「癒される女」になるために必要な7つのこと

「癒される女」になるために必要な7つのこと

男性が燃え上がるような恋愛を求めるのは若いときだけ、ある程度の年齢になると一緒に居て癒される女性を求めるようになります。

刺激的な女性がいつまでもおひとり様で癒し系がモテるのはこのため、今回は「癒される女」になるために心がけることについてご提案します。

 

色は「パステルカラー」テイストは「ふんわり」

男性が女性のファッションで癒されるのはふんわりテイストです。
スカートにふんわりとしたブラウスを合わせるなどファッションは柔らかめでパステルカラーが望ましい、化粧やネイルの色も濃すぎないのもポイントです。

ゆっくりと話す

仕事の時はテンポ良く話される方がいいし、弾丸トークの女性と一緒に居ると気持ちが上がり楽しくなりますが、オフのとき特に疲れているときにガンガン話されると「勘弁してくれ」と思います。
多くの男性が一緒に居て癒されるのは落ち着ける女性です。

どうすればいいかというと、落ち着く空間を演出すればいいのです。
ニコニコしながら間を取ってゆっくりと話しましょう。

共感する

癒しを感じる瞬間は同じ気持ちでいてくれるとき「わかる」「そうだよね」など自分の意見に共感してくれたらその人に好意を抱き一緒に居たいと思います。

男性は女性に愚痴を言ったりしませんが、時折「これってどうかと思う」といったダークな一面ものぞかせます。
そんな時も「私も時々思うよ」とちょっと自分のダークな一面も見せましょう。

聞き役に徹する

かけ引きをしているとき自分のことを知ってもらいたいので、ついたくさん話そうとしますが、ここは我慢、彼のペースに合わせて聞き役に徹します。
割合としては男性8対自分2、たとえ話題が途切れ沈黙になってもうろたえずニコニコしながら彼の顔を見て「一緒にいることが楽しい」「言葉がなくてもいい」をアピールしましょう。

気が張るようなことをさせない

運転が上手な人でも女性を隣に乗せていると、いいところを見せたいがために気が張りとても疲れます。
また、かけ引き途中の女性と新しい何かをするときも(失敗したくないから)気を張ります。

癒しを与えたいなら気を張るようなことはさせません。
つまりデートでは相手に車で迎えに来させないし新しいことをせず彼の得意な分野をネタにして遊ぶようにしましょう。

マッサージなど軽いボディタッチはアリ

触れるという行為は親しくならないとできませんが、手のひらを軽くマッサージするくらいならかけ引き段階でもできますよね。
「疲れている」というワードが出たら「ちょっと手を貸して」と言って優しくさすってあげたり指圧してあげたりすると良いです。

女性の手は柔らかく男性にとって気持ちがいいもの、触れるだけで十分、本格的なマッサージをする必要はありません。

料理を振舞う

お出かけをする際にお弁当を作ってあげるなど手料理を振舞うのも良いです。
特別な料理をする必要はありません。
温かい物が食べたいならバーベキューに誘って肉や野菜を焼くだけでも良い、とにかく男性は自分のために何かをしてもらうと癒されます。

【癒される女】になるためのポイント

最後に男性が癒されると感じる女性になるためのポイントをまとめます。

  • 静かな空間を演出する
  • 笑顔を心がける
  • 見返りを求めない
  • スベスベの肌を保つ

ふたりで食事やお茶をするときはガヤガヤした場所を選ばず、静かな空間を選んで入り、ゆっくりと優しめのトーンで話をしましょう。

ポジティブな言動を心がけ「一緒にいるのが楽しい」を笑顔で表現しましょう。

マッサージなどしてあげたことに見返りを求めません。
彼から「してあげるよ」と言われたら少しの時間身を任せる程度にします。

前述したように男性は女性の柔らかい肌に癒されます。
カサカサだったり爪が長かったりして彼の肌を傷つけたら台なし、スキンケアをしてスベスベを保ち、爪もほどほどの長さに抑えましょう。

関連記事

同棲する前に知っておくべき3 つのこと...

これがワースト3!! 長続きしないカップルの特徴...

破局寸前のカップルにあらわれる兆候10個...

どうして?好きでもない女性と親しくする男性の心理...

なかなか別れられないカップルにありがちな特徴5つ...

Pocket
LINEで送る