運命の人は一人だけ?婚活で潔いのと最後まで粘るのとどちらがいいのか

婚活で出会う人と言うのは、大抵その日限りの出会いです。
同じ会社の同僚でなければ友人でもない人と婚活パーティーや婚活サイトでまた会うことなんて、まずありません。
(常連がいて、よく出会うという話はありますが)

なので、「いいな」と思った人がいれば自分からアプローチし、次に繋げるために頑張るでしょう。
しかし、相手から同じように好意を持たれていなければ、その努力も泡となることが多いです。

それでも、望みが薄いと思っても、一縷の望みをかけて行動に出れますか?

 

思い切って行動してみる

自分が「いいな」と思った相手ならば、思い切って行動に出ることをオススメします。

ここで別れたら、もう二度と会うことはない相手です。
「いいなぁ」と思っただけで終わってしまうよりも、せめて連絡先だけでも交換しておけば運命は変わるかもしれません。

相手から好意を持たれていないなと思った時点で諦めることも出来ます。
しかし、直接「嫌いです」と言われていない限り、好意を持たれているかどうかは自己判断でしかありません。
連絡先を渡してみたら相手からメッセージがきて、意外にも「気になっていました」というパターンもあります。

ダメだと思わずに一歩、前に踏み出してみること。
そうすることで、次の約束に繋がるかもしれません。

 

一人の男にしがみつかない

ただし、連絡先を渡したからと言って、ずっと相手からの連絡を待つのは時間の浪費です。

連絡はくるかもしれないし、こないかもしれません。
どれくらいの間、相手からの連絡を待つだけの時間を過ごすのか考えてみてください。

気になっている人だから。
連絡先を渡しているから。
もしかしたら、連絡が来るかもしれない…。

そう思って、いつまでも来ない連絡を待つのは不毛です。
相手から連絡が来ない時間は有意義に過ごしましょう。

婚活中に「あの人でなければダメ」という気持ちを持ってしまうと、なかなか次に行くことが出来なくなります。
一人の人に執着せず、広く興味を持つのが大切です。

一人に絞るのは、婚活からお付き合いへと発展するときだけです。

 

諦めずに一歩進み、潔く次に進む

「いいな」と思った人がいたら、相手の反応が悪くても自分の気持ちをアプローチする方が後から引きずることも少ないです。
アプローチしてもダメだったら、次の出会いに期待する。
それくらいのフットワークの軽さで婚活に挑みましょう!

婚活にはたくさんの男性がいます。
「この人でなければダメ」とは考えず、新しい出会いにも期待していきましょう。

 

関連する記事


婚活パーティーと婚活サイトでは違う!婚活で気をつけるべき「自己紹介」のポイント

急増中!!インターネットでの出会いで気をつけるポイント4選

婚活アプリ「Pairs」と婚活パーティーの「PARTY☆PARTY」がコラボした婚活イベントはどんなもの?

婚活パーティーってどんなもの?王道の婚活パーティーの流れを紹介

婚活パーティーに着ていく服装は?場所によってコーディネートを考えよう!

Pocket
LINEで送る