数回絶頂を迎えても満足せず、1日に何度もセルフプレジャーやセックスをする女も少なくありません。

最後に

感じやすい女はとにかく敏感なので、セルフプレジャーやセックスが思いっきり楽しめます。感じやすい女ではないからと言って諦める必要はありません。感じやすい女になるためにセックス上手な男から手ほどきしてもらったり、自分で性感帯を開発して感じやすい体になる努力をしましょう。

関連記事

【タロット占い】本当のことを教えて!あの人との相性はいいの?よくないの...

鮭の栄養がすごい!鮭の栄養成分や効果とは?妊婦さんも食べて大丈夫?...

定例会議は無駄?必要性は?定例会議を効率化する方法...

おまじないの由来を解説!あいあい傘・糸結び・親指を握る・合掌(がっしょ...

帝王切開の費用って?出産一時金で足りる?費用の全国平均や双子・逆子の場...