【芦屋道顕】家にいながら一年分の厄落とし『大祓(おおはらえ)』がおすすめじゃ!

早いもので、この一年も残すところあと1カ月。12月に入ればやれ大掃除じゃ、来年の厄年は何歳じゃ、吉方位は何処じゃと開運のための情報収集にみな奔走し始める。まさに師走じゃのう。

■一年の厄を祓う基本は「大掃除」だけど

翌年の運気を上げるために大切なことはまずは大掃除。

「今年の汚れ今年のうちに・・・」というキャッチフレーズで、掃除用洗剤かなにかが売られていた時代もあったのう。

しかし、見える汚れをいくら落としても、清々しくはなれど一向に運気など上がらなかったとこの一年を振り返り、悔しく思う者もおろう。

己のことのみならず「そういえば毎年の大掃除だけでなく週一ペースでこまめに断捨離と掃除をしてる、きれい好きのあの子もまだ仕事も恋も鳴かず飛ばず」と、身近な誰かを思い浮かべて、掃除の開運力に疑問を抱くこともあろう。

開運にあまり役立たなかったから、この年末は大掃除をやめようなどと思う怠惰な女子はさすがに皆無であろうが、念のため言うておくと、大掃除はもちろん普段の掃除も、実は開運には役立っているはずじゃ。

人間はどうしても当たり前の日々には感謝できぬものであるが、掃除は確実に、起きる可能性のあった大難を小難に、小難を無難にしてくれていたはずで「何もない一年だった」「少し大変な時期もあったけど、なんだかんだで平穏だった」ならば、掃除の甲斐はあったのじゃ。

Pocket
LINEで送る