パートナーから愛され続けるために心がけたい5つのこと

パートナーから愛され続けるために心がけたい5つのこと

女性が憧れる幸せな恋愛って、数多くの男性からちやほやされることよりも、たった1人の大切な男性から一途に愛され続けることに重きを置く人が多いのではないでしょうか。

人それぞれ、さまざまなスタイルがある恋愛ですが、永く愛されるためにはどのようなことを心がけていけばよいのでしょうか。そこで今回は、たった1人の大切なパートナーから末永く愛され続けるために心がけたいヒントについてシェアします。

 

1:女性らしさを絶えず高め続けている

現在お付き合いしているパートナーがいる女性の皆さんは、パートナーがあなたのどのような部分に女性らしさや異性としての魅力を感じているのかについてご存知でしょうか。

そして、あなたがすでに持っている女性らしさをどんどん高めていこうという意識が、彼を魅了し続けることにもつながります。

それは、外見だけではなく、あなたの内面的な部分にもいえることです。

まず、見た目であればこのようなことがあげられます。

  • 定期的にトリートメントをして、髪のツヤを死守する
  • 定期的に身体を動かして、女性らしい体型を維持する
  • 自分のチャームポイントと同時にウィークポイントをうまく隠せるようなファッションを心がける など

また、あなたの内面的なものであれば、

  • 最低限の教養やマナーを身につける
  • 周囲の人への細やかな気配りや感謝の気持ちを忘れない
  • どのような場面であっても、ポジティブな考え方や言葉遣いを心がける など

これらのように、愛され上手な女性はご自身の魅力や長所をしっかり把握し、高め続けていけることができます。

 

2「あなたらしさ」を何よりも大切にしている

「あのモデルや女優さんのように、スタイルがよかったら……」など、意識しないように気をつけていたとしても、知らず知らずのうちに周囲と自分とを比べてコンプレックスや引け目を感じてしまうことがあるかと思います。

もしくは、自分以外の「ロールモデル」そのものになろうと必死にもがいたり、努力したりしている人もいるかもしれません。

私には、「このような女性になりたい」と思うようなロールモデルの女優やモデルが何人かいます。けれど、その人たちと「そっくりそのまま同じ」にはなりたいとは考えていません。

2: 「あなたらしさ」を何よりも大切にしている

もちろん、彼女たちのように整った顔立ちやスタイルに憧れを抱くことは自然だと思います。けれど、どれだけ努力したところで「そっくりそのまま同じ」では、あなたらしさがまったくない状態になってしまいます。

そして何より、「この人と同じようにならなくちゃ幸せになれない」という気持ちを持ったままでは、あなた自身が辛くなってしまいます。

どれだけ願ってみたところで、自分以外の誰かになることはなることはできません。それに、あなたにはあなたにしかない魅力がたくさんあるのです。

憧れの女性のエッセンスを真似することはあったとしても、どこまでも自分らしくいることを大切にしてみましょう。あなたがあなたにしかない魅力を大切にし、高めていく。そのような姿こそ、彼が本当に嬉しいあなたの姿ではないでしょうか。

 

3:意外な一面を「チラ見せ」する

大好きな彼のことを魅了し続けるために大切なことのひとつに、あなたの意外な一面を「チラ見せ」することがあげられます。いつでも同じようなファッションや言動、立ち居振る舞いではお互いにマンネリ化してしまう可能性があります。

3:意外な一面を「チラ見せ」する

付き合いが長くなってくると、どんなカップルでも慣れが出てきてしまいます。けれど、あなたが新しい趣味を楽しんでいたり、いつもなら行かないようなジャンルのお店や旅先に2人で出向いてみたり。そんなあなたの意外な一面が垣間見えると、彼は「この子には、こういうところがあるんだ」と、ドキドキさせることができるかもしれません。

 

4いつでもご機嫌

どれだけ仲の良いカップルであったとしても、時には険悪なムードになったり、ケンカに発展してしまったりすることだってあるでしょう。

そして、女性は月に4回性格が変わると言われているほど、感情にブレが生じしやすい生きもの。そのようなとき、男性の多くは「どうして、そんなに感情的になってしまうんだろう。もっと冷静になってくれればいいのに」ということ。

特に生理前など、彼のちょっとした言葉や行動にイラっとしてしまい、不機嫌な態度を取ってしまったり、ヒステリーを起こしてしまったりしたくなるようなこともあるかもしれません。けれど、思いやりに欠けた言動や立ち居振る舞いが続くのは、彼にとっては嫌なはずです。ですから、怒りや不満が爆発しそうなときほど、上手にそのような苛立ちを対処できるかどうかも大切ではないでしょうか。

5:感謝の気持ちを素直に言葉にできる

「恋人との距離感」、みなさんはうまく撮ることができているでしょうか。

恋人一筋になりすぎて、依存関係に陥ってしまってはいけない。かといって、あまりにも「私、1人でできるから」と、自立しすぎていてもいけない。そのバランスを知るのは難しいかもしれませんが、彼と一緒にいることで「あなたが隣にいてくれるおかげで、私はとっても幸せなんだ。ありがとう」と、感謝の気持ちを言葉にしてくれたら、彼はとてもうれしいはず。

どうせかけ合うのであれば、相手も自分自身もほっこりするような言葉を選びたいもの。ぜひ、パートナーへの感謝の気持ちを積極的にかけてみてください。

関連記事

もちきびとは?健康と美容に効果的な雑穀「もちきび」の栄養と食べ方...

付き合う前のカップルがドライブデートで親密になる方法10個...

ラブホテル初心者におすすめ!ラブホテル初心者のラブホテルの楽しみ方...

子供に人気!子供が残さず食べてくれる食パンアレンジレシピ6選...

【押入れをカフェ風にDIY②】100均の木材だけでおしゃれなラックをD...

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る