【アラサーカップル】倦怠期を乗り越えるたったひとつの方法

倦怠期、数か月お付き合いをしていると必ずと言っていいほど訪れることです。
ラブラブでいたいけれど現実そうはいかないですよね。

しかし、若いころの倦怠期と違ってアラサーの倦怠期はすべて自分たちだけが原因ではないと感じたことはありませんか?!
今回のテーマはアラサー以降の倦怠期、ふたりを取り巻く環境も含め上手く乗り越える方法について考えます。

なぜ脱却できない?!

アラサーカップルの倦怠期が一筋縄ではいかない理由をあなた自身にてらして考えてみましょう。

■目が肥えているのでは?!

若い頃は美味しいものを食べたり絶景を見に行ったり、色々なことに感動していました。
しかしアラサーになるとある程度の美味しいものは知っているし旅行やドライブである程度の絶景も経験しているので、よほどのことがないと感動しなくなってきましたね。
自分が企画したときあまり喜ばれなかった、彼に行ったことあるような顔をされるとやる気が失せてしまいますね。
もちろん彼も同じ気持ちです。

■仕事で責任を求められる年代

アラサーになると上にも下にも挟まれこれまで「可愛いね」で終わったことが通用しなくなります。
特に後輩の教育が行き届いていないと責任を問われるポジション、それはあなただけでなく彼も同じなのでお互いに仕事によるストレスが増えてきます。
そうなると一緒に過ごすより休みは眠っていたい、自分のことに時間を費やし仕事に向けて溜まったストレスを解消しておきたいという考えになってしまいますよね。

■親にも中途半端に大人扱いされる年代

これはアラサーあるある、いつもは子ども扱いするくせにお金が必要なことなど都合の悪いときだけ「アラサーなんだから」と大人に昇格させられませんか?!
また、アラフォーでも独身が溢れているこのご時世、こちらは特別焦っていないのにそのワードを出してきて結婚して落ち着くようせっついてきますね。
親が心配する気持ちはわかるけれど大きなお世話、家で休んでいるとお小言が入りお互いにストレスを抱えます。

そう、アラサー以降は様々な方面からストレスを受けるのです。
体力も衰えはじめ心身の疲れが取れないし上手くいかない苛立ちが相まってパートナーと過ごすのが少々面倒に感じることがあります。
「どうして無口なのかな?!」「機嫌悪いのかな?!」彼のそっけない態度はストレスによる疲れかもしれない、もちろんあなたも彼にそういった態度をとっているのかもしれません。

 

関連する記事


【倦怠期は結婚への通過点】倦怠期の乗り越え方まとめ
長続きするカップルとすぐに別れてしまうカップルの違い
ベテラン夫婦を参考に!長続きするカップルのコツ5つ
ずっと一緒にいたい!本当に幸せな結婚をする4つの秘訣
いつまでもラブラブなカップルが絶対にしない5つのこと

Pocket
LINEで送る