信じる?信じない?結婚にまつわる言い伝え7選

「言い伝え」は世界中に存在し、代々受け継がれてきた知恵として現在でも広く知られています。
そのたくさんある言い伝えの中でも結婚にまつわるものをご紹介します。

①結婚相手と赤い糸


「運命の赤い糸」というととてもロマンチックな響きですね。
昔から結婚相手とは赤い糸でつながっているという言い伝えがありました。
この話の元となっているのが中国の「続幽怪録(ぞくゆうかいろく)」という書物です。
実は赤い糸は元々「赤い蠅」であったことが書かれています。内容はこうです。

唐の時代、男が宗城を旅していると、不思議な老人と出会いました。
老人の持っている袋の中身を尋ねると、老人はこう言いました。
「これは赤蠅(せきじょう)だ。
これで未来の夫婦の足をつなぐと、例え両者が敵同士であっても身分違いであっても結婚から逃れることは出来ないのだ」そして結婚の仲人を月下老人と呼ぶのは、この赤蠅を持った縁結びの老人の言い伝えからきているとされています。

②結婚祝いや仏事にはおつりをつけない

これはおつりを付けてしまうと「1回で終わらない」という意味があります。
すっきりカタがつくようにおつりをつけないことで、繰り返さないという意味があります。

③葬式に出会うと吉、婚礼に出会うと凶

どちらも正反対のジンクスです。
夢占いやジンクスには見たものを反転させて読むことがあります。
死を吉兆、結婚を凶兆と読むのもポピュラーな方法なのです。

④戌の日に結婚すると出戻ることになる

戌の日に結婚式を上げると、また実家に戻ってきてしまうというジンクスです。
犬がどんなに遠くにいても家に帰ってくるという帰巣本能があることから生まれた言い伝えとされています。
一見犬が悪者のようですが、出産の時は犬のお産の軽さにあやかって戌の日に腹帯をしたりします。
単なるこじつけですが、犬が長い間人と共に暮らしてきた事が分かる言い伝えです。

 ⑤花嫁の涙は豊作をもたらす

これはヨーロッパの言い伝えですが、この類のジンクスは世界中にあります。
ドイツでは「花嫁の号泣は吉兆で、結婚式中に泣く時は結婚生活において幸福である」というのが一般的です。
これには「前に泣かない者は後に泣かなければいけなくなる」といった意味が込められています。
スラブ民族でも泣く花嫁は最も重要と言われており、ロシアでも心ゆくまで泣くことに大いに重要さを認め、泣けば泣くほど参列した友人から賞賛されたそうです。

 ⑥新郎新婦の親戚にあたる老婆が、麦を二人の袖口にまき散らす


これはおまじないの一種です。
二人の家の食糧庫がいつもいっぱいになっているように、という財産の増加の願いを込めたものでした。
今でもライスシャワーをするのはそのためです。
ロシアでは新郎新婦に水をかけて健康を祈る儀式や、クリスマスイブにソラマメやいんげん、穀物の粒をまいて多産を祈る呪術も行われてきました。日本では主食であるお米がやはりしっくりきますね。

 

関連する記事


こんなジンクス知ってる?数字編

こんなジンクス知ってる?ラッキーなサイン編

こんなジンクス知ってる?残念なサイン編

こんなジンクス知ってる?身体編

こんなジンクス知ってる?人・動物・数字編

 

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

大柴あまね

タロットアドバイザー。12歳からタロットを始める。鑑定では心理学とタロットを組み合わせてアドバイスを行う。占いの他多彩な経験を活かし歯科医療やアクアリウム、風俗業の記事も執筆中。趣味はアメリカンヴィンテージと毛のないペット。