結婚相手に選ばれない女の特徴・浪費癖を我慢する方法4つ

「結婚したらお財布がひとつになる」女子会でいつも話題に挙がることです。だから今のうちに欲しい物は買っておきたいし自分が稼いだお金を自由に使いたいですよね。
「お給料日が待ちどおしい」その気持ち、とてもわかります。

しかしこういった浪費癖は結婚相手ができたからと言ってすぐに直るものではないし、周りの男性もちゃんと見ています。

今回は浪費女子の特徴を挙げます。
買いたい衝動を抑えるにはどうすればいいか、自分自身に照らして考えてみましょう。

お給料日はショッピングデー

待ちに待ったお給料日、ワクワクしさっそく洋服などを買ってしまいます。
その中でも浪費癖がある女性は「どれだけ使えるか」ではなくどの服が欲しいかを優先し生活費までも初日に使ってしまうことがあります。

ローンがある

前項に続き、利用枠をはるかに超える物を買いカードローンに頼ってしまう人は少なくないです。
はじめは少額だけれど分割払いにしていくうちに金額が膨れ上がり毎月の生活費を圧迫している人もおられるでしょう。

同じブランドで色違いの物を持っている

気に入った服や靴は色違いで持ちたいのが女子ですが、男性には理解しがたいものがあります。

予定が詰まっている

女子会の参加費は数千円では済まないですよね。
それが月に何回ありますか?!
グループを変え月に何度もあるとお金は減っていく一方です。
そのときは楽しいけれどお財布は火の車です。

メンテナンスが必要

エステ・脱毛・まつエク・ネイル、一度やると定期的に通わなくてはなりません。
1回は数千円ですがパックプランにしている方も少なくないですよね。
年間どれくらいの投資になるでしょう。
さらにプチ整形をしている人はもっと変えたいと思い整形を繰り返します。
美容整形は保険適応外、はじめは躊躇するけれど美しくなることを知ると感覚が麻痺しこちらもローンをしてまで手術を受けるようになります。

ほとんどの男性はこういった自分への投資を良く思っていません。

ハイブランドに目がない

ハイブランドは憧れですが、毎月買えるものではありません。
しかし感覚が麻痺すると不要なブランド品を売ってでも新しいものを買い求めてしまいますよね。
仲良しの友だちが新しい物を買うとさらに自分も欲しくなる、その繰り返しで負のスパイラルから抜け出ることができなくなります。

【浪費癖】我慢する方法

■お金が貯まる喜びを知る

まずは自分の口座にどれだけお金があるかを把握するためにコンビニなどで出金せず取引銀行で通帳記入をします。
もちろんお給料日後にきちんとATMへ行き通帳記入をして入金されている喜びを実感しましょう。

■つもり貯金

口座にお金が貯まっていることを知るとできるだけ使いたくないと思うはずです。
1ヶ月に洋服1着」など買ってもいい限度を決め、他は「買ったつもり貯金」をします。
そのとき凄く欲しくても来月には新商品が出ているかもしれないので、少し待ってどうしても欲しければ来月の1着にします。

■クレジットカードやお金を財布に入れない

クレジットカードは実際にお金を出していないので感覚が麻痺しやすいです。
買い物では(公共料金などのクレジット引き落としはポイントが貯まるけれど)できるだけクレジットカードを使わずお財布には最低限のお金しか入れないようにすると(1週間にいくらか決める)慣れてくるとお金を使わない日が出てきてそれが当たり前になります。

■買った物を記入する

生活費以外に月に交際費や雑費にいくら使っているかを把握することは大事です。
手帳などにメモしておきましょう。
例えば今月の使用額が収入を超えている場合は反省し、次の月の利用可能額を自分で減らす努力をしなくてはなりません。
ただ、急に節約生活を始める(毎月の利用可能額の設定が少なすぎる)と心が疲れてしまうので少しずつ節約額を増やしていくと良いです。

 

関連記事

結婚を意識し始めた時の風水(5)寝室のポイント2つ!...

【占星術】あなたはどの宿?ヒンドゥーの星占い...

似たもの同士が惹かれ合う理由5つ...

【恋愛心理テスト】隠れた恋愛能力。あなたが持つ恋の観察力は?...

【タロット占い】あの人があなたに告白できないでいる理由...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ