フリーなはずなのに、なぜか「彼氏がいそう」と思われてしまう女性の特徴

たいていの場合、男性から「彼氏がいそうだよね」と言われるのは褒め言葉。そして恋人の有無の確認をすることは、あなたへの脈ありサインとも言えます。けれど、彼氏ができないで悩んでいるフリーの女性にとってはデートに誘われる可能性が下がってしまうため、あまり好ましいとは言えないのではないかと思います。

もしかすると、知らず知らずのうちに異性からの脈ありサインをシャットアウトしてしまっている可能性があるかもしれません。そこで今回は、フリーなのになぜか「彼氏がいそう」と思われてしまいがちな女性の特徴をシェアします。

男友達やグループ交際が活発

なぜか「彼氏がいそう」だと思われがちな女性の特徴としてはまず、男友達や男女のグループでよく遊ぶ人がいます。実際、男友達が多い女性は周囲に「彼氏候補」との出会いが頻繁にあります。さまざまなタイプの男性と出会うことで目が肥えることで、恋人に求める条件も自然と高くなってしまう傾向があります。SNSで頻繁に複数の男性と遊んでいたり、飲み会やパーティの写真をアップしていたりする女性に「彼氏がいそう」と見えてしまうのは自然なことかもしれません。

コミュニケーション能力が高すぎる

人見知りをしない社交的な女性は、男女ともに憧れる魅力的な存在ではないかと思います。けれど、特にシャイな男性からすると女性のコミュニケーション能力の高さは時として、ハードルが高いと感じさせてしまうことがあるようです。また、人によってはまったく緊張することなく会話ができる女性は男性慣れしているように感じ、勝手に自信を失ってしまうこともあるそうです。

仕事もできて、コミュニケーション能力もバッチリで、ファッションセンスも文句無し。そこに完璧な振舞いや性格まで問題がないと、「隙がない女性」という雰囲気を感じさせてしまう可能性があります。

洗練されたファッションやメイクアップ

 

まるでモデルや女優さんのように顔立ちが整った女性は、当然のことながら「高嶺の花」に見えてしまうもの。けれども実は、 女性の容姿以外にもファッションやヘアスタイルからも、「彼氏がいそう」と思われてしまうことがあるのです。

私たち女性は、自分の気分を高めるために洋服やメイクに気を使うことがあると思います。大好きな色や柄の洋服を着て、お気に入りのジュエリーブランドのアクセサリーを身につけて、新しい素敵な靴を履いて。自分の好きなものを身につけるだけで、自分自身のモチベーションはグッと上がりますよね。けれど、この女性心理を理解できていない男性からすると、あまりにも垢抜けた女性に対して腰が引けて近づけなくなってしまうことがあるのです。

 私生活が充実していて忙しそう

(もちろん程度の差はありますが)女性はだれでも、自分がどれくらい幸福なのかを周囲と比べる「マウンティング」によって測る傾向があります。特にこの傾向が強い女性の場合、自分のプライベートが充実していることをアピールすることで、自分の価値を高めようとしてしまうことがあります。たとえば、休日はほとんど外出していたり、アフタ−5はジムやお稽古で忙しかったり、せっかく遊びに行っても「ごめん、そろそろ帰らなくちゃ」と途中で帰ってしまったり……。

男性は、公私ともに充実しているように見える女性を見ると「この人を誘ってみたところで、どうせ俺なんて」と諦めモードになってしまうことが多くあります。もし、意中の男性から連絡がほしい時は、「あなたからのお誘いは、いつでも嬉しいよ!」という気持ちを言葉にしてあげましょう。

 

Pocket
LINEで送る