顔が痩せる3つの方法!顔が太る原因・タイプ別におすすめの顔痩せ方法

顔が痩せる3つの方法!顔が太る原因・タイプ別におすすめの顔痩せ方法

すっきりとした小さい顔には誰もが憧れますよね。その顔の大きさ、生まれつきだと思っていませんか?どんなにダイエットをしても、顔を痩せさせるのは非常に難しいもの。ですが、顔が痩せにくい人であっても、ご自身の顔太りタイプを見極めて対処すれば、顔はしっかりと痩せることができるのです。今回は、そんな顔痩せがテーマ。顔が太る原因によって分けたタイプ別に、おすすめの顔痩せ方法をご紹介します。

顔が太る原因には3つのタイプがある?

顔が太る原因には、大きく分けて3つのタイプがあります。まずは、ご自身の顔が太る原因から、顔太りタイプを見極めましょう。

顔が太る原因には3つのタイプがある?

顔が太る原因①むくみ・脂肪タイプ

まず原因として挙げられるのが、むくみの影響です。

・しょっぱいものが好き
・塩分を摂りすぎている
・汗をかきにくい
・水分をたくさん摂る
・お酒が好き

この中に当てはまる人は、むくみ・脂肪タイプです。むくみは、マッサージなどを行えば解消されますが、恐ろしいことに放っておくと脂肪として定着してしまうのです。むくみが定着する前に毒素を排出することが大切です。

顔が太る原因②丸顔タイプ

次に原因として多いのが、もとの骨格です。もとの骨格が丸顔やベース型など、横に広がりの大きい形だと、顔が太って見えることがあります。

・丸顔は遺伝だと思う
・食いしばりをするクセがある
・寝ながら歯ぎしりをしている
・食べ物をあまり噛まずに飲み込む
・あまり大口を開けて笑ったり話したりしない

この中に当てはまるものがある人は、丸顔タイプです。しかし、丸顔でも顔の小さい人はいますよね。その違いは、顔周りの筋肉です。食いしばりや歯ぎしりをするクセがある人は、エラの筋肉が発達して、どんどん顔が大きくなってしまいます。解消法は、クセをやめるしかありません。どうしてもやめられない場合は、マウスピースなども効果的です。

また、食べ物をあまり噛まない人や、大口を開けて笑ったり話したりしない人は、顔の筋肉がたるんでいる可能性があります。食べ物を噛む行為や笑ったり話したりするときに使うのは、顔の表情筋という筋肉です。表情筋を使わないとどんどん顔は重力に負け、引き締まった顔とは程遠くなってしまいます。意識的に表情筋のトレーニングを行うようにしましょう。

顔が太る原因③ゆがみタイプ

顔が太る原因には3つのタイプがある?-2

ゆがみが原因で顔が太ることがあります。ゆがみがあると、全身の血流が滞るので、毒素を身体に溜め込んでしまいます。毒素を排出するためにマッサージなどをこまめに行いましょう。

・左右で口角の高さが違う
・大きく口を開けるとあごからカクカクという音がする
・大きく口を開けられない
・足を組むクセがある
・腰痛がある

この中に当てはまる人は、ゆがみタイプです。恐らくこのゆがみタイプの人は、骨格がゆがんでいることを自覚している人が多いのではないでしょうか。全身はつながっているので、どこか1か所がゆがむと他の場所もゆがみ、不調が表れます。顔のゆがみから腰痛を起こしたり、骨盤のゆがみから顔がゆがんだりすることもあります。このゆがみタイプは、日ごろからまっすぐ立つことや、足を組まない、荷物を肩にかけないことなどを意識しましょう。ですが、場合によっては自力で治すのは難しいので、整骨院や整体などで治療してもらう方法が確実です。

顔が痩せる3つの方法!タイプ別に解説

顔が太る原因についてご紹介しましたが、あなたはどのタイプに当てはまりましたか?ここからは、顔痩せの方法について3つご紹介します。

顔痩せの方法①器具

顔が痩せる3つの方法!タイプ別に解説

むくみ・脂肪タイプ、ゆがみタイプにおすすめの顔痩せ器具は、顔の血行をよくし、むくみを解消してくれる器具です。最も有名でおすすめなのは「Refa」です。多くの芸能人も本番前に使用しているというほど、効果が高く有名です。Refaは、360度どの角度からも輪郭にフィットし、顔の奥にある筋肉までほぐすことができます。即効性も高いので、すぐに顔痩せしたいという人にもおすすめです。

丸顔タイプにおすすめの顔痩せ器具は、表情筋を鍛えて顔全体を引き締めてくれる効果のある器具です。数多く種類がありますが、なかでもおすすめなのは「PAO」です。PAOは、アスリートも使用している表情筋を鍛えるトレーニング機材です。口にくわえて負荷をかけることで、普段の生活では使わない筋肉を使うことができます。表情筋が鍛えられることで、たるんだ皮膚が引きあがり、すっきりとした印象になります。

顔痩せの方法②食べ物

顔が痩せる3つの方法!タイプ別に解説-2

顔が痩せるためには、食べ物にも気を付けなければいけません。塩分の多い食事や飲酒、水分を摂りすぎると、全身に水分を溜め込みむくみます。なるべく控えるようにしましょう。また、カリウムは全身に溜まった余分な塩分を排出してくれる役割があります。カリウムは、パセリ、アボカド、納豆、ほうれん草などに多く含まれています。意識的に摂取して、むくみを解消できるようにしましょう。

顔痩せの方法③小顔マッサージ

顔が痩せる3つの方法!タイプ別に解説-3

顔痩せの定番といえば、小顔マッサージですよね。どのタイプにもおすすめの、たった3分でできるおすすめのマッサージをご紹介します。

①耳の下のくぼみを、5秒間やさしく押す
②こめかみと耳の上の間を、5秒間やさしく押す
③②から耳の後ろを通って首の付け根まで2回流す
④③と同じ動作を、あごの先から2回おこなう
⑤小鼻の横から目のくぼみに沿って、こめかみまで2回流す
⑥前髪の生え際を指の腹で押す

溜まった毒素を、リンパに沿って流すイメージでおこなってみてくださいね。また、肌が乾燥した状態で行うと肌に摩擦が起き、肌荒れの原因になります。必ずクリームやジェルなどですべりやすくしてからおこなってください。

最後に

今回は、顔が痩せるために知っておくべき、原因と対処法について、タイプ別にご紹介しました。あなたのタイプは何タイプでしたか?原因が分かっていれば、効率よく確実に顔が痩せられます!効果が出るのが楽しみですね。

関連記事

【タロット占い】本当のことを教えて!あの人との相性はいいの?よくないの...

定例会議は無駄?必要性は?定例会議を効率化する方法...

おまじないの由来を解説!あいあい傘・糸結び・親指を握る・合掌(がっしょ...

私ってキープ女!?キープ女性に対する言動や行動の特徴9つ...

しめじは栄養が豊富!しめじの栄養成分がもたらす効果や効率のよい食べ方は...