12月11日-12月17日の恋愛運も公開済です/12月4日-12月10日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い】

あ行 恋愛運

噂話に翻弄されやすき週である。自らリサーチしていらぬ疑惑を抱え込むこともあろうが愚の骨頂。

おぬしの中に「どうせうまくいかないだろう」との思いがあって、それを裏付けるために証拠集めをしがちなようじゃ。満月に押されて自ら恋の破壊活動をせぬように、ほかで情熱を発散できるとよいな。

い行 恋愛運

準備万端であったことを実行に移すには良いときである。入念に相手の身辺を調べ、独り身であると分かれば近くがよし。浮気の証拠を集めて土下座させるもよし。片想い相手の好みを調べ理想の女子を演じるもよし。

しかし、一番の恋の作戦はおぬしが自らに磨きをかけ、相手の前に現れることじゃ。内側から輝く肌と女神のような笑顔に、意中の男は吸い寄せられるであろう。

う行 恋愛運

おぬしの人生計画が変化する週である。とはいえ、買い物する街を渋谷から新宿に変えるごとく、他人からはどちらでもよいことのようじゃ。

そして、それはおぬしが想う相手にとっても同じこと。報告や相談でこれまでに距離が縮まらぬ関係ならば今回は見送り、相手に支えてほしいと願うより共にいて楽しければそれでいいと思えばうまくいくはず。

え行 恋愛運

恋の奇襲作戦を受けるやもしれぬ。相手次第とはいえ、やはりモテるのは嬉しいことであろう。奇襲と言うてもSNSをフォローされる程度のささやかなものかもしれぬが。

また、周囲の女子ではより大胆な奇襲作戦が成功する者もおろう。しかし、真似せよと煽られても出る結果はおぬしの心が一番良く知っているはず。無理は禁物。

お行 恋愛運

忘れようとて忘れえぬ誰か、忘れきっていた誰かから懐かしまれ、また懐かしめる週である。

しかし、その後は相手次第。おぬしの生存確認で満足する輩もおるゆえ、そやつは追っても徒労。再度の縁がある相手は、逢いたいと言うてくるはずじゃ。

★芦屋道顕の12月のオススメ記事★

家にいながら一年分の厄落とし『大祓(おおはらえ)』がおすすめじゃ!


【支援告知】占いアプリ『辛口オネエの開運占い』に「好きな人の生年月日がわからなくても占える」オラクルメニューが追加となりました。

出逢ったばかりの彼に片想い!彼も私を想ってる?|色恋営業?片想いの彼は接客業。優しいのは客だから?それとも?|片想いの彼は私の想いに気付いてる?それともまだ?

占いアプリ『辛口オネエの開運占い』のダウンロードはこちらから

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)


【合同窓口】芦屋道顕・辛口オネエ・KUGAHARAに関するご要望・お問い合わせはこちらから

Pocket
LINEで送る