どんな人とでも上手付き合える!心を広く持つ4つの秘訣

毎日たくさんの人と関わる中で、人との違いに違和感を感じることもありますよね。
人との衝突を避けるには自分というものを少なからず押し込める瞬間があるでしょう。
それも少しだと自分の中でうまく折り合いをつけスムーズに生活していけますが、無理は禁物です。
あまりに人に合わせすぎると自分を見失い、気づけばいつも疲れてしまっているなんてことが起きてしまいます。

今回は心を広く持ち、いろんな人との接し方についてご紹介します。

1. アドバイスは求められてから

人が何かに挑戦している時、こうすればうまくいくのではないかと解決策をつい口出ししてしまうことはありませんか。
こちらは悩んでいる相手のことを思ってアドバイスをしているのにそういう時に限って『何もわかってくれていない!』と逆に反感をかってしまうことはありませんか。
ここにはお互いに大きな誤解が生まれています。

あなたの中では苦しんでいる相手を見たくないという気持ちがあります。
せっかく一緒に過ごす時間、暗い気持ちや言葉で埋め尽くされるとあなたもたまったものではありません。
しかもその内容が、あなたが解決策を知っているとすればなおのことです。

しかしここでアドバイスをすると、相手にとって素直にアドバイスと受け取られない場合があります。
人からアドバイスをもらいそれを素直に受け取るということは、自分はあなたより劣っているということを認めることになるからです。
もちろんどんな状況でも人からのアドバイスを素直に聞いてスムーズに前に進んでいく人もいるでしょう。
しかし自分が落ち込んでいるときにアドバイスをされ、それを認めるということは劣等感をより感じる行為に他なりません。

そんな時はまず相手の話を最後までただ聞いてあげましょう。
途中で間違っていたとしてもとりあえずはその人の話をしっかりと聞くことに集中します。
そして最後にアドバイスを求められた時、簡潔に答えてあげます。

その時その人が理解できなくてもいいのです。
あとになって気づき、あなたへの信頼が厚くなるということへつながります。

2. 自分の時間を大切にする

人との関係を大切にするあまり、自分の時間を犠牲にはしていませんか。
人との時間をたくさん共有すると関係がうまくいくと考えていませんか。
それは大きな間違いです。

人との関係はその人との時間といいますが、ただ一緒に過ごせばよいという意味ではありません。
何年という長いスパンでの時間です。
何年という時間の関係を築いていくためには、無理をせず付き合うということが大前提です。

たとえば毎日飲みに誘う人がいるとしましょう。
あなたとしては明日も仕事があるし、今日は早く帰って休みたいと考えます。
そんな時も無理をして付き合っていませんか。

無理をする関係はもろいものです。
ふとしたとき、あなたが我慢しているものがきっかけで自分を抑えられなくなります。
その瞬間、関係が一気に崩れてしまいます。

あなたと他の人とはペースが違います。
どんな人にもさまざまなペースがあります。
それをお互いに認め合うことが大切です。

自分を大切にできない人は人を大切にできません。
それはあなただけに言えることではありません。
周りの人が本当にあなたのことを大切に思ってくれているのであれば、あなたの意見も尊重してくれるでしょう。

いい関係を本当の意味で長く続けるために、あなた自身をまずは大切にしてください。

3. 気付いたことは口に出す

人は日々、さまざまなことを考えたり思ったりします。
いろんな感情がある中で、それは相手にどれくらい伝わっているものなのでしょうか。
物事によく気づくひとはちょっと見ただけであなたの気持ちを察してくれるでしょう。
しかし全員が全員気付いてくれる人とは限りません。

少しでも思ったことがあればまずは声に出してみましょう。
言霊という言葉があるように、人は自分が発した言葉から気持ちが動くこともあるものです。
ふと思っただけの感情だとしても声に出してみるとその気持ちをより実感することができるでしょう。

またその言葉を聞いてあなたの言葉へ反応してくる人もいるはずです。
人とのコミュニケーションは相手の気持ちを知るところからはじまります。
関係を築く第一歩になるチャンスでもあります。

『これ美味しい!』など、ちょっとしたことでもかまいません。
少しずつ自分の感情を言葉として出すということに慣れていきましょう。

4. ちょっとしたことに感謝する

忙しい毎日を送る中でつい自分だけが頑張っているように感じませんか。
もしその気持ちが大きなものなのであればあなたはかなり疲れています。

社会にはたくさんの人がいます。
それが成り立っているのはどこかで誰かが支えてくれる部分があるからです。
そこまで気を回す余裕がなくなっていると考えることもないでしょう。

でもそんな時だからこそ、少し意識を向けてみましょう。
大変な気もするかもしれませんが、これが逆なのです。
広い視野で見ると今まで自分が気付かなかった自分を見ることができるようになります。
今まで見てきた自分とは違う角度から自分を見ることができます。

最初は少し苦しく感じるかもしれません。
しかしこれを続けていくとだんだんと心に余裕が出てきます。
ちょっとした意識をもつだけで変わることがあるということだけでも頭の片隅に置いておいてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る