【辛口オネエ】2月後半の運勢◆牡牛座・乙女座・山羊座

【辛口オネエ】2月後半の運勢◆牡牛座・乙女座・山羊座

<2月後半の月運 by辛口オネエ>

こちらは牡牛座・乙女座・山羊座ね。

※2月より、恋愛運も全体運の中に含めることになりました。内容はすべて恋愛運としても読んでみてください。ex.人間関係が広がる→異性との出会いも増える/誘いが多い→異性からの誘いも多い/達成運→恋も成就運/転機→恋の状況も変化

【牡牛座】
人生でずっと「私はこういう人間」って性格や個性、得意や不得意、居場所も近づかない場所も変えないできた人ってそう多くはないと思うのね。でも、気付いたら昔と変わってることはあっても「変えよう」って意識してなおかつ変えられることって少ないんじゃないかと。

それが、この2月後半は意識したうえで変われる稀有なタイミング。16日の日食頃に何か決意やスタートをしたらそれ以降、世界や周囲が今までとは違って見えてくるようになるかもだけど、それは自分が変化した証拠よ。

実は5月にもう一段階、大きな変化の時期がやってくるけど今から心の柔軟さや好奇心に導かれて動く習慣を獲得できてるとその頃に役立つわ。

【乙女座】
曖昧にしておいていいこと、むしろしておいたほうがいいことも世の中にはたくさんあるけど、そんな中でも「これについてはしっかり確認しておかなきゃ」なことってあるじゃない?美容室でトリートメント勧められたけどいくらなのかから、土日逢えない彼は実は結婚してるのかまで、人によって知りたいことはさまざまだと思うけど。

16日の日食からは、過去に曖昧にしてきたか、曖昧さを受け入れざるおえなかった分野で、本当のことを直視して先へ進める時期。

もしかするとそれまでに計画してた進路を大きく変更することになるかもだけど、新しい道のほうがすでに楽しいことが多い予感がするし、ステキな旅の仲間も、もうスタンバイしてるし。早ければ今月末、少し時間がかかってもホワイトデー頃までにはその人の笑顔が見られるはずよ。

【山羊座】
いい意味であらゆる騒ぎを対岸の火事として眺めながら、こちら側の生活を充実させていける時期。トラブル的なことには巻き込まれなくてほんとに良かったと思えるはず。

対岸で賑わってるお祭りには、参加できないのは少し寂しく思えても、参加して怪我したり散財したり変な男に絡まれたりノロになったりって話を聞くと、行かないで良かったと思えそう。

特に16-17日は気持ちがシャキッとするタイミング。下旬は、山羊座ステリウムができてた先月の緊張や重荷から解放されて、本当に自分が気にしてることに着手できるし、目の前のタスクをこなすだけじゃなく将来を考えて計画を立てたり仕込みができたりもするようになるわ。大事な人とは邪魔な第三者抜きで、サシで大事な話もできるはずよ。

関連記事

【辛口オネエ】4月前半:双子座・天秤座・水瓶座【星占い】...

【辛口オネエ】5月後半の運勢◆牡羊座・獅子座・射手座...

【辛口オネエ】7月前半の世の中:水星座のグラトラで広がる愛の輪、そして...

【辛口オネエ】8月後半の世の中:水星順行・地のグラトラは26日にカイト...

【辛口オネエ】9月後半の運勢◆牡牛座・乙女座・山羊座【星占い】...