彼氏と喧嘩した!絶対に謝らない彼氏の心理と彼氏に謝らせる方法

彼氏と喧嘩した!絶対に謝らない彼氏の心理と彼氏に謝らせる方法

彼氏と喧嘩をしたとき、いつも自分ばかり謝ったり、知らないうちに仲直りしたりして、結局、彼氏が反省しているのか分からない、彼氏から謝ってきたことがないという方、いませんか?!彼氏と喧嘩したとき、音信不通になって自然消滅するよりは、なんとなく仲直りして関係が良好になればいいやと、深く考えていない方もおられると思います。ですが、いまの彼氏とそのまま結婚したら、何があっても絶対に謝らない彼氏にモヤモヤが治まらなくなり後悔することになりますよ。この機会に上手に彼氏に謝らせる方法を見つけておきましょう。

彼氏と喧嘩したときの原因とは

皆さんはどういったことが原因で喧嘩に発展していますか?!

■思いやりのない言葉

どちらかが相手を傷つけるような言葉を発するとたちまち喧嘩に発展します。自分のことはもちろん、友だちや家族や住んできた環境などを批判されると腹がたちますね。

■デートをドタキャンされた

男性は彼女のことも大切ですが同じくらい男友達との付き合いを大切にします。良いことではありますが男友だちとの飲み会や遊びばかり優先されると不満ですよね。特にドタキャンが続くと喧嘩の原因になります。

■ルール違反

約束を破られたり遅刻が目立ったりすると我慢の限界が来ます。

■努力しないところ

交際が落ち着くとどちらも手を抜き始めますよね。例えば太ったりファッションを気にしなくなったりします。痛いところを突かれると、他人なら笑って誤魔化せますが、パートナーとなると逆ギレしてしまいます。

謝らない彼氏をどうしても許せないなら別れるべき?

「彼女いない」と嘘をついて遊び回っている彼氏や浮気をしている彼氏のことは絶対に許せないし理由を問いただします。
たとえ「君が本命」と言われても、これは喧嘩以前の問題、明らかに自分が悪いことをしているのに、自分は悪くないと開き直って謝らない彼氏なら、潔く別れるべきです。
また、浮気以外でも受け入れがたいことが続いた場合は、彼氏に謝らせる方法を考えるよりも早く縁を切ったほうが良いです。

なぜ謝らない?!自分は悪くないと言い張る絶対に謝らない彼氏の心理とは

自分が怒っているのを知っているくせに、彼氏はどうして謝らないと思いますか?!「自分は悪くない!」と言い張って、絶絶対に謝らない彼氏の心理をみていきましょう。

■謝らない彼氏の心理①悪いことをしている意識がないから

なぜ彼女が怒っているのか、理由すらわからない鈍感な男性は多いです。わからないから謝らない、だから怒りが収まるまで静かに待っているのです。

■謝らない彼氏の心理②プライドが高いから

たとえ自分が悪くても認めたらおしまい、プライドが傷つけられるのが嫌だから謝りません。

■謝らない彼氏の心理③彼女よりもがんばっていて偉いと思うから

彼女が知らないところでたくさん尽くしてあげているし我慢してあげているのになぜ理解してくれないのかわからない、だから謝る必要はないと思っています。

明らかに彼氏が原因で喧嘩になった場合は彼氏が謝るまでを許さないことも大切

落ち着いて喧嘩の原因を考え、自分にも悪い部分があったときは話し合いをして早々に仲直りをするべきですが、明らかに彼氏が悪いのに謝ろうとしない場合はうやむやにしてはいけません。

絶対に謝らない彼氏に謝らせる方法

ここからは明らかに彼氏が悪いときでも絶対に謝らない彼氏に謝らせる方法についてご提案します。

  •  不快感を明確にし謝罪を求める
  •  距離を置く
  •  連絡を待つ
  •  怒っている理由をもう一度伝える
  •  悲しい気持ちを伝える
  •  具体的なルールを作る

お伝えしたように、鈍感な男性が非常に多いので感情的になって怒りをぶつけても解決しません。
不快感を覚えた時点で彼氏になぜ怒っているのかを明確に伝えます。例えば自分に黙って合コンへ行った場合は「気持ちを踏みにじったこと」について謝罪を求めましょう。
彼氏の言い分としてよくあるのは「付き合いで行かざるを得ない」「女が目的じゃない」ですが、これを許すとエスカレートし浮気に発展するのは目に見えています。

どうしても彼氏が謝らない場合は距離を置きましょう。
具体的には連絡を絶つことです。
メッセージがあっても既読にせずしばらく放置、男性はプライドが高い人が多いので無視をするとしばらく音信普通になります。

個人差はあるけれど、1週間くらいして彼氏から連絡があったら再度怒っている理由を確認したうえで「悲しかった」気持ちを伝えましょう。
本命の彼女が悲しい思いをしているのですから「もうしない」といった言葉が出るはずです。
このとき「ごめんね」という言葉が出なくてもそういったニュアンスの表現なら良しとしてあげましょう。

最後に同じことで喧嘩にならないよう、原因となった内容をふまえてふたりのルールを具体的に作ります。
もしも連絡がなく自然消滅した場合はその程度の関係だった、あなたは彼氏にとって本命でなかったと理解し連絡先を消します。
無理に連絡をして仲直りしても平等な立場を保つことはできませんよ。

彼氏が謝らなくても別れたくないなら絶対にしてはいけないこと

男性はプライドが高い生き物です。共通の友だちに相談したり(評価を下げる行為)人前で落とすようなことを言ったり泣いたり暴力をふるったりすると彼女への気持ちが一気に冷める、それは別れを意味します。
彼氏と別れたくないなら、彼氏が悪くてもプライドを傷つけるような行為は避けましょう。
どうしても気持ちが治まらない場合はまったく関係のない人に愚痴を言うと良いし、客観的な立場で意見してもらえるので自分の悪い部分に気付くこともできます。

まとめ

彼氏とこれからも良好な交際をしたいなら、彼氏と喧嘩した原因が絶対に許せないという場合、うやむやにせず彼氏に反省してもらいましょう。
そして謝らせるべきです。ただ、なぜ自分が怒っているのか?その理由を明確にしないと相手に何も伝わりません。
また素直に謝ってもらうためにもプライドを傷つけないよう配慮することが大切です。

関連記事

【押入れをカフェ風にDIY②】100均の木材だけでおしゃれなラックをD...

高校生のときの彼氏と胸キュン!思わず胸キュンしちゃう♡「胸キュンエピソ...

嫉妬したくないのに…嫉妬する瞬間と嫉妬しない彼女になる3つの方法...

【細かな収納を見直し】セリアのアイテムで使い勝手抜群!救急セットの収納...

彼の機嫌が悪い…なぜ?彼氏の機嫌が悪くなる理由5選...

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る