手取り20万円の生活とは?貯金や結婚はできる?

手取り20万円の生活とは?貯金や結婚はできる?

社会人何年目かの方のなかには、給料の手取り20万円を目指して頑張っているという方も多いのではないでしょうか。手取り20万円だとどれくらいの生活ができるのか、気になりますよね。
そこで今回は、手取り20万円もらうには月収・年収の目標をどれくらいに設定すれば良いのか、手取り20万円の生活だと家賃や貯金はいくらが目安となるのか、一人暮らしや結婚は出来るのか…など、気になる手取り20万円の生活について紹介します。

手取り20万円もらうには月収・年収はいくら必要?

お給料を受け取る場合、給与明細に乗っている額面の金額そのままを受け取ることはまずなく、様々な控除分が引かれて手取り金額になります。
そこで、まずは手取り20万に必要な月収や年収、そして手取り20万を達成できる年齢の目安について説明していきます。

手取り20万円もらうには月収・年収はいくら必要?

手取り20万にするには額面金額はいくら必要?

まず手取り20万を達成するのに必要な月収の額面金額ですが、これは約24万円ほどです。
実際には、家族構成や住んでる地域によって控除額が変わってきますが、厚生年金・健康保険・雇用保険・所得税・住民税といった保険税金が合計で約4万ほど控除されるため、手取り20万円を達成するには、月収の額面金額で24万円を目標とするとよいでしょう。

手取り20万の年収

手取り20万円で年収を計算すると年収は約240万になります。
しかし、年収はボーナスの有り無しで変わってくるため、会社のボーナス支給額によっては年収350~400万円超えの高年収も十分に見込めるでしょう。
そのため、手取り20万円であっても年収自体は高年収ということも、実は珍しくありません。

手取り20万を達成している年齢層

20代で手取り20万円を達成できる時期としては、25~29歳あたりの20代後半にかけて手取り20万円を達成できている方が多いようです。
社会人として働き始める20~24歳の手取りは約18万円が平均となり、社会人2~3年目で手取り20万円を達成できる収入になる人が増えてきます。
もし20代後半で手取り20万円になっていない場合は、今後の収入を想定して転職やスキルアップを考えてみるのもよいかもしれませんね。

手取り20万円で払えるの家賃の目安は?一人暮らしは可能?

次は手取り20万円で払える家賃の目安と、手取り20万円で都心部の部屋は借りられるかについてご説明していきます。支払い家賃による一人暮らしの簡易内訳も見ていきましょう。

手取り20万円で払えるの家賃の目安は?一人暮らしは可能?

手取り20万円の家賃目安

一般的な家賃の目安は手取りの3分の1と言われていますが、手取り20万円の3分の1、つまり家賃の目安は6~7万円にするのが一般的なのでしょうか?
もちろん家賃6~7万円でも生活を成り立たせることはできます。しかし実際に手取り20万円で家賃にそこまで払う方は、現在は珍しいようです。
手取り20万円の場合、5万円台の家賃で生活をしている方も多くなってきていますので、手取り額の3分の1より少し低いくらいの金額を家賃の目安とするとよいでしょう。

手取り20万円で都心部の部屋は借りても大丈夫?

仕事の関係上で都心部に部屋を借りる方も多いと思いでしょう。実は手取り20万円であっても都心部で生活をしていくことは可能です。
一般的なイメージとしては都心部は地方よりも家賃が高くなるイメージがありますが、木造物件や立地条件を考慮すれば都心部であっても家賃6~7万に抑えられます。
手取り20万円はこれから収入が上がる時期でもありますし、この時期は家賃にお金をかけなければ、都心部でも生活することは難しくありません。

手取り20万円で一人暮らしはできるのか

ではここで手取り20万円で家賃6~7万と仮定した、一人暮らしの簡易内訳をご紹介します。生活費の内訳としては『食費3万』『水道光熱費1万』『通信費1万』『日用品購入費3万』。
この時点で家賃と合わせて少なくとも14~15万ほどになりますが、人によっては『交際費』や『貯金』に回すお金も必要になってくるでしょう。総じて手取り20万円は一人暮らしをする分には問題はありません。ただし娯楽費や貯金にもっとお金を回したい場合は少し物足りないかもしれませんね。

手取り20万円ってどんな生活なの?貯金や結婚はできる?

ここからは、手取り20万円を目標にしている方にむけて、手取り20万円を達成するための仕事の選び方、また実際手取り20万円を達成したらどんな生活になるのかを紹介していきます。
貯金や結婚はできるのかなど、さまざまな角度から見てみましょう。

手取り20万円ってどんな生活なの?貯金や結婚はできる?

手取り20万円もらえる仕事は?

手取り20万円は正規雇用であれば達成することは難しくはないでしょう。営業職やサービス業、工場勤務など自分に合った職種で手取り20万を目指すことができます。
逆にアルバイトなどの非正規雇用で手取り20万円を達成するのは少し難しいかもしれません。
アルバイトは時給制のため、手取り20万円を達成するには時給1400~1500円といった高時給のアルバイトがおすすめです。

手取り20万で毎月いくら貯金に回せるか

手取り20万円は社会人数年目の収入であることが多く、貯金ができるか心配になる人も多いでしょう。
手取り20万円の場合、家賃+生活費で毎月14~15万円程の支出があることを想定すると、毎月無理のない貯金をしていくなら月2~3万円ほどの貯金が目安となります。
実際、手取り20万円あれば生活を成り立たせながら少額でも貯金にお金を回せるため、贅沢をしなければ金銭面で困ることはなさそうです。

手取り20万円で結婚してもいいのか

手取り20万円ってどんな生活なの?貯金や結婚はできる?-2

結婚する際にまず考えるのが金銭面ではありますが、手取り20万円であっても共働きであれば生活することは十分にできます。
むしろ結婚は夫婦で暮らす時期よりも、子供ができてからのほうがお金がかかってしまうかもしれません。
特に出産から育児期にかけては共働きができず、大幅に収入が減ってしまうでしょう。
そのため手取り20万円の時点で結婚は可能ですが、子供の出産までにある程度の貯金をしておくのがおすすめです。

最後に

今回は、手取り20万円の生活について紹介してきました。手取り20万はほとんどの方が到達可能な収入でありながら、生活も貯金も結婚も無理をしなければ可能な収入であることが分かってもらえたと思います。特に社会人になったばかりの方は最初に手取り20万円を目指し、そこから少しずつステップアップしながら収入が増やせるように頑張りましょう。

関連記事

長風呂に効果はない?!長風呂のデメリットや入浴におすすめの時間と温度...

乾パンのカロリーや糖質は?堅パンとは違う?美味しいアレンジ法もご紹介...

ケンタッキーフライドチキンのカロリーや糖質量、おすすめメニューをご紹介...

月占い♡バースデームーンから分かる運命や結婚傾向とは...

かぼちゃの種の栄養素がスゴイ!?健康と美容に効果ありの食べ方とは...