復縁したいの?忘れた頃に連絡してくる元彼からのうざいメール対処法

復縁したいの?忘れた頃に連絡してくる元彼からのうざいメール対処法

別れて数か月がたって、もう忘れていた頃に元彼から連絡がきた経験はありますか?!終わった間なのに「今さら何?!」と思いつつも「もしかして復縁したいの?!」と、ウザいと思いながらもちょっとソワソワしてしまうのが女心です。しかし、ここで舞い上がってしまったり、継続的にやりとりをするようになってしまうといいように使われてしまいます。

今回は忘れた頃に連絡してくる元彼からのうざいメール対処法点について考えていきます。

忘れた頃に連絡してくる元彼の男性心理

終わった関係なのにわざわざメッセージを送ってくる元彼の神経、腹が立ちますよね。
今さらどうして心を揺さぶるようなことをするのでしょう、まずは忘れた頃に連絡してくる元彼の男心を少し覗いてみます。

■美しい思い出として記憶に残している

多くの女性は失恋したとき大きなダメージを受け落ち込みますが、ある程度泣いたら吹っ切ることができます。時々思い出すことはあっても終わった相手に期待するようなことはしません。

しかし多くの男性は元カノとの思い出を美化しがち、別れて辛い思いをしたこちらの気持ちなど関係なく良かったころのふたりを思い出し連絡をとりたがります。
終わっていてもいい関係でいたいという都合の良い考え方ですよね。

■あわよくば関係を持ちたい・ヨリを戻したい

特に男性側から別れを告げた場合、よく連絡してきます。こちらがまだ自分のことを想っていて立場が上だと勘違いしているのでしょう。
また新しい彼女との恋愛が落ち着きあなたと比べたとき、魅力を見直し連絡をよこしてきます。
上手くやりとりをして肉体関係を持ちたい、ヨリを戻したいと考えている可能性があります。

自分から離れていった男性は要注意、ヨリを戻したら都合良く利用され、あなたより素敵な女性があらわれたら切り捨てられますよ。

元彼からのうざいメール対処法

元彼からメールなどが来た場合、本当は未読で放置することが望ましいです。
見てしまうとせっかく整理した気持ちが揺らぐからです。
しかし届いたメールは見たくなるのが人間、元彼から来たメールに返信する場合の注意点と対処法を挙げます。

■元彼からのメールに返信するときは短文で

別れたはずの人から連絡がきて自分のことがまだ忘れられないなどのメッセージをもらった場合、腹が立つ一方で少し嬉しい気持ちになりますよね。
しかし、ここで甘い顔を見せては彼の思うつぼ、返信したい場合は短文にしましょう。
例えば「連絡不要」「困ります」など無機質な言葉にします。

■理由をつけて会おうとする場合は無視する

上級者の場合、甘い言葉ではなく「返してほしい」系の連絡をしてきます。
例えばあなたの部屋に置きっぱなしにしている物などです。
事務的な連絡を通してやりとりを増やし自然にヨリを戻す、決して自分から仕掛けたわけではないように仕向けたいのです。
この場合も本当は無視したほうが良いです。
それは大切な物は別れると決めた時点で引き上げているはずだからです。
返してほしい物はただ連絡を取り合うための材料に過ぎないのです。
終わってしばらく経った相手の物をわざわざ返す義務はないので無視するべきです。
どうしても返信したいなら「知らないよ」と答えその後は無視しましょう。
その物が確実に部屋にあるかなんて彼が確認することはできないし同意なしに部屋に入ったら犯罪になるので強気でOKです。

■メールのやりとりは冷静に

一度返信したら繰り返しメッセージを送り会いたがります。
「好きなことに改めて気づいた」「やっぱりお前がいちばん」などお決まりの殺し文句を並べてきますが、女性が言われて嬉しくなる言葉であることを理解し言っているので流されて返信してはいけません。

会いたいと感じたら別れた理由を思い出す!

会いたいという衝動に駆られたときは突っ走らずに深呼吸、自分たちが別れた理由を思い出しましょう。
浮気?!金銭問題?!性格の不一致?!お互いに受け入れがたい何かがあって別れた、つまりヨリを戻しても同じ理由でまた別れる可能性が高いです。
特に浮気や金銭問題で別れた場合はメッセージがあって既読しても無視しましょう。

好きだった人からメッセージをもらったら嬉しいと思うのが女心ですが、冷静になって、一度別れた相手との連絡は最低限にとどめましょう。

関連記事

【タロット占い】もう戻れない?ふたりの関係が復活する可能性は?...

婚活中、メールが来なくなった!?その理由は…?...

元彼が何度も夢に出てくる…。元彼が夢に出てくるのは復縁する前兆?...

気になる男性とLINEで仲良くなる方法3つ...

【タロット占い】別れたあの人とやり直せる可能性は何%?...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る