離婚するべきか?離婚しないで踏みとどまるべき?を考える5つのポイント

離婚するべきか?離婚しないで踏みとどまるべき?を考える5つのポイント

今回は結婚している女性が離婚を考えた時、いま離婚するべきか?離婚しないで踏みとどまるべきか?の判断ポイントにして欲しい5つのことをご紹介します。離婚した人もいれば、離婚を踏みとどまった人もいます。それぞれに理由があり、当然よく考えて出した結論なのでしょう。勢いで離婚するのではなく、よく考えてから決めましょう。

離婚するべきか?しないべきか?①離婚した後の生活はどうする?

結婚している皆さん、離婚を考えたことはありますか?独身の女性から見れば、結婚といえば幸せそのものというイメージですよね。しかし、幸せだけが結婚生活ではありません。二人の間の関係は月日が流れていくとさまざまに変わっていきます。もちろんお互いへの気持ちが離れていってしまう、なんてことも。
もし現在あなたが専業主婦で収入は全て夫任せであるのであれば、離婚は大きなリスクとなるでしょう。生活の基本となる経済力をあなたはもっていない状態になるからです。専業主婦でも暮らして来れたのは紛れもなく夫の収入です。
あなたは家事することによって収入を得ていたも同然です。

実家に帰り、両親に生活費を見てもらえるのであれば問題はないかもしれません。
しかしこれから一人で生活をしていこうと考えているのであればまずは収入源を確保しておく必要があるでしょう。

また、以前は働いていたけれど結婚を機に辞めてしまった。
今更働きに出るなんて考えられないという人もいるでしょう。

ここが大きなポイントです。
その苦労を夫はしてきたのです。
そして何か大きな問題があり、離婚を考えることがあったとしてもあなたが我慢していることを相手は社会で収入を得るという部分で我慢しているのかもしれません。

いま我慢していることはこれからあなたが社会で収入を得る際より辛いことでしょうか。
社会で我慢することより今我慢していることの方かましだと少しでも思うのであればすぐに離婚という決断に至ることは危険です。

今後の生活をどのようにするかという部分は離婚を考える際に大きなポイントとなるでしょう。

離婚するべきか?しないべきか?②夫の気持ちが離れたのは自分のせい?自分の魅力は?

夫への気持ちが離れてしまったから離婚を考えているという人もいるでしょう。
この点だけで離婚を考えているのであれば、ぜひ自分の今までの気持ちというものを今一度見直してみましょう。

人の気持ちというのは変わり続けるものです。
よく長年ずっとお互いのことが好きだという夫婦がいます。
そのような夫婦は実は年齢や段階によってそのたびに恋愛し直しているといった方が適しているのかもしれません。

つまり、相手を惚れ直すということです。
相手の成長や今までにない思いやりなどを感じると、またその人のことを好きになります。
そしてそれを感じた相手はそれを返したくなるもの。
そうしてお互いに返し続けているといつの間にかずっと恋愛をし続けている状態になっていた、ということでしょう。

つまり結婚生活を円滑に続けていくためには相手を惚れさせ続けなければならないのです。
そして相手からそれがなければ自分からアクションを起こすほかありません。

惚れられる女というのは相手のためだけではありません。
惚れられるというのは自分の自身にもなるのです。
もう一度相手に惚れてもらう努力をしてみましょう。

離婚するべきか?しないべきか?③離婚原因は自分…。どうしても不倫がやめられない

離婚の原因は相手だけではなく、自分の不倫が原因という場合もあるでしょう。
夫ではない人を好きになってしまった。
そしてその気持ちをどうしても抑えることができなくなってしまった。

そんな時はいまあなたが送っている生活を全て捨てる覚悟があるのかどうかを考えてみましょう。
いまの生活があるのは良い意味でも悪い意味でも夫との時間があったからです。
そしてその生活のどこかに満足できなかったからこその不倫だということをきちんと自分自身で把握できているかということです。

その原因が自分の気持ちだけのものであれば、また同じ過ちを繰り返しかねません。
その不満の解決策は現時点で使えないのかということを見直しましょう。

離婚するべきか?しないべきか?④離婚原因は夫…。夫の不倫が許せない

浮気をする男は何回でも浮気をするとはよく言ったものです。
浮気も男の遊びのうち、と割り切ることができる人もいるでしょう。
しかし絶対に許すことができないという人ももちろんいるでしょう。

結婚後の浮気は不倫ということになります。
また結婚というのは法律上の契約ということですから、不倫はこの契約を破綻させる正当な理由にもなります。

結婚後の不倫が許せないという気持ちは間違ってはいません。
もちろん目をつむり、水に流すこともできます。
しかし契約違反なのは事実です。

この場合は証拠を抑えることが必須となります。
専門家へ相談し、感情的ではなく論理的に解決していきましょう。

離婚するべきか?しないべきか?⑤離婚原因はセックスレス…。セックスレスの解消

夫婦にとって夜の営みというのは一見明らかにされない事柄ですがとても大切なコミュニケーションです。
そしてこれは離婚する大きな理由にもなりえます。

しかしこれはどちらか一方だけが必ず悪いかというとそうではない場合もあります。
魅力を感じさせない女性が悪いと捉えられかねない場合もあるのです。

最近女としての自覚を忘れていませんでしたか。
数字で測れないからこそ、難しい部分ではありますが男性は自然と感じとるもの。

最後に

いかがでしたか?
離婚するべきか、踏みとどまるべきか?

離婚する夫婦には必ず離婚する理由、そして離婚原因があります。
離婚したいと考える原因を解消すれば、その夫婦は長続きするはず。
そしてその解決方法は実は自分が握っていたなんてこともあるでしょう。

夫婦の問題の解決方法を何千通りもあります。
少し時間をかけて、いろいろな方法を試すことも大切なのではないでしょうか?

関連記事

30代の婚活は結婚相談所?結婚相談所で婚活を進めるポイント...

プルーンの効果とは?効果的な食べ方やプルーンエキスの効能も...

【星座×アロマテラピー】牡牛座の心と体におすすめのアロマテラピー ...

くしゃみが臭いのはなぜ?臭い玉って何?原因と対策を徹底解剖!...

引き寄せ力を高める6つの習慣とは?これであなたも望みを引き寄せられる!...