一人暮らしの野菜不足を解消する方法や余った野菜の保存方法

一人暮らしの野菜不足を解消する方法や余った野菜の保存方法

目次

一人暮らしをしていると、野菜が足りないのでは…と、栄養面で不安になることは多いと思います。つい外食で済ませたり、コンビニで手軽にお弁当を買ったりと野菜不足を感じる女性も少なくないでしょう。また、一人暮らしだと野菜を買っても使いきれずに腐らせてしまったり、保存に困ることも多いですよね。そこで今回は、一人暮らしの野菜不足を解消する方法の他にも、一人暮らしが取るべき野菜や保存方法、簡単にできるおすすめの野菜料理など、一人暮らしに役立つ野菜や栄養についてご紹介します。

一人暮らしは野菜が不足しがち

一人暮らしの人は、栄養バランスを考えた食事を取ることが難しく野菜が不足しがちです。野菜が不足すると、免疫力が落ちたり、肌の調子が悪くなったり便秘になったりと、メリットはありません。一人暮らしが野菜不足になる原因としては幾つかあります。

一人暮らしは野菜が不足しがち

一人暮らしが野菜不足になる原因

・一人分の食事を毎日作るのが面倒
・仕事が忙しく疲れているため、コンビニなどで済ませがち
・帰宅時間が遅い
・付き合いで外食が多い
・野菜を余らすので、そもそも作らない

自分の為に一人分の食事を毎日作るのは正直面倒くさい…と思っている一人暮らしの方はきっと多いはず。一人だと、手軽に済ますことができるコンビニやスーパーなどのお弁当などで十分だと思ってしまいますよね。しかし、この生活を続けていくと野菜不足は目に見えていますし、野菜不足は体力面だけでなく肌にも悪影響を及ぼします。

一人暮らしの野菜不足を解消する方法

一人暮らしでも野菜を食べなければ、栄養バランスの整った食事を摂らなければ…と、頭ではわかっていても、実際なかなか野菜を買って自炊するのは難しいですよね。そんな人のために、一人暮らしでも簡単&時短で野菜を取るコツ、一人暮らしの野菜不足を解消する方法をご紹介します。

一人暮らしの野菜不足を解消する方法①カット野菜を利用する

一人暮らしの野菜不足を解消する方法

今はカット野菜も充実していて便利ですよね!始めからカットしてくれているだけで時短になり、料理の手間が省けます。しかも、使い切りサイズなので野菜を余らす心配は無用。これだと一人暮らしでも上手に野菜を使うことができます。

一人暮らしの野菜不足を解消する方法②冷凍野菜を利用する

カット野菜に続き、冷凍野菜も今では充実しています。スーパーであれば休日にまとめて野菜をストックしておけるだけの種類が揃っていますし、最近はコンビニでも冷凍野菜は置いているので仕事帰りにスーパーにわざわざ寄らなくても手軽に買うことができますよ。

一人暮らしの野菜不足を解消する方法③鍋で手軽に野菜を取る

一人暮らしの野菜不足を解消する方法-2

一人暮らしの場合、毎日栄養を考えた料理を作るのは大変。そんな時に便利なのが一人鍋です。鍋は野菜をたくさん入れることができるので普段の野菜不足解消に最適で、尚且つヘルシー。1週間に1度は鍋にする、週末は鍋にするなど野菜不足を解消する日を作るというのはいかがでしょう。

一人暮らしの野菜不足を解消する方法④野菜ジュースで足りない栄養を補給する

一人暮らしの野菜不足を解消する方法-3

足りない栄養を補給する意味では野菜ジュースを飲むこともアリ。しかし、気をつけたいのは野菜ジュースで全ての栄養を摂れるというわけではなく、あくまで足りない栄養を補給するという意味なので野菜ジュースを飲んだからといって安心はできません。野菜ジュースをよく見ると、「栄養補助食品」と明記してあります。つまり、サプリメントと同じような位置付けと考えた方が良さそうですね。
また、野菜ジュースは水溶性であるビタミンなどが加熱処理殺菌をする際に壊れてしまったり、飲みやすくするために不溶性食物繊維が取り除かれたりするので、栄養不足を解消するには少し物足りない部分も。やはり、栄養は食事から取ることを前提に、野菜ジュースは飲むようにしましょう。

一人暮らしの野菜は余る…どう保存する?

毎日自炊をしているという一人暮らしの方はそう多くないでしょう。自炊しても作り過ぎてしまうため、自炊をなるべく避けてしまうという方もいるかもしれません。一人暮らしで野菜を買っても、余ることが多いですよね。
そんな一人暮らしの方におすすめな野菜の保存方法がずばり、冷凍保存です。冷凍保存するメリットはまず日持ちがするということ。気になる栄養面でも冷凍保存は野菜の栄養がそのまま残っているので安心です。
ちなみに、全ての野菜が冷凍保存できるわけではありません。例えば、じゃがいもなどの芋類は冷凍することにより食感が落ちたりします。

冷凍保存ができる野菜

一人暮らしの野菜は余る…どう保存する?

冷凍保存できる野菜の種類は次のとおりです。

・ほうれん草や小松菜などの緑野菜
・キャベツやレタスなどの葉野菜
・エノキやしめじなどのキノコ類

野菜を冷凍保存する方法

野菜の冷凍保存は大きく分けて2つあります。1つは生のまま冷凍保存する方法、もう1つは下茹でしてから冷凍保存する方法です。ブロッコリーなどの固い野菜の場合は下茹でしてから冷凍する方法がおすすめです。下茹でして冷凍保存する場合は、少し硬めに茹でておくのがポイントです。

一人暮らしが取るべき野菜とは?

野菜は、キャベツやレタスの淡色野菜とほうれん草や人参などの緑黄色野菜に分けられます。どれも満遍なく食べるのが当然好ましいですが、一人暮らしで食べる量を考えると何種類も買うことは出来ないですよね。
余った野菜を冷凍保存する場合でも、冷凍庫に入れられる量には限りがあり、全て使い切るのは大変です。
そこで、野菜不足が気になる一人暮らしの方が取るべきおすすめ野菜をご紹介します。

一人暮らしの人が取るべき野菜①色が濃い野菜

一人暮らしが取るべき野菜とは?

野菜不足が気になる一人暮らし方は、とりあえず緑黄色野菜を選ぶと間違いありません。緑黄色野菜とはほうれん草や小松菜、人参やブロッコリーなどの色が濃い野菜で、淡色野菜に比べてβカロチンが豊富。βカロチンは老化や生活習慣病の原因になる活性酸素から体を守る栄養成分なので一人暮らしでなくても取るべき野菜です。

一人暮らしの人が取るべき野菜②キノコ類

一人暮らしが取るべき野菜とは?-2

一人暮らしの人は、緑黄色野菜だけでなくキノコ類も積極的に取りましょう。キノコは食物繊維が豊富で現代人に不足しがちなミネラルも豊富。野菜には入っていない栄養がキノコ類には入っているだけでなく、料理の嵩増しにもなるのでおすすめです。

一人暮らしの人が取るべき野菜③使い勝手の良い野菜

一人暮らしが取るべき野菜とは?-3

一人暮らしの場合、使い勝手の良い野菜を買っておくと重宝します。
例えば、玉ねぎはどんな料理に使えますし、焼いたり炒めたり生でも食べれることからアレンジが効きます。1年を通して変えて、値段が安いのも一人暮らしには有難く、栄養面や日持ちの面から見てもおすすめの野菜です。
他にも、キャベツは半玉の量でも一人暮らしにはボリュームたっぷり。冷凍保存もできる万能野菜です。こちらも玉ねぎ同様に炒めたり蒸したりサラダにしたりとアレンジ自在なので、一人暮らしにとっては使い勝手の良い野菜と言えるでしょう。

一人暮らしにおすすめの簡単な野菜料理3選

では最後に、野菜不足になりがちな一人暮らしにおすすめの簡単ですぐに作れる野菜料理をご紹介したいと思います。

一人暮らしにおすすめの野菜料理①栄養たっぷり♪野菜鍋

一人暮らしにおすすめの簡単な野菜料理3選

一人暮らしの野菜不足解消におすすめな野菜鍋です。メインが野菜なのでヘルシーなのも嬉しいですね。

《材料》
白菜 1/8株(約200g)
きのこ(しいたけ・えのき・しめじなど) 適量
長ネギ 1/4本
人参 1/4本
豚バラ肉 50g
鍋スープの素(お好みの味で)

①白菜、人参、長ネギ、豚肉は食べやすい大きさに切る
②スープの素を入れ、材料を入れて煮込む

鍋に入れる野菜はその季節の旬のものを取り入れると栄養アップでよりおすすめ。入れる野菜は決まっていないので好きな野菜や色の濃い野菜を積極的に入れましょう。スープの味もその時の気分に合わせて中華味だったり、コンソメだったりトマト味だっだりと変えることで飽きずに味の変化を楽しめます。

一人暮らしにおすすめの野菜料理②カット野菜で作る野菜炒め

一人暮らしにおすすめの簡単な野菜料理3選-2

カット野菜と豚肉だけで作れる一人暮らし向きの簡単な時短料理。野菜を洗ったりカットする時間を省けるだけで洗い物も少なく済みます。

《材料》
豚コマ切れ肉 50g
袋入りカット野菜(キャベツ) 1/2袋
もやし(あれば)
※野菜炒め専用(キャベツ・人参・もやしなど)のカット野菜が売っていれば、そちらがおすすめ!
☆中華味の素 小さじ1
☆塩こしょう 少々

①豚コマ切れ肉は食べやすい大きさに切る
②鍋にゴマ油を熱し、①の豚コマ切れ肉を入れ、肉の色が変わったらカット野菜を入れる
③野菜がしんなりしたら中華味の素を入れ、軽く塩こしょうをして味を整えたら完成

炒めるだけですぐに作れ、十分な主菜になる時短料理です。カット野菜を使うことで手間も省けるので、忙しい一人暮らしには最適です。

一人暮らしにおすすめの野菜料理③野菜スープで汁ごと栄養補給

一人暮らしにおすすめの簡単な野菜料理3選-3

なかには野菜があまり好きでないという人もいるかもしれません。そんな人におすすめなのが、野菜スープです。野菜スープは一度にたくさんの野菜が取れるという点と、汁まで飲めるため余すこと無く野菜の栄養を取ることができるという点がおすすめ。

《材料》
白菜・キャベツ・玉ねぎ・人参などの好きな野菜
きのこ(エノキ・舞茸・エリンギなど)
スープの素

①食べやすい大きさにカットした野菜を鍋に入れ、野菜がかぶるくらいの水を加える
②好むのスープの素を入れ、鍋に蓋をして野菜がしんなりするまで煮込む
③軽く塩こしょうをして味を整える

日によってスープをコンソメにしたり中華にしたりできるのも変化を楽しめますし、しっかり食べたい時は鶏ひき肉を入れるのもおすすめ。アレンジが効く野菜スープは汁まで飲むことで溶け出てしまったビタミンもしっかり補えます。

最後に

いかがでしたか?今回は一人暮らしの野菜不足を解消する方法や余った野菜の保存方法、一人暮らしの人が積極的に取るべき野菜やおすすめの料理についてご紹介しました。一人暮らしに役立つ野菜の取り方について、参考にしていただけると嬉しいです!

関連記事

ココナッツウォーターとは?まずい?栄養や美容効果が凄い...

うざい、ムカつくと思われる小悪魔女子の行動8選...

こめかみニキビの原因と跡にならない対処法とは?...

夢をよく見るのはなぜ?「夢占い」「夢分析」よく見る夢の意味とは...

どうして結婚できないの?結婚したいのに結婚できない理由4つ...