生理前に太るのはなぜ?ダイエットしても太る理由と対処法

生理前に太るのはなぜ?ダイエットしても太る理由と対処法

目次

日ごろから食生活に気を付けているし間食もしていないのに、生理前になると太る人は多いのではないでしょうか。生理前になるとモチベーションが下がり、リバウンドを繰り返している人もいるでしょう。ですが、生理周期が原因でダイエットを諦めるのはもったいないです。今回は、生理前に太る理由とその対処法について詳しく解説いたします。

生理前食べてないのに太るのはなぜ?!

女性の身体は長い遺伝子情報から生理前は自然に水分と栄養を蓄えるよう成り立っています。その仕組みに大きく関わるのが排卵後に卵巣から分泌される黄体ホルモンの働きです。生理前に太る理由について詳しく見ていきましょう。

生理前食べてないのに太るのはなぜ?!

生理前には2kgほど太る・見た目が変わるのはむくみが原因

生理前に2kgほど太るという人は、むくみが原因の可能性があります。
黄体ホルモンが多く分泌されると、皮膚の外側の細胞に水分が溜まりやすくなるからです。その水分量は2000mlと言われており、体重で換算すると2kgから3kgになるのです。

生理前の過食で太る原因は黄体ホルモン

生理前についつい食べ過ぎて太る理由は黄体ホルモンの働きによる可能性があります。
黄体ホルモンはより妊娠に適した環境(子宮内膜をより厚くするなど)を作るべく、脳にある食欲中枢を刺激し食欲を増加させるアクションを起こします。特に炭水化物や脂質を欲するようになるため、過食に走り太ってしまうのです。

生理前食べてないのに太るのはなぜ?!-2

生理前にダイエットをしても太る

生理中にダイエットをしても効果がなく、逆に太ってしまう理由も黄体ホルモンの働きによる可能性が高いです。
黄体ホルモンは血糖値をコントロールするインスリンの効果を下げてしまうため、少量の炭水化物でも血糖値を急上昇させてしまいます。何かを食べるたびに血糖値の乱高下を繰り返すため、それほど食べていないのに太るのです。

生理前に下半身が太る

生理前はいつもよりも便の量が少なかったり、人によって便秘を起こしたりして太るのも黄体ホルモンの働きによる可能性が高いです。黄体ホルモンは妊娠に備えて栄養分を溜め込もうとするため、腸のぜん動運動を抑制します。お通じがないと下半身が重だるく感じますし、便秘が続けば腸内環境は悪化するので、ここでひと工夫しなければ、生理が太るきっかけを作ってしまうのです(後述します)。

生理前食べてないのに太るのはなぜ?!-3

生理前に体脂肪率が増え太る

生理前に体脂肪が増えて太るのも黄体ホルモンの働きが原因の可能性が高いです。黄体ホルモンがたくさん分泌されると、感情のコントロールに深く関わるセロトニンという神経伝達物質が減少するため、ストレスを感じやすくなります。そのストレスを発散するために甘いものが食べたくなるのです。生理前のストレスに負けて、甘い飲み物・ケーキ・菓子パンなどを食べてしまうと体脂肪はすぐに増え、太るきっかけを作ります。

生理前に何をしても太るときの対処法

生理前は仕方がないと頭でわかっても、太る時期が毎月やってくるのは不快です。また、太ることによって下がったテンションを生理後に戻しまたダイエットをがんばろうと思えないという人も多いでしょう。それならば、生理前から太るのを防ぐ工夫をすればよいのです。生理前に太るのを予防する方法についてご紹介します。

生理前に何をしても太るときの対処法

生理前に太るときの対処法①お腹の調子を整える

生理前に太るのを予防するために、まずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整える第一歩は水分補給と言われています。1日1Lから1.5Lをめやすに水分を摂るようにしましょう。摂るべき水分は「水」です。
次に、不溶性食物繊維(ぜん動運動を促す)と水溶性食物繊維(消化吸収を抑制する)をバランスよく摂取しましょう。さらに、腸内の善玉菌を優位にするために、エサとなる発酵食品(味噌汁・納豆・ヨーグルトなど)を積極的に摂るようにします。

生理前に太るときの対処法②適度な運動

生理前の重だるいときほど積極的に身体を動かして血行を促進させ、太るのを防ぐことが大事です。無理な運動をする必要はなく、通勤電車で姿勢を正して立ったり、掃除機をかけたり、仕事の資料を取りに行ったりするなど、ちょっとした用事をすすんで行うだけで血行がよくなり、太るのを防げます。

生理前に太るときの対処法③むくみを改善する

生理前に太るのはむくみが原因であることをご説明しましたが、大豆製品でむくみを改善させることが可能です。大豆にはむくみを改善させるカリウムや利尿作用のある大豆サポニンやレシチンが含まれています。また、大豆イソフラボンは働きが女性ホルモンと似ているため、女性ホルモンのバランスを整え、むくみを予防します。

生理前に何をしても太るときの対処法-2

生理前に太るときの対処法④ツボを押す

むくみによって太るのを予防する方法として、ツボを刺激するのもおすすめです。特別な道具は要りませんし場所もとらないので、隙間時間を使って試してみてください。むくみを抑えるツボの場所については、詳しく解説するウェブサイトや動画があります。

生理前に太るときの対処法⑤一喜一憂しない

体重は体内の水分量によって変わるので、あまり気にする必要はありません。「体重が増えた=太る」ではなく、体脂肪に目を向けてみてください。体脂肪に変化がなければ太っていません。体脂肪は測定する時間を決めて測定すると変化に気づきやすくなります。

生理前に太るのは何キロまでアリ?

お伝えしたように、生理前は女性ホルモンの働きによって太ることがありますが、暴飲暴食をしていないのであれば多少太っても問題はありません。そうは言っても「生理的現象だから」とドカ食いすると太る原因になります。

生理前に太るのは何キロまでアリ?

生理前後の体重増加は3kgまでにとどめましょう。

生理後体重が減るのはいつから?

太るのは嫌なので、生理前から対策したいものですが、生理前に食事制限や運動をしてもダイエット効果はあらわれにくいです。生理中は抵抗力が低下するため、無理な運動はおすすめできません(ウォーキング程度でよい)。

生理後体重が減るのはいつから?

最も体重が減りやすいのは生理後から排卵までの期間です。生理後は卵巣から卵胞ホルモンがたくさん分泌されるのですが、このホルモンは血管をしなやかにする働きがあるので代謝が上がります。また、満腹中枢を刺激するレプチンの分泌を促進させるため、ストレスを感じにくくなるため(間食しなくてもイライラしない)ダイエットを始めるタイミングとしておすすめなのです。

ピルの服用で生理前の太る不快感を軽減

どうしても生理前に太るのが精神的にダメージが大きかったり症状が重く辛いと感じたりした場合は、ピルを服用し女性ホルモンの変動を軽減させるという手段も検討してはいかがでしょう(妊娠を希望していない場合)。

ピルの服用で生理前の太る不快感を軽減

例えば、大事な面接や試合当日が生理前や生理の最中であり、太るのがわかっていると、必然的にテンションが下がります。モチベーションを保ち実力を発揮させるためにも、こういった不快感は取り省いたほうがよいです。産婦人科で処方される低用量ピルを適切に服用すれば、安全に不快を取り省けます。

「生理前に太る」は解消できる

生理前に太る原因の多くは女性ホルモンですので、生理が終われば自然に解消します。ですが、太るのは嫌ですし、そのことで不安になるのも嫌です。生理前に太るのを予防するために、ツボを押したり大豆製品を食べたり、気軽にできることを楽しみながら対処しましょう。生理前の症状について辛いと感じたときは、我慢せず産婦人科医に相談することをおすすめします。

関連記事

餃子ダイエットとは?餃子のダイエット効果・やり方・レシピまとめ...

転職するなら慎重に!20代・30代で転職するときのポイント3選...

酢だこのカロリーってどれくらい?たこのカロリーや栄養、酢だこさんやかこ...

ルイボスティーのダイエット効果って?飲み過ぎは太る!飲む時間や回数...

食事制限なしダイエット?!運動なし食事制限もしないダイエット方法とは...