【辛口オネエ】斉藤由貴の不倫(2)2017年はトランジットがやっぱり「苦闘期」だった【西洋占星術】

【バックナンバー】斉藤由貴の不倫(1)運も気性も強い特別な生まれの人だった

※有名人占いは読みやすさを考慮し、勝手ながら敬称略としております。


斎藤由貴の不倫が世間に知らしめられちゃったのは、スクープ記事が載った週刊誌が発売になった8月頭。2社の週刊誌に載ったそうだけど、とりあえず先に話題になった片方のが出た日、8/3で出してみたわ。

当時のトランジットと、斎藤由貴の出生図の二重円がこれね。

★月土星合の日の「削ぎ落とし効果」

みんなも知ってる通り、2017年は土星が射手座にいて、この頃は21度付近を運行。週刊誌の発売日は月が射手座の中盤から後半に入ってて月土星合の日。

「月土星合」の日って、月=女性性、妻としての状態や女性の精神状況や健康を表すのね。その月に対して土星=重圧、責任問題がのしかかってくる日でもあるのね。

土星合は、合する相手の天体が山ほどなにかを抱えてるときには「削ぎ落とす」効果が出ることがあって。

道徳的にも厳しいおっさん先生だから、不倫なんかしてればそりゃ「けしからん!反省せい!」と、不倫が終わるようにはたらくわけよね。

Pocket
LINEで送る