雨の日が続いても大丈夫!子供とお家で過ごすアイデア5選

雨の日が続いても大丈夫!子供とお家で過ごすアイデア5選

午前中はお昼まで公園で過ごしていることもあって、雨の日に家の中で過ごす3〜4時間は本当に長い!

けれど、長い時間が取れるからこそ、いつもならできない遊びや体験に時間をかけて行うことができるのです♪

そこで今回は、我が家の雨の日の過ごし方をご紹介します。

雨の日は主婦業が中々思うように進まなくて困っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

アイデア①達成感が嬉しい♪工作を楽しもう!

アイデア①達成感が嬉しい♪工作を楽しもう!

2歳半を過ぎた頃はお絵かきが大好きで、ちょうどハサミの練習も始めていた頃。
そこで、よくある魚釣りを一から手作りすることに。
なぜか魚ではなくママの顔を大量生産しているのですが…。
お絵描き中にちょこっと家の中を掃除♪

アイデア①達成感が嬉しい♪工作を楽しもう!-2

こちらはちぎり絵です♪
この間遊びに行った水族館をイメージして作りました。
お魚の横顔は難しいとのことで、丸く切った折り紙に目と口を描いてもらうことに。

アイデア①達成感が嬉しい♪工作を楽しもう!-3

ちぎる工程は黙々と作業を進めてくれるので、その間に家計簿の整理等ができました♪

 

アイデア②雨の日は特別学習!教材やプリントで勉強しよう

アイデア②雨の日は特別学習!教材やプリントで勉強しよう

我が家では、雨の日用に100均で知育の教材を購入しています。
定期的に送られてくる幼児教育の体験版が大好きなので、雨の日までまとめて取っておくことも。
最近では無料でダウンロード・印刷できる知育のプリントを印刷することもあります。

問題を読むことができないのでそういった学習の時は付きっきりですが、迷路なら一人でできるので、集中している間にご飯準備をしています♪

 

アイデア③粘土遊びで1時間!100均の道具が超優秀☆

アイデア③粘土遊びで1時間!100均の道具が超優秀☆

最近では100均でも手に入る小麦粘土ですが、その粘土の道具が超優秀なのです!!
写真で息子が持っているのはラーメンが作れる「ラーメンメーカー」という道具。
このほかにも、ワッフルメーカーやアイスバーメーカーもあります。

おままごとと料理の間くらいの体験が一人でできるので、新聞紙を敷いた上に粘土板を置いて粘土と道具をセットしておけばOK。
1時間くらい一人で黙々と遊んでくれるので、家に持ち帰った仕事もはかどります♪

 

アイデア④お昼ご飯はお弁当!おうちピクニック

アイデア④お昼ご飯はお弁当!おうちピクニック

食べムラのある息子ですが、お外だとご飯をたくさん食べてくれるので、お弁当を持って公園へ行くことが多くあります。
しかし、問題なのが雨の日。体を動かせていない分体力は消耗していないので、いつも以上にご飯を食べてくれません。
しかも、公園でお弁当が食べたいよ〜と泣き出す始末。そこで、おうちピクニックを始めたのです♪もちろんお手伝いもさせます!

アイデア④お昼ご飯はお弁当!おうちピクニック-2

写真を撮り忘れてしまったのでお弁当の写真しかないのですが…

窓際にレジャーシートを敷いてお弁当を置いてただ食べるだけなのですが、息子は大喜び!
グズグズすることもなくなったので、あやしていた時間を他のことに使えるように♪

 

アイデア⑤絵本に出てくるお菓子を作ろう!

アイデア⑤絵本に出てくるお菓子を作ろう!

最近いろんな絵本を読みだすようになった息子にもっと絵本を好きになってもらおうと、絵本に出てくるお菓子(ご飯)作りを雨の日にしています♪

この日はぐりとぐらのフライパンで作るカステラです。

アイデア⑤絵本に出てくるお菓子を作ろう!-2

雨の日は時間もたくさんあるので、一から教えながら全ての工程を息子にお任せ。

最初こそ握りつぶして殻ごと入れていた卵も、今ではコンコンと叩いてから割ろうとするようになりました(笑)

息子がゆっくり慎重に調理をしている間に、夜ご飯の下準備をパパッと終わらせることができます♪

 

おわりに

おうちピクニック以外は指先や頭を使って集中して行うものばかりなので、体を動かしていなくてもお昼を過ぎた頃にすんなりとお昼寝します♪

以前行った子育てサロンで、「雨の日はずっと家で過ごしていないといけないから憂鬱」…

なんてママの声を聞くこともありましたが、雨の日だからこそ何か特別な体験を親子でしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

バッグやポーチのワンポイントに☆フェルトワッペンの作り方...

【摘んできた花を押し花に♪】100均ダイソーのレジンでピアスをハンドメ...

2018年ハロウィンはインクレディブル・ファミリーのコスプレを手作り①...

ベビーフードコンサルタントが教える!意外と知らない幼児食の基本...

2018年ハロウィンはインクレディブル・ファミリーのコスプレを手作り②...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る


ABOUTこの記事をかいた人

aki17

2歳の息子を育てるシングルマザー。将来息子に不自由させないよう、プチプラアイテムを上手く使って日々節約に励んでいます。 『シンプル・お洒落』な生活がモットー。 100均で作るDIY、ニトリやIKEAを利用した片付け術、しまむらやコストコなどのおすすめプチプラアイテムなどを紹介します。