【芦屋道顕】血筋と呪い(1)「末代まで祟る」のタブーでディープな話【現代の呪2】

【芦屋道顕】血筋と呪い(1)「末代まで祟る」のタブーでディープな話【現代の呪2】

血筋と呪い(1)「末代まで祟る」のタブーでディープな話

以前から「呪い」について話してきたが、

芦屋道顕の現代の呪バックナンバー

オカルト方面に興味のある読者ならば、これまでに話した「家系に対する呪い」については、軽いものばかり取り上げていたことに気付いておろう。命には別状のない、そして誰に頼まずとも自らの行動により解くことができる呪いをなるべく取り上げてきた。

■これを読んでる時点でおぬしは無問題

しかし、やはり現実に身近で「一族にかけられた呪い」と思しき悲劇を見てきた人には、臭い物に蓋をしてごまかしているように感じたことであろう。

今までは、己の力ではどうすることもできない強力な呪詛の存在など、当人が知ったなら絶望するばかり……。と思うていたが、そのような呪いを受けているならば、このような記事を目にすることもないことに気付いたのじゃ。(その理由はあとで話すので、しばしお待ちくだされ)

それゆえに、この記事を「もしかして、自分の先祖が受けた呪いのせいで私は不幸なの?命もいつか取られるの?」などと思うているおぬしには……。実はまったく関係ない話じゃ、安心せい!(かも?」と思えることが、呪われていない1つの理由でもあるのじゃ)

では、ここからの内容は陰惨なものではあるが、怪談の亜流と思うて読み流してくだされ。

■家系にかけられた呪いとは?

家系にかけられた呪いとは「末代まで祟る」「子孫を根絶やしにする」と、誰かを恨んだ術者が恨む相手だけでなく、その子々孫々までその恨みによって命を奪わんとするもの。

末代まで

あるいは、苦しみを長引かせるために、血筋を根絶やしにはしないものの「この家は男児が育たない」「◯◯家の女は皆、子供を産むと必ず悲惨な死に方をする。他家から嫁いできた嫁も。◯◯の娘は、他家に嫁いで苗字が変わっても無駄」などもある。

中には、恨みを抱いた本人は生かしたまま、その子や孫、配偶者にのみ不幸が起きる呪いもある。本人が死んだら本人の苦しみは終わるが、その愛する人々が不幸になるのを目の当たりにすることはとてつもなく辛いことじゃ。

■呪いのかけ方で変わる呪われた末裔の運命

呪いのかけ方は詳しくは書けぬが、何通りかに分かれる。

★相手と一族を呪いながら自ら命を絶つ

このやり方は、残念ながら(というのもおかしな話であるが)本人を呪うことはできても子孫は呪えず、案外と自身の守護霊たる存在がやってきて「共に行こう。この世のことなど忘れるのだ」と、連れていかれてしまうこともあり、まったく復讐に役立たない。いじめに遭い、自殺などもってのほかの理由は正直なところ、これもある。「自殺して、相手を呪う、苦しめる」はうまくいかぬのじゃ。また、うまく復讐できたとしても、自殺では己の魂も救われず、相手の一族が絶えたかどうかも分からぬまま彷徨いやがては消えることもあり、費用対効果ならぬ犠牲に対する見返りがまったく割に合わぬのじゃ。

★命のあるものを「贄」にして祟り神や魔物に憎き相手とその血族への復讐を依頼する方法

贄として、小動物を殺して捧げたり、生肉を供えたりすることがある。おかしな表現ではあるが、呪いの中では比較的ポピュラーなものじゃ。

このやり方の場合は、呪われた側が呪われた土地から遠く、例えば海外に移住してしまうか、女子であれば結婚して苗字が変わる、男子であればどこぞの家に婿入りして呪われた一族の苗字を捨て去れば免れることもある。それは、祟り神や魔物は人間とは異なるルールで存在しているゆえに(このあたりはちと、説明が難しいのでまたの機会に!)「この一族を末代まで呪い殺す」と請け負っても、その神や魔物のテリトリーにいなくなってしまえば、追いかけられぬ。そして、苗字が変わってしまえば「一族を根絶やしに」は苗字を受け継ぐ者ではなくなった人間には適用せぬのじゃ。

しかし、どう足掻いてもどこへ逃げても、呪われた一族がその呪いから逃れられぬ、究極の呪いの方法がある。くれぐれも真似をせぬよう、というても真似などできぬ方法があるのじゃ。

(2)へ続く。

芦屋道顕の現代の呪バックナンバー

引き寄せ・呪いの解き方・片想いの脱出方法・世間ではあまり語られないソウルメイトとツインソウルの真実etc.目からウロコ・人生が好転する秘密の数々は電子書籍にて★

現代の呪

『現代の呪(芦屋道顕)』電子書籍はこちら

【免責事項】芦屋道顕及び開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。

関連記事

【芦屋道顕】遠方の神社のお札やお守りの安心な返し方2選...

4月15日-4月21日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2019年】...

7月8日-7月14日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2019年】...

【芦屋道顕】血筋と呪い(2)自覚がなく説得もできない怨霊が一番怖い【現...

5月13日-5月19日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2019年】...

あそこの臭い・かゆみ対策ってどうしてる?デリケートゾーンの臭いケ...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

開運占い軍団

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。