どうでもいい男性からのアプローチを上手に受け流す!大人女子のテクニック4選

スポンサードリンク

恋をすると女性は素敵になるもの。あなたに好きな人が出来て一生懸命自分磨きに勤しむ・・・そんなあなたに別の男性が魅了される、なんてこともありますよね。しかしながら、正直本命以外の男性から言い寄られてもちょっと迷惑・・・というのが大半の女性の本音ではないでしょうか。

しかし無碍にNO!と断ってしまえばその後の関係は悪化し、人間関係に亀裂が入ってしまいますよね。特に職場の同僚や趣味のサークルのメンバーなど、今後も関わりを持たなければならない男性相手ではどうやってお断りをすればいいのかわからない・・・という方も多いはず。

今回は「正直どうでもいい」と思っている男性からのアプローチを上手に受け流し、波風を立てずにお断りするテクニックをご紹介します。

  1. 無言で困った顔をする

    どうでもいい男性からアプローチされた時、まずできる対処法がこちらです。ちょっと笑顔で困った顔をし「うーん・・・」と悩む様子を見せることで相手には「何か受け入れられない理由があるのだな」と分かってもらうことができます。すぐに「ごめんなさい!」と言われるよりも相手に与えるダメージは少ないですし、曖昧に受け流すことができるのがこの対処法のメリットです。

    ポイントは「ちょっとだけ笑顔」「目を合わさない」「困った表情」の3つです。この3つを見せることで波風を立てずにお茶を濁すことができます。しかしこれはその場しのぎの対処法。いきなりのアプローチの際にとっさに取れる手段に過ぎないということをお忘れにならないでくださいね。

  2. 仕事が忙しくて恋愛どころではないことを伝える

    次におすすめなのが「今は恋愛よりも優先したいものがある」という旨を伝えるということです。学生さんであれば勉強や就職活動、社会人であれば仕事や資格の勉強などを理由にアプローチをお断りするのがいいでしょう。あなたのことを好きであれば、あなたに幸せになって欲しいと考えるはず。ですから、今のあなたのやりたいことを阻害してまで「お付き合いしたい!」と言ってくる男性はそうそういらっしゃらないはずです。

    例えば「気持ちは嬉しいけれど、今はまだ仕事にも不慣れで余裕がないの」や「資格を取得したいから休日は全部勉強に充てているので、デートなどに費やす時間がない」など具体的になぜお相手と交際する時間が取れないかを伝えるのがポイントです。そうすれば相手に決して自分自身に落ち度があるわけではないということがわかってもらえますし、その後の関係も良好に過ごせますよ。

    ごく稀にそれでも食い下がってくるような男性がいらっしゃいますが、その際は丁重に、しかしハッキリとお断りしましょう。あなたにやりたいことがある、ということを知っていてなおかつしつこいような男性は、お付き合いをしたとしても自分優先なタイプである場合が多いです。2度3度とアプローチしてくるなら「この前も申し上げたはずですが」とキッチリお断りするのが大人な女性の流儀です。

  3. 「元彼が忘れられない」を武器にする

    多くの男性が言われて嫌なのは「元彼を持ち出されること」です。男性は好きな女性は自分だけを見ていて欲しいもの、それは女性も同じですよね。ですから、どうでもいい男性からのアプローチには「まだ元彼が忘れられなくて・・・」というワードを切り札にお断りするのもひとつの手です。

    例えあなたが元彼のことをきれいサッパリ忘れていようと、そんなことは相手にわかりようがありません。「それでもいいよ!」や「そんなやつ、俺が忘れさせてやるよ!」と食い下がってくる方の場合にも「元彼が忘れられない」で貫き通しましょう。

    元彼が忘れられなくて次の恋愛へ進めない方が多くいらっしゃるのも事実です。思い出は美化されるものですし、元彼との思い出や別れた時のショックで次の恋愛に進むのが怖いという女性も多いことでしょう。だからこそ、「元彼が忘れられないから、今は誰かとお付き合いをすることを考えられない」と伝えることでどうでもいい男性からのアプローチをさらりとかわしましょう。変な噂を立てられることなく、やり過ごすことができますよ。

  4. 「あなたにはもっといい人がいる」

    最後に最も大人の女性らしい受け流し方をご紹介します。それは「あなたにはもっと素敵な人がいるよ」と伝え、自分が引き下がったように見せかけることです。そうすることで相手は「自分は魅力的ではない」と思わずに済みますし、相手も大人な男性であれば暗にお断りされたということは十分伝わるでしょう。

    「あなたには私よりもっとふさわしい人がいるはず」や「もっと素敵な出会いがあるはず」などと言って自分を卑下することで、相手の自尊心を傷つけることなくお断りするというスマートな対処法を取ることができます。

    フッた、フラれたではなく曖昧にして自ら引き下がったように見せる・・・これができればたいていのどうでもいい男性からのアプローチはサラリと受け流せるはずですよ。

本命以外に労力を注ぐのはやめましょう

いかがでしたか?どうでもいい男性からのアプローチを受け流す方法、参考にしていただければ嬉しいです。若いうちであれば内心「どうでもいいなぁ」と思っている男性とでもお試しで付き合ってみる、ということもできるかも知れませんがアラサーの大人な女性になってくるとお付き合いをする男性もしっかり見極める目を持たなければなりません。

特に本命の男性がいらっしゃる場合には、本命の男性に変な誤解をされないよう上手く立ち回る必要があります。ですから、本命以外の男性に無駄な労力や時間を使うのはあまりにももったいないですよね。

ポイントは「相手を傷つけない」「自分に落ち度がある(ように見せる)」の2点です。どうでもいい男性からのアプローチはさらりとその場で受け流し、本命の男性にのみアプローチする・・・それが賢い大人の女性の恋愛術ですよ。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

ヨルダ

関西出身のアラサー主婦。元ホステスの経験を活かして恋愛ノウハウから人間関係まで幅広く役立つ情報をお届けします。特技は料理とお酒をたくさん吞めること。現在は一児の母として日々邁進中。