結婚を念頭に置いたとき彼氏へのモヤモヤを正当化しないための方法

「このまま交際を続けたら結婚かな」という彼氏がいるけれど何かが引っかかる、彼氏を前にすると上手く言えないという方、おられませんか?!

「ちょっと我慢すれば済むこと」と流したら結婚後に痛い目に遭いますよ。

モヤモヤは交際中に解消するべき、今回は彼氏への引っかかりを正当化しないための方法についてご紹介します。

不発を放置してない?!

例えば彼氏と1日中連絡が取れないとき、モヤモヤしませんか?!
メッセージを送っても既読にならないし終業時間になって電話をしても反応がありません。

事故やトラブルなどに遭って連絡ができないのかもしれない、もしかしたら浮気をしているのではないか、そんな不安が頭をよぎります。
いくら待っても連絡がなく眠れなかった次の日、彼氏が明るい声で「スマホを自宅に忘れて会社に行った」と電話をしてきたら、当然怒りますよね。

帰宅しスマホを見たら彼女の心配度合いはわかるはず、すぐに連絡をするべきだし、夜遅い時間でもメッセージくらいよこせます。
このように指摘しても「浮気じゃなかったんだからいいじゃない」「毎日連絡とりあう必要ある」と正当化されたら「それもそうかも」と納得し非常識な行為を無かったことにしていませんか?!
これは良くありません。
不発であっても心配をかけたわけですから「スマホを忘れたときは帰宅したらすぐに連絡する」という言葉とお詫びの言葉をもらうべきです。

見ないことにしてない?!

彼氏の非常識な行動を見ないことにしていませんか?!
例えば公共の場で大きな声で電話をしたり騒いだり、「ゴミを持って歩くのは不潔だから」とポイ捨てしているのを見逃したり、はたから見ると非常識な行動で「良くない」とわかっているはずですが身内の行動になると何故か正当化してしまう人がいます。

なぜ見ないことにしているのかというと、指摘してケンカになるのを恐れたりその行動に慣れてしまったりしているからです。
この状態で結婚し子どもが産まれたら子どもにも「パパだけ特別」と教えるのでしょうか?!
非常識な行為にモヤっとしたら口論になっても指摘し改めてもらうべきです。彼氏が落としたゴミは自分が拾い人に聞こえるくらいの声で指摘します。
いつまでたっても改めないような彼氏は価値観があなたとは違う世界の人、早々にお別れするべきです。

妥協してない?!

自分を過小評価し彼氏のルックスやスキルに対する色々なモヤモヤに干渉せず交際していませんか?!
例えば太り気味の彼氏にダイエットをすすめたいけれど、自分もダイエットが苦手だし、逆に指摘されたら困ります。

また結婚するうえで少しでも生活を安定させたいからスキルアップしてほしいとすすめたくても自分自身の頭脳を考えると「資格とって」と言えないということはあります。
しかし「こうすればもっと良くなる」を妥協したまま結婚したら絶対に後悔します。

彼氏にしてほしいことは苦手でも自分も一緒に取り組みそれを当たり前の行動にしておくと、より充実した結婚生活になりますよ。

結婚後はモヤモヤどころでは済まない

モヤモヤしたらまずはこれが他人だったらどうかと置き換えてみます。
許すべき行為でない場合は口論になってでも指摘しましょう。
また、改めてほしいことは自分も一緒に取り組むと彼氏の気分を損ねません。

モヤモヤは早期に発見し解決するべきですが、すでに見なかったことと流したり我慢していたりすることについても不快だという気持ちを素直に伝えましょう。

結婚したらこれまで見えなかった彼氏の悪い部分が新たに出てくるから我慢が倍になる、今見える不快は交際中に改めてもらいましょう。

関連記事

【4コマ漫画】鯨岡くんと。。(5)...

【英語講師はくじけない!】意外な海外赴任先...

【4コマ漫画】鯨岡くんと。。(1)...

あなたが心のモヤモヤが分かる!心理テスト★...

【エッセイ漫画】アラサー主婦くま子のふがいない日常(32)...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ