あったか効果が必ずアップする!正しい毛布の使い方

外の厳しい寒さと反して、あったかい布団が心地よい季節がやってきました。

今の時期は寝る時間が一番楽しみという人も多いことでしょう。
毎日使うお布団の中で毛布はかかせない存在ですが、皆さんは正しい毛布の使い方をご存知ですか?

毛布の使い方次第で、布団の中の温かさが大きく変わってきます。

今回は「あったか効果が必ずアップする!正しい毛布の使い方」をお届けいたします。

毛布をかけるのではなく敷く

毛布は使う場所によって保温効果がかなり変わってきます。
寝る時に毛布はかけるものと思いがちですが、毛布を下に敷くと熱が逃げるのを防ぐため、かけて使うよりも保温効果が上がります。
実際にいつもかけている毛布を体の下に敷いてみれば、すぐに効果が実感できるはずです。

あったか効果を上げたい方は、ぜひ毛布は体の下に敷いてみてください。

 

掛け布団の上に毛布をかける

掛け布団のタイプでも変わりますが、羽毛布団を使っている場合は特に、毛布は掛け布団の上からかけた方が熱の効率が良いです。

羽毛布団は体の熱を蓄える効果があるため、毛布で体の熱を遮断してしまうと羽毛布団の保温効果が落ちてしまいます。

羽毛布団は毛布をはさまず、直にかけるようにしましょう。

掛け布団の素材が綿や合成繊維の場合は、布団が密着しても保温効果はそれほど変わりませんが、毛布の素材によっては布団の上にかけた方が保温効果が高まります。

掛け布団の感触が冷たく感じた時は起毛のカバーをつけたり、これまで通り毛布をはさむのも良いでしょう。

実際に私はこれまで「掛け布団→毛布→体」だったのですが、思いきって敷き布団の上に毛布をかけてその上に寝てみたところ、それまでの床からくる冷たさが消えて、温かさや寝やすさがまったく違いました。
寒さが厳しい時は、さらに掛け布団の上から毛布をかけてみましたが、驚くほど寒くない…!温かいどころか少し暑いぐらいでした。

「毛布を敷いて、掛け布団に毛布をかける」

これが最強の組み合わせです。凍えるような夜もポッカポカになります。

画像:毛布の使い方で変わる、布団のあったか度 | ねむりラボ

 

毛布には裏表がある


あまり知られていませんが、実は毛布にも裏表があります。

表側は肌触りが良くなるよう滑らかな感触で、裏側は布団とずれにくくなるよう、少しだけガサガサした感触になっています。

毛布を敷いて使ったり布団の上からかける場合は、そのまま表側が上になるよう使うのが正しい使い方ですが、体の上に直接かけて使う場合は、表側が体に触れるよう(ラベルが内側になるよう)毛布をひっくり返して使うようにしましょう。

表側は柄がはっきりしていて、片隅にラベルがついているものが多いです。
実際に触ってみても違いがわかるので、これを機に普段愛用している毛布を確認してみてください。

関連記事

目からウロコ!余ったフェルトとスポンジがままごとの食材に♪...

絵本も雑誌も収納できる!100均の「すのこ」で作るベッドヘッドボード...

丁寧な暮らしを。シンプルに生きるための暮らしのヒント10...

【ニトリの衣装ケースが超優秀って知ってた?】使った感想をレポ☆...

意外とロマンチック?男性が一度はされたい告白パターン5つ...

Pocket
LINEで送る