【握手で見抜く心理術】手の平で相手を知る方法*手は口ほどにものを言う?

もし握手する機会があれば、進んで相手としてみて下さい。

まだ相手のことが良く分からなくても、手の平で相手の事が分かる場合があります。

  1. 手の平の温度


    手が温かい人は人付き合いが好きで社交的だと言われています。これはセイモア・フィッシャーという心理学者が発表している内容です。反対に手の温度が低い人は社交的でなく、人付き合いが苦手とされています。
    もしビジネスの場で初対面の時に握手をしたなら、その温度を感じてみましょう。じんわりとした温かさが伝わってきたら、その人は誘いに対して好意的な返事をしてくれるでしょう。逆にひんやりとした手であれば、時間をかけて関係を築いていくような人なのだと理解しましょう。急に誘うとびっくりしてしまうかもしれません。
    この方法は女性が特に顕著に現れます。男性は元々体温が高い人も多いため、女性との握手で活躍する方法です。

  2. 手の平の湿度

    同じように湿度でも相手を知ることができます。手の平がサラサラに乾燥している人であれば、社交的な性格なのでどんどん話しかけても良いとされます。こちらからも社交的な態度で接すると良いでしょう。
    反対に手の平が湿っていて多汗な人は、内気で人付き合いが苦手なタイプです。特に男性は消極的であるとされます。
    これはスウェーデンの精神科学の研究者ジャン・アストロムの研究によるものです。特に男性にこのような様子が見られると言われます。

  3. 握手の時の力加減


    握手をした時にぐっと力を込めて握り返してくる人ほど、積極的な性格であると言われています。しっかり握手をするということは、それだけ相手としっかり触れ合うということです。他者とのコミュニケーションに対して抵抗がなく、オープンな性格と捉えられるのです。
    反対に弱々しく握る人は無感動で無関心な人であると言われます。心が動きにくいタイプのようです。
    欧米では良く握手をする習慣がありますが、しっかり握り返すのが適切だとされています。弱々しい握り方は「死んだ魚のような握手」だと言われ、しないようにするといういわれがあります。

    Pocket
    LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

大柴あまね

タロットアドバイザー。12歳からタロットを始める。鑑定では心理学とタロットを組み合わせてアドバイスを行う。占いの他多彩な経験を活かし歯科医療やアクアリウム、風俗業の記事も執筆中。趣味はアメリカンヴィンテージと毛のないペット。