お財布の替え時なら春!開運する「春財布」を買おう!

お財布の替え時なら春!開運する「春財布」を買おう!

風水では2月から「春」とされています。
春は「張る」に通じることから、春にお財布を買うと「お金でぱんぱんに張る財布」と言われ、とてもラッキーなのです。
であればこの時期にお財布を買い替えてみませんか?
買い替えの注意点やおすすめの柄をご紹介します。

①今が替え時?お財布からのサインを見逃さないで!

お財布は丈夫にできていて長持ちしますが、だからと言って運気もずっと続くわけではないのです。
基本的に金運は消費していくもの。
時間が経つとなくなってしまいます。

これを踏まえて3年程度で買い替えましょう。

またお財布についている金具やファスナーがゆるんできたら、買い替えのサインです。

ゆるんだところから運気が流れてしまうので、ぜひ替えてしまいましょう。
これを放置すると「最近なんだか出費が多いなあ」と思うことばかり増えていきます。

思い当たりませんか?
これもお財布からのサインです。
今すぐお財布探しを始めましょう。

②いつどこで購入する?

お財布の購入は「金の気が強い日」「金の時間」「金の気が強い場所で」というルールを守ると最強です。
まずは金の気が強くなる「一粒万倍日」や「大安」「寅の日」がおすすめです。
ネットやカレンダーでチェックしましょう。
そして金の気が強い夕方から夜に購入するようにしてみましょう。
仕事帰りの時間帯がおすすめです。

さらに選びたいのが、金の気が強い場所であるデパートや高級店です。
富裕層や高級品が集まる場所には金の気が満ちています。
普段行かない場所でも思い切って足を運んでみまそう。
逆に中古品店のお財布は金の気がすでになくなって、邪気が入り込んでいる可能性があります。
ユーズド品には運はありませんので注意しましょう。

③運気のある色・ない色を見極めよう

風水では「金運は黄色」とよく言われますが、黄色が強すぎるとお金がやってきてもすぐに早足でどこかに行ってしまいます。

また赤色は「火の気」がありお金を燃やしてしまうのです。

そして水色や青は「水の気」が強くなるためお金が水のように流れてしまいます。
このように色だけを見ても様々な気がついているのです。

色を選ぶなら「ベージュ」「ピンク」「茶色」「グリーン」がおすすめです。

全部の色が入っているなら良いのか?というとそうではありません。
色んな色が入ったお財布は運気が安定しないと言われていますので、3色までにしたほうが無難です。
お財布の色は外側だけでなく内側の布も関係しています。
売り場で隅々までチェックして購入しましょう。

④金運がない柄とは?

色と同じ様に運気がない柄もあります。
ガイコツや十字架など「死」をイメージするものには金運が宿りませんので気を付けましょう。

また動物モチーフやアニマル柄、蝶やテントウムシなどの昆虫柄には「火の気」が宿っていますので、お金を燃やして消費してしまいます。
こちらも気を付けましょう。

金運に良いとされているのは星の柄やスタッズなどのキラキラしたものです。
まさにお金を象徴しますので金の気を帯びています。
またリボンやフリルも引き寄せる効果があると言われます。同じく花柄も良いとされます。
これを満たしていれば好きなもの、気に入った柄を購入しても良いのです。

 

⑤2018年は「火」の年

今年は風水では「火」の年です。
火の気が強いため勢いがあり、何でも燃やして消費しやすくなってしまいます。

金運である金の気は火にとても弱く、今年は消費がかさむかもしれません。
であればガードが強く金の気をたくさん帯びたお財布を使って、火の気を上手にコントロールしましょう。

ガードが一番かたいのは黒いお財布だと言われます。
高級な皮革の黒いお財布は守りも完璧です。
しかし「維持する」ことに長けているため、「収入を増やす」ことは難しくなります。

であれば濃い茶色のお財布で貯蓄運を上げてみましょう。茶色は土の気があり、「良い土壌を作る」ことに長けています。

貯蓄を増やすチャンスでもありますので、自分の目標に合わせて選んでみましょう。

関連記事

幸福感が重要!肉と乳製品が金運アップに効果的な理由...

オンドリが鳴くのは幸運の知らせ?鳥にまつわる言い伝え5選...

【芦屋道顕】家にいながら一年分の厄落とし『大祓(おおはらえ)』がおすす...

【2018年(平成30年)は戌(いぬ)年!】知ると面白い十二支の知識...

クリスタルボールを使って住むだけで運が良くなるお部屋にしよう!...

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る