きっと幸せになれる金運風水*金運アップのための玄関(3)*

「お金が全てではない」

誰もが一度は思った事があるセリフでしょう。
ですが、「お金がないのも虚しい」ということもよ~く理解しているはずです。

風水で言うところの金運とは、「大金持ち」や「大富豪」ということではありません。
「楽しいことに使うことのできるお金がある人」や「お金がよく循環している人」のことを指します。

それに、「お金がないよりは、あったほうがいい」ですよね。

「働いたらお金が増える」
「宝くじに当たれば・・・」

「たら」「れば」ということを誰もが連想した事がありますよね。どれも、行動が伴う事です。

「働く」という行動。
「宝くじを買う」という行動。

そういう行動をするからこそ、お金が現実的に手に入るきっかけになります。

でしたら、私が提案させていただきたいことは、「金運が上がる様な行動をとってみましょう。」ということです。
そういう行動を取ることで、金運が上がれば、「たら」「れば」も現実的になる可能性が増えますから。
「たら」「れば」を現実にしたいなら、風水的な行動を取ってみましょう。
きっと、現実になりますから。

今回も、金運アップのための玄関です。
玄関は、運気の入り口でもありますので、ぜひ、試してみてくださいね。

 

☆表札

「表札のないお家」というのは、「主人不在のお家」という様に考えてください。
わかりやすく説明すると、初詣やお参りなどの時に、手を合わせてお祈りをしますよね。
その時、ただ、お祈りや願いをするのではなく、「〇〇に住む、〇〇と申します」ということを最初に唱えないことには、神様がどこの誰だかわからなくなるというのを聞いたことはないでしょうか?
それと同じイメージです。

玄関に表札がないお家ですと、全体的な運気が下がってしまいます。
全体的な運気には、当然、金運も含まれています。
ですので、もし、一人暮らしの女性で、防犯などの意味合いもあって表札を出していないという方で、「今年は金運を上げたい」と強く思うのであれば、表札をつける様にしてください。
一人暮らしの女性では、難しい決断になるかもしれません。
防犯の意識は高く持っていただいていいのですが、金運との両天秤をどう判断するかは、お任せします。
風水的には、「表札がないお家は運気が下がる」というのだけでも覚えておいてくださいね。

☆玄関マット

玄関マットを敷いていますか?
私は、玄関の外と中に玄関マットを敷いています。
風水の知識を得てすぐにやった風水かもしれません。

玄関の外にマットを敷き、玄関を入ったたたきのところにもマットを敷いています。
玄関マットを敷く理由は、外で知らず知らずに吸収した悪い運気を家の中に入れない為です。

私の場合は、家に入る前に数回玄関マットで足踏みをして、玄関を開けてウインドウチャイムを鳴らしながら玄関に入ります。
靴を脱いで下駄箱にすぐに入れ、たたきでまた玄関マットを踏みます。
これで、家の中には悪い気が入ることはありません。

おまじないの様な感覚で捉えていただいていいと思いますが、私は、特に、その日良い事がなかったと感じた時は、足踏みの回数を増やし、ウインドウチャイムを多めに鳴らします。
そうすると、不思議なもので、気分も少しスッキリします。

私の実体験では、本当に運が悪いと感じていた仕事やお金などに関する様々な事が徐々に改善されていき、今は良い方向に進んでいます。
詳しくご説明できなくて申し訳ないのですが、以前は、本当に仕事やお金に関する事、プライベートな事で良い事が続いていませんでした。
「なんて運が悪いんだろう」と感じていた時に、「風水」のことを思いだして、馬鹿正直に実践してみたのです。
そうしたら、運気が良くなっていると感じる事が続く様になったので、効果があると思い、実践しています。

今回で3回目の金運に関する玄関ですが、玄関は全体運を上げるために重要な場所ですし、運気も玄関から入ってきます。
その運気を上げる方法は、玄関を綺麗にする事など、お金がかかるものではなく簡単な事ですので、騙されたと思ってでもいいのでやってみてください。
きっと、良い運気になってきていると感じる何かが身の回りに起きるはずです。

私が実践してそう感じているので、100%嘘とは言えないはずです。
一人でも効果を実感できている人がいるのですから。ぜひ、試してみてくださいね。

 

関連する記事


きっと幸せになれる金運風水*金運ダウンのNG風水(3)*

きっと幸せになれる恋愛風水*初デートに役立つ風水(1)*
きっと幸せになれる恋愛風水*出会い運編*その18*自分磨き(1)*

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

kuroneko5

「風水」に関して知るようになったきっかけは、今は亡き父の癌が発覚した時、すでに手の施しようがなく、食事療法などの本を書店で探していた時に「風水」の本が目に入り読み出したのがきっかけで、お金をかけることなく簡単なことで運気が良くなる方法などを自分で試しています。