思い切って買い替えちゃおう!年末に物が壊れる意味とは?

〇物が壊れるのは何かのサイン?

物が一斉に壊れる時期、というものが実はあります。不思議なことですが、その時はなぜか一斉に物が壊れてしまうのです。「誰か呪いでもかけているの?」と怖くなってしまうこともありますが、これは何かのサインなのでしょうか?
スピリチュアルな世界でも、心理の面でも、物が壊れる時は「変化の時」と言われています。

〇物が壊れる時のタイミング

物が壊れる時は、手に入れた時と反対の力が働いていると言えます。
「必要だから手に入った」これの反対だとすれば「必要なくなったから壊れた」ということです。
手に入れる時は自然に受容できても、壊れた時は「どうして壊れたの?」と思ってしまうのが人間です。
しかし「これが別れの合図」だと思えば少し気持ちも和らぎます。
これがなかなかできないと不要なものを抱えてしまうため、「断捨離」や引き寄せの反対の「手放し」をすることになります。
これもタイミング、そう思えば不思議でも不幸でもないのです。

〇もしかして自分がやっている?

人間が変化に敏感なのは、自分が生きていくために刺激を少なくし、なるべく安全に過ごしたいと思うからです。
しかし無意識に物が壊れるように仕向けている時があります。
これは自分でも気づきません。
物が壊れた時に「どうして壊れたのだろう」と初めて気付くのですが、たとえば鏡が落ちて割れた時、誰かからもらった物が壊れた時などは、何となく意味があるような気がします。

これは無意識の自分が意識下の自分に「お知らせ」をしているからだと言われています。
「ねえ私、気付いて」これが行動に出て、壊れるように仕向けるのです。
「何かが壊れた時は無意識の自分からのお知らせ」そう思うと、素直に気付けて、変化を受け入れられます。

変化まで半年くらいかかる場合もありますので、その瞬間がいつかは自分でも分かりません。
しかし気付こうとすることが大事なのです。
もし年末に壊れた物があるのなら、それは来年の変化を「お知らせ」しているのかもしれません。

〇スピリチュアルな理由

「物が壊れるのは、その物の波動が自分と合わなくなったから」という言葉を聞いたことはあるのでしょうか。
スピリチュアルな世界ではこのように考えます。
でもこの「波動」とはいったい何なのでしょうか。波動はエネルギーのことです。
たとえば私たちの身体も、草や花も、機械類も、一番小さい単位は素粒子です。
素粒子が寄り集まって物を形成しています。原子や電子が集まり、それらが高速で動くことで形となっているわけです。その点だけは人間でも物でも同じです。
高速で動く時に出すエネルギーを「波動」と言います。
この「波動」が物にも人にも流れており、これがあまりに違いがあって自分とは合わないから壊れたのだ、というのがこの説です。
波動が合うから引き合って集まる、これが引き寄せにもつながります。
逆もしかりなのです。

スピリチュアルというと何か不思議なイメージがあるかもしれませんが、魔法でも呪いでもなく、生命のエネルギーが関係しているとされています。

〇物が壊れるのはラッキーなお知らせ

自分の変化を自分で知るためのお知らせが「物が壊れる」ということ。
とても分かりやすいですね。そうと分かれば、壊れたタイミングで手放すこともおすすめです。今の自分に合わなくなったのなら、合う物を探してみましょう。
もし過去にそういう「物が壊れた時期」があったのなら、何か変化がありませんでしたか?振り返ってみて下さい。
自分が成長する時にそのようなサインが現れることが多いので、買い替える時はワンランクグレードの高いものを買ってみましょう。
来年の自分はレベルがひとつ高くなっているはずです。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

大柴あまね

タロットアドバイザー。12歳からタロットを始める。鑑定では心理学とタロットを組み合わせてアドバイスを行う。占いの他多彩な経験を活かし歯科医療やアクアリウム、風俗業の記事も執筆中。趣味はアメリカンヴィンテージと毛のないペット。