レターケースをスツール風収納ボックスにDIY

レターケースをスツール風収納ボックスにDIY

以前レターケースでアクセサリーボックスをDIYという記事で、レターケースを使用したアクセサリーボックスをDIYしたのですが、最近アクセサリーボックスを頂いたのでレターボックスが不要になってしまいました。

使い道を様々考えてみたのですが、どこにも置くことができず・・ましてやアクセサリーボックスを製作した際に両面テープを使用してフェルトをそのまま引き出しに貼り付けてしまったためにフェルトが剥がれず・・。そこで、思い切って引き出しを使用しないことに(笑)

今回はDIYに使用したレターボックスにさらに手を加えて、スツール風の収納ボックスをDIYします♪

 

用意するもの

用意するもの

使用するレターケースがこちら。上から2段目のフェルトを剥がしてみたのですが、きれいに洗っても両面テープが取れず・・。

このレターケースと、余っていたフェイクファー生地、縫い糸、キャスター4個、両面テープや接着剤等を使用します。

作り方

まずはじめに、レターケースの引き出しをすべて取り出します。

作り方

引き出しを取り出して立ててみるとこんな感じ。レターケースはこの向きで使用します。

レターボックスの内側にある引き出しを支えているレールのようなものが邪魔なので、これも取り外します。

作り方-2

少し力を加えるだけで簡単に取外せました。1つは蓋として使用するので取っておきましょう。

作り方-3

すべてを取り外すとこんな感じ。写真手前側、本来なら底面にあたるプラスチック部分が空いていますが、大きなものを入れるだけなら問題なさそうです。ゴミ箱にも良いですね♪

作り方-4

レターケースの底となる部分にキャスターを取り付けます。両面テープを写真のように貼り、両面テープがついていない箇所に瞬間接着剤を塗布します。

作り方-5

これを4つ作り、すべての角に貼り付けます。瞬間接着剤が乾くまでこのまま放置します。

作り方-6

ひっくり返すとこんな感じ。これで土台の完成です♪

作り方-7

フェイクファーの生地を、さきほど1つ残しておいた引き出しの支えより少し大きめにカットします。フェイクファーの生地はザクザクカットすると毛が落ちやすいので、毛をかき分けて生地だけをカットするようなイメージで♪

作り方-8

フェイクファーの生地を引き出しの支えに取り付けます。瞬間接着剤やボンドなどでも良いのですが、飽きたときにいつでも生地を交換することができるよう、縫い付けることに。

丸で囲まれている十字の部分に、グレーの縫い糸を使用して縫い付けます。ファー生地なので適当に縫っても、糸が表面に見えません♪

 

完成!

完成!

土台に蓋を乗せたら完成です!土台がすべてプラスチックでできているので、実際に座ることはできませんが、スツールのように見えませんか?♪

普段は押入れの手前に入れておこうと考えているので、キャスターをつけて簡単に引き出せるようにしました。

完成!-2

実際にものを収納してみるとこんな感じ。

毎日のように使用するリュックやスリッパ等、部屋にポンと置いていたものもこの収納ボックスに収納することで、生活感がなくなりました♪

通気性もあるので、蓋つきのゴミ箱にも、パジャマや部屋着入れにも、バスタオルケースにも良さそうです。

 

おわりに

今回のDIYポイントは、レターケースをレターケースとして使用しないこと(笑)引き出しを思い切って取り除き、ボックスとして使用することで、使用できるシーンが増えたのです♪

今回私が使用したようなレターケースは奥行きもあり、カラーボックスからもはみ出るサイズで、置き場所に困っていました。

ちょっと斬新な使用法ですが、もし自宅に不要になったレターケースがあったら参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

バッグやポーチのワンポイントに☆フェルトワッペンの作り方...

キッズスペースDIY①セリアのクラフトラックがジャングルジムに!簡易階...

カラーボックスと積み木で☆ローテーブルをDIY...

ウッドボックスで簡単☆サイドテーブルをDIY...

可愛いピアスをハンドメイド!UVレジンで簡単なアクセサリーの作り方...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る


ABOUTこの記事をかいた人

aki17

2歳の息子を育てるシングルマザー。将来息子に不自由させないよう、プチプラアイテムを上手く使って日々節約に励んでいます。 『シンプル・お洒落』な生活がモットー。 100均で作るDIY、ニトリやIKEAを利用した片付け術、しまむらやコストコなどのおすすめプチプラアイテムなどを紹介します。