幽霊の経験談(5)【芦屋道顕】復讐後に彷徨った200年の話【怨霊の行方】

幽霊の経験談(5)【芦屋道顕】復讐後に彷徨った200年の話【怨霊の行方】

幽霊の経験談(5)復讐後に彷徨った200年の話【怨霊の行方】

幽霊だった経験談シリーズ、いよいよ最終回じゃ。

前回までのあらすじ:貧しいながらも幸せに暮らしていた前世で、夫が心変わりをしてお屋敷持ちの令嬢の元に去り、邪魔になった妻(女性)は夫に殺され屋敷の裏に埋められた。妻は幽霊となり、あの世の良き場所へ行くための光が見えたが拒んでこの世に留まり、令嬢と夫に復讐を果たした。自分の死体遺棄を引き受けた男の身体を乗っ取り令嬢の息の根を止めた。

『数日の間に、屋敷を訪ねた客が令嬢の遺体を発見し、警察が呼ばれ、メモが見つかり、男と、隣街に身を潜めていた夫が捕まった。同じ頃、湖へ行く道で私の遺体も発見された。男も夫も、絞首刑になった。私の復讐は果たされた』

(1)(2)(3)(4)はこちらから↓
芦屋道顕の霊的真実

■復讐を果たしたけれど「消えもせず、あの世に行けない」

『令嬢を殺し、夫は私と令嬢の2人を殺害して令嬢の財産を乗っ取ろうとした罪で絞首刑になり、復讐は果たされた。やりきった、と思えた。もう、この世に未練はない。地獄は信じていなかったから、あとはただ消えてしまうのだと思っていた。何もせず、ただぼんやりと空き家になった屋敷を眺めていた』

『どれくらいの時間が経ったのか分からない。屋敷は誰も住まず、ごくたまに近所の子供達が興味本位で幽霊を見に来たけれど、私は姿を現さなかった。私は、自分が消えるのを待った。でも消えなかった。あるいは、またあの世への光が見えるのかもしれないと、光を探して歩いた。だけど、光はどこにも見えなかった』

続きは次のページにて

関連記事

幽霊の経験談(2)【芦屋道顕】自分が死んだと自覚したとき起きた出来事の...

幽霊の経験談(1)【芦屋道顕】『今の自分になる前、200年彷徨った』あ...

幽霊の経験談(3)【芦屋道顕】光を拒み現世に留まり復讐を決意するまでの...

幽霊の経験談(4)【芦屋道顕】復讐を果たすまでの話【怨霊の行方】...

ABOUTこの記事をかいた人

開運占い軍団

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。