(2)いじめ加害者の霊的正体:いじめ加害者に起きる因果応報あるある【芦屋道顕の現代の呪2】

(2)いじめ加害者の霊的正体:いじめ加害者に起きる因果応報あるある【芦屋道顕の現代の呪2】

(2)いじめ加害者の霊的正体:いじめ加害者に起きる因果応報あるある

(1)を先にご確認あれ↓
芦屋道顕の現代の呪バックナンバー

※今回も、いじめ加害者の悲惨な末路を因果応報として面白く可笑しく取り上げる。いかなる悪人であれ、自分をいじめた加害者であれ、他人の不幸を望むことなどできぬという善人が読むと気分が悪くなるやもしれぬ。もし、読み進められぬと思うたら、他の記事へどうぞなのじゃ↓
芦屋道顕の過去記事はこちらから

では、ここからはさっそく、いじめの加害者に起きる因果応報の実例を、前回は一つだけ取り上げたが今回は箇条書きになるが、知り得る話をザクザクと挙げていくぞよ。「霊的正体」の話は次回からじゃ。また、それに繋げるために先に末路の話が必要なのじゃ。

■いじめ加害者に起きた・今後も起きる恐怖の『因果応報』あるある

★いじめをしていた加害者集団の中で自分が次のターゲットになる

これは非常によくあることで、またとても分かりやすい因果応報であるな。因果応報という視えない力を考慮せずとも「8:2の法則」というものがある。100匹の働き蟻のうち、働かぬ蟻が20匹いるという。では、その20匹を除くと残りの80匹は全て良く働く蟻のままであるかと思いきや、その中からまた2割、働かぬ蟻が出てくるそうじゃ。

そして、狭い水槽や池に同種の魚を複数入れておくと、ストレスからその中でまずは一番弱い個体が他の個体から攻撃を受け、仲間外れにされエサも食べられなくなることがあるそうじゃ。

(2)いじめ加害者の霊的正体:いじめ加害者に起きる因果応報あるある【芦屋道顕の現代の呪2】

しかし、その一匹を取り除けば、あとの魚は仲良しのままかと思いきや、新たなターゲットを作り、攻撃するそうじゃ。

人間社会でも、いじめが起きる場所は往々にして、いじめに加担する人々が皆、強いストレスに晒されている。そのストレスの吐口として、1人をターゲットとするが、その1人がいなくなれば、それまで「加害者仲間」だったうちから、誰かしらをターゲットにしていじめ始めるのじゃな。かつて、いじめる側、加害者側だった誰かが、いじめのターゲットが去った後に、今度は自分がターゲットになり、その場を去ればまた別の仲間だった誰かがターゲットとなる。

★いじめる側だった人間がその「いじめグループ」を抜けると、今度は「いじめられる側」になる

一度いじめグルーブに所属してしまうと、犯罪組織を抜けるのと同じように抜けにくくもあるそうじゃ。ボスに従ったにせよ、雰囲気で「みんながあの子をいじめてるから、いじめていいんだな」となんとなくいじめに加担したにせよ、いじめる側、加害者として「共犯者」になってしまう。共犯者が改心して犯罪組織を抜けるとなれば、それは犯罪組織に残る側としては「裏切り」「抜け駆け」「あいつ、1人だけ良い子になりやがって」「警察に言うつもりか?」と、抜ける人間が途端に「敵」になる。「なんとなく気に食わないからいじめていた」かつてのいじめのターゲット以上に、執拗に嫌がらせされることとなろう。

※いじめも内容次第ではれっきとした犯罪であり、警察は現状まででめったに動いたことがないものの、例えば実際の暴力や、モノを盗まれる、壊される、金を恐喝されるなどは証拠を揃えれば「警察沙汰」にもできることもある。

さて、次のページの「因果応報」は、悪人ではなくともそのような苦境に陥っている人も世の中にはいるゆえに、その苦境にある、その不幸に見舞われた人は因果応報を受けている、と逆の捉え方は決してしてはならぬ。

いじめをする→悪い因縁を生む→時間を経て増幅して悪因の悪果を受け取る、の一方通行の流れであるぞ。

続きは次のページ▶︎

関連記事

(1)いじめ加害者の霊的正体:法で裁かれぬ輩の末路はより悲惨【芦屋道顕...

(4)いじめ加害者の霊的正体:闇の集合体は弱体化中。ニュースで知る霊的...

(3)いじめ加害者の霊的正体:加害者達はただの傀儡。裏で操る者がいる【...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。