【辛口オネエ】HUAWEI大ピンチ!てきとーに創業社長の運勢観たらガチ苦闘期だわ【西洋占星術】

【辛口オネエ】HUAWEI大ピンチ!てきとーに創業社長の運勢観たらガチ苦闘期だわ【西洋占星術】

HUAWEI大ピンチ!てきとーに創業社長の運勢観たらガチ苦闘期だわ

※旧メディアVeryGoodからの移行記事です。古い日付や内容、リンク切れやレイアウト乱れ等ご了承ください。

先に大事なこと言っておくと、会社とか国家とか人間ではなくて大規模でたくさんの人の命運がかかってる団体や組織の運勢は、そのトップの運勢だけじゃ決まらないのね。で、会社の運勢観るなら本来はその会社の設立年月日と時間と場所、登記の年月日と時間と場所まで最低限でも必要。上場してたら上場年月日、本社移転してたら移転年月日と、さらには西洋占星術だけじゃなくてちゃんとした風水とか奇門遁甲とか?で方角も観なきゃなのね。社長の運勢なんて、そのあと。優先順位は五本の指に入るか入らないかくらい後回し。

で、アタシは会社の運勢なんて観れないんだけど、それでもファーウェイについて設立年月日から分かることくらいあるかしらって思って調べて。でも、きちんと観るのは諦めたうえで、「あとは、てきとーに社長の運勢観てみよ〜」って創業社長の生年月日調べてホロ出したのね。

https://twitter.com/lo90f0s4rlsgnxn/status/1131030160008855554?s=21

そしたら、なんというかガチで「世界よ これが本物の苦闘期だ」と宣言したくなる運勢だったから、なんだかんだで取り上げることにしたわ。

当たり前なのかもだけど、会社の苦闘期ってやっぱり社長も苦闘期なのかしらね。違うケース……会社は苦闘期だけど社長はハッピーとかその逆とかもたくさんあるから、このファーウェイの例だけで「会社=社長」と決めつけられないけど、ガチで経営に関わってて生活が左右されてると運勢が連動するのかしら。

ま、とにかく。

■HUAWEI(ファーウェイ)創業社長の現在の運勢がガチ苦闘期!

任正非:1944年10月25日 中国貴州省安順市生まれ
トランジット:2019年5月22日

ファーウェイの創業社長で現在も社長の【任正非 じん せいひ(Ren Zhengfei)レン・ツェンフェイ】氏の出生図とトランジットの二重円がこれね。

ファーウェイ社長

★牡牛座天王星がオポジションで個人天体に大攻勢!

まず、この3月に本格的に牡牛座入りをした天王星が、任氏の蠍座1度から7度でステリウムになってる太陽水星火星とオポジション。天王星は「現状破壊」なうえに真向かいからだから、モロに「相対峙する存在=ライバルまたは敵」が現れて、それまでの盤石な人生が破壊されようとしてるわけよね。

あ、でもこれ読んで蠍座ステリウム持ちの女子や彼氏や旦那さんがサソリんな人、怯えないで大丈夫。天王星オポジションだけなら、独身アラフォー女子なら「40年築かれていた独身という盤石な城が壊れる!」で電撃結婚とか、リーマン彼や旦那なら「勤続20年、名ばかり役員で残業無制限のリーマン生活に終止符。独立!」とか、全然大丈夫だから。

万が一、ファーウェイレベルの大企業のシャチョーサンとか奥様とか読んでらしたら、厄除けには「本社移転」または「巨額の寄付または融資」がおススメよん。

あと、度数が定かじゃないけど任氏はネイタルの月も水瓶座でトランジットの牡牛座天王星からスクエア食らってる可能性あり。時間によっては月は山羊座になるし、太陽蠍座・月山羊座でも世界的な大企業の社長らしくはあるけど、IT分野となると水瓶座の前半度数の可能性もかなり高いのよね。ま、そのうち出生時間が判明したら改めて検証するわ。

ってことで、太陽が蠍座というだけなら、ファーウェイレベルの大企業の社長でも、トランジット天王星の影響だけなら大丈夫。任氏の場合はさらに、

★ドラゴンヘッド・テイルのリターン期・ネイタルの山羊座ドラゴンテイルにトランジットの土星冥王星合

ドラゴンテイル

ドラゴンヘッド・テイルがネイタルの場所に戻ってくるのは約18年ごとで、これは大げさに言えば今世に生まれてきた使命の見直し、今世でやってきたことの清算と再出発のタイミング。現実的に言えば普通に18年の間の人間関係や仕事での貸し借りを清算して新しい関係性や仕事に向かう時期。任氏の場合は同時に土星冥王星もテイルに乗ってるから、かなり「ツケを払う」方向で現実に表れてるのかもしれないわね。

★74歳のファーウェイ任氏は「天王星」の年齢域

あと、任氏は74歳だから「年齢域」が天王星の管轄で、彼のネイタル天王星は双子座12度。これへのトランジットのアスペクトも運勢に大きく関わるのね。

で、もうだいぶ度数は離れて影響力は弱まってきてはいるけど、去年秋に木星が射手座入りしてから、現在でも彼のネイタル天王星とトランジットの木星はオポジション。そして、トランジットで長らく魚座にいる海王星はスクエア。

トランジット木星海王星の影響は、一大発展を遂げる時期でもあるけど、世相の影響を大きくダイレクトに受けるうえにハードアスペクトだと間違いも起こりやすいし、悪評も広まりやすいのよね。

※この場合、彼のネイタル天王星とトランジット木星海王星ではTスクエアだからかなり影響の強いハードアスペクトね。

でもこの12月には木星は山羊座に抜けるし、元々運の強い人だし、健康面さえ大丈夫なら今の状況もそのうち切り抜けるでしょうけどね。

関連記事

【辛口オネエ】(5)厄年と西洋占星術:女性の厄年・数え年33歳・37歳...

【辛口オネエ】エリスと個人天体が合やハードの私はトラブルメーカー?と決...

【2020年上半期占い】(1)牡羊座のイケメン政治家がめちゃ試練期【辛...

【辛口オネエ】(1)太陽星座占いが当たらない【西洋占星術雑談】...

星で観る世界(3)エプスタイン死亡時はホッとしたかも。ある大統領経験者...