人の気持ちがわからない!他人の気持ちを理解する方法5つ

人の気持ちがわからない!他人の気持ちを理解する方法5つ

いろんな人と触れ合っていく中で、他人の気持ちができず悩んだことはありませんか。
人の気持ちを理解することができればすぐ解決できるはずなのにその肝心な気持ちが理解することはなかなかできません。

今回は人の気持ちを理解できるようになるための方法を5つご紹介します。

1. 人の気持ちを理解するには、積極的に人と話す

物事を理解するのは何事も回数が大切です。
数をこなせばだいたいの流れを知る事ができます。
人の気持ちを理解することが苦手なのであれば、苦手だからこそ積極的に人と関わってみましょう。

いつも相手から話しかけられるのを待ってばかりいませんか。
これでは話しかける側の気持ちを理解することはできません。
自分がその人の立場になってその気持ちが理解できるということはたくさんあります。

いつも話しかけてもらうのを待っている側しか経験したことがなければ話しかける側の気持ちが理解できないのも当然です。
自分が話しかけたことがないということは話しかけたときどのような気持ちになるのかということを経験したことがないからです。

話しかけるのもさまざまな気持ちがあります。
相手が嫌な気持ちになっていないか。
どんな話題が相手にとって楽しめる話題なのか。

話しかけるという今までの自分がとらなかった行動からさまざまなことを考えるようになります。
そして考えた上で経験したその気持ちというのは自分の中に刻まれます。
なかなか忘れることができないのです。

苦手だからこそやってみる。
そこから学ぶことはたくさんあるでしょう。

2. 人の気持ちを理解するには、人の話を詳しく聞く

人と話している時に、自分に関係ないことだとただ聞いて終わらせていませんか。
これはとてももったいないことです。
相手が話していることから知ることはたくさんあるからです。

まずその話から相手はどのような感情を持っているかということを考えてみましょう。
何が楽しかったのか、何に腹を立てているのかという部分です。
どのようなことが起こればその感情になるのかということを理解することができます。

つぎに、その話をいま自分にすることによって相手は何をしているのかということです。
楽しい話題を共有し、あなたともそれを共有したいのか。
はたまたその話題を出しあなたを遠回しに攻撃しているのか。

話の内容だけではなく、いま話しているという行動からも相手の気持ちを読み取るのです。
ただ話を聞くということで二つの部分に関しては人の気持ちについて考えることのできるチャンスなのです。

ぜひこの部分に注目して人の話をしっかりと聞いてみましょう。

3. 人の気持ちを理解するには、自分の気持ちを書き出す

人の気持ちがわかるようになるにはまず自分の中にその感情がなければ理解することはできません。
そしてその気持ちがどのような時にどのように湧き上がるかという部分を整理しておく必要があります。
では自分の気持ちをしっかりと整理してみましょう。

その際便利なのが書き出すという作業です。

3. 人の気持ちを理解するには、自分の気持ちを書き出す
人は頭の中で考えていてもその考えを大量に留めておくことには限りがあります。
そのため書き出すことによって大量の情報と向き合うことができます。

自分が印象に残っている感情を書き出してみましょう。
またその時に起きた事象、とった行動と照らし合わせてみると感情と行動の動きがわかるかもしれません。

4. 人の気持ちを理解するには、泣ける映画を見る

人の感情の中で大きく変化が見られるひとつとして泣くという行動があります。
これは簡単にできるものではありません。
大きく感情が動いた時に発生するものです。

ではこの泣くという感情に積極的に触れてみましょう。
泣ける作品に自分から触れてみるのです。

泣くという感情は突発的に出るものではありません。
さまざまなやりとりや過程を経て起きる感情です。
作品に触れ、泣くに至るまでの自分の感情をしっかりと味わってみましょう。

どの点がポイントとなったのか。
何がきっかけで泣いてしまったのか。
その部分をしっかりと見つめることにより泣くという感情の流れを知ることができます。

関連記事

バッグやポーチのワンポイントに☆フェルトワッペンの作り方...

キッズスペースDIY①セリアのクラフトラックがジャングルジムに!簡易階...

カラーボックスと積み木で☆ローテーブルをDIY...

ウッドボックスで簡単☆サイドテーブルをDIY...

キラキラ女子は痛い⁉︎キラキラ女子の特徴と偽キラキラ女子...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る