【芦屋道顕】生霊特集(3)あれもこれも生霊のせいじゃ!生霊あるある【現代の呪】

★生霊特集バックナンバー→芦屋道顕の生霊特集

さて、前回は自身が生霊となっているときに起きることを話したが、今回は誰かの生霊が近くまで来ている、あるいはすでにまとわりついているときに起きることの具体例をあげていくぞよ。

■あれもこれも生霊じゃ!生霊のせいじゃ〜!生霊あるある

電化製品が壊れる・不調になる

もう、これは有名であろう。リングの貞子はテレビ画面から出てくるが(おっと、あれは死んでおったな)一般的な霊的存在は電磁場がないとなかなか姿を現せぬ。生霊といえども電気的なエネルギーゆえ、電化製品や電線、電磁場のあるところを利用してやってくるのじゃ。

自然界であれば水もまあ彼らの媒介となるが、街中や家の中ならばたいがいは電化製品の不調やトラブルの形で彼らの干渉が分かる。

例えば、

・寿命はまだあるはずの電球が突然チカチカする・切れる

・テレビが突然映らなくなる

・持っているスマホが突然エラーを起こす、突然落ちる

・パソコンがフリーズする

さて、このあたりまでは困りはするが命に関わらぬもの。しかし、生霊の中でも念の強い相手が発したものは電化製品に干渉するにも怖い関わり方をする。

・ヘアアイロンや給湯器の温度設定が効かなくなり大変な高温になる

・自動車が誤作動を起こす

もちろん、このようなことが起きたときにはお祓いよりもまずメーカーやしかるべき修理業者に故障修理の問い合わせをするのであるぞ。

なんの前触れもなく物が落ちる・壊れる

家電以外も、生霊がウロついていると突然壊れることがある。壁に飾った絵が突然落ちる、棚の上の小物が落ちて割れるなど。

Pocket
LINEで送る