男性がいつまでも忘れられない女性の特徴3つ

失恋してしまった直後は、誰でも「一生、その恋を忘れることなんて出来ない」と思ってしまうことでしょう。けれど、そんな失恋の傷も時間が解決してくれます。気がつくと失恋の傷も癒え、好きだった人のことを忘れることが出来るかと思います。

ところが、どんなに時が経っても「忘れることが出来ない人」がいる場合もあります。あなたのパートナーにも、「どうしても忘れられない女性」がいるかもしれません。

ただ、それは決して「その人のことを引きずっている」というだけではありません。楽しい思い出として記憶に残り続けることもあるのです。今のあなたは、彼にとって「忘れられない女」になることができるのでしょうか?今回は、男性が忘れられない女の特徴をシェアします。

 

「自分のために」叱ってくれる女性


まず、男性が忘れられない女性の特徴は、「どんなときにも自分の味方になってくれる女性」。男性はどちらかというと、女性のことを追いたいというタイプの人が多いことから、極度に女性からアプローチされてしまうと引いてしまうこともしばしば。

しかし、カップルになると、男性はパートナーに「尽くしてほしい」と思うようになります。彼女が「オレのために」料理を作ってくれた、「オレのために」プレゼントをしてくれた。「オレのために」行動してほしいと思うようになります。

女性も、「好きな人のためなら、なんでもできちゃう」というタイプの人は多いかと思います。ただ、彼のために尽くしすぎてしまうのは、ただの「都合のいい女」。これでは男性の「忘れられない女」になることは難しいでしょう。男性にとっての忘れられない女になるには、時には「彼のために」叱ってあげることも必要です。

これは、あなたの気まぐれで叱ればいいというわけではありません。彼が道を外してしまいそうな時に「それは違うよ」と、道を正してあげること。これは、彼の味方であることと同じことです。

彼の味方でいるのは、彼氏の言うことにすべて賛成すればいいというものではありません。彼が、誤った選択をしそうになった際、NOと言えることも、あなたが彼の味方であるからこその行動です。 彼の考えや意見に対して、 NOと言われると、彼は「彼女はオレの敵だ」と思われてしまうことがあるかもしれません。ですが、彼自身が「あの時に反対してくれたから上手くいった」と気がつけば、あなたは男性の忘れられない女になれるかもしれません。

 

交際期間が長く、「2人の思い出」がたくさんある女性


交際期間が長かったということは、それだけその人との想い出がたくさんあるということ。あなたも、交際期間が長かった男性のことは特に、思い出として心に残っているかもしれません。

交際していたこ頃に訪れた思い出の場所に、破局後は近付いてはいけないというルールは存在しません。そのため、その場所にたまたま足を運んだ時「ここはあの人と行ったな」と思い出す、という方もいるのではないでしょうか。

このように思い出すことが出来るのは、(彼にとって)その女性が忘れられない女だからこそ。その女性のことを完全に忘れていたのならば、交際中に行った場所のことは綺麗さっぱり忘れています。

また、想い出は美化されていくもの。交際期間が長かった女性とは思い出がたくさんあります。(彼女の嫌な部分があったとしても)楽しい思い出ばかり思い出してしまうので、男性の中にいつまでも「忘れられない女性」として残っていることがあります。

 

ほんの少しミステリアスな女性


女性の多くは、自分のことを知ってもらおうと、パートナーに素の自分をさらけ出してしまうかと思います。ですが、男性はミステリアスな部分がある異性に魅力を感じることがあるようです。

「彼女は、1人の時間をどのように過ごしているんだろう?」

「これまで、彼女はどのような恋愛をしてきたのだろう?」

男性は、自分の知らないパートナーの姿を想像することが大好き。だから、(付き合い始めた当初に)自分のことをすべてさらけ出してしまうと、男性は「自分の知らないあなたの姿」を想像することが出来なくなってしまいます。

女性は、おしゃべりが大好き!余計なことまでつい、話してしまうかもしれません。ですが、彼にとって「忘れられない女」になるためには、自分のパーソナルな話題をはじめから話しすぎないように。万が一、彼と離れてしまってからも、「彼女はいったいどんなことをしていたんだろう」と、彼に想像してもらえるように。

 

関連する記事


必死にならなくても愛され続ける女性になる3つの秘訣

【重い女は報われない】彼に依存しない自分になる方法5選

致しません!と言う勇気を持とう*尽くし過ぎない女になる方法

今度こそキャラ変!理想の自分になる!!

【タロット占い】出会いを引き寄せるにはどうすればいい?

Pocket
LINEで送る