【キュンドラ】しあわせのマフラー ~年上のカレ~ #003

キュンドラの第6話でございます。

前回のシチュエーションは、営業の外回りですぐに疲れてしまう主人公に先輩が「ジョギングでもしろ」と命令、半ば強制的に朝のジョギングに連れ出されるという『ときめきの朝活篇』でした。

先輩と主人公の距離が少しずつ縮まっています。

今回の『しあわせのマフラー篇』では、会社から駅までの帰り道
なんだか肌寒くて風邪気味の主人公を先輩が気遣います。

「勘違いすんなよ」

なんて言いながらも優しくしてくれる先輩。
あああ、こんな、ことされたら、心臓が口から出てしまいそうです。

それでは、どうぞ!

いじわるなはずの先輩ですが、やっぱり根は優しいみたいです。
ただ、優しさが素直じゃない!
だが、そこがいい!(笑)

そして、今回、年上のカレ(Moriya FamiliaのSakiくん)が近い、近い!
画面から抜け出て来そうな距離です。

男の人の首元って、普段はのど仏が見えててゴツゴツしているのに、シュッとしていて、女性にはない魅力があります。
マフラーでそれが隠れている、あのモフモフしてる感じが、なんとも言えず“ギャップ萌え~”なんです。

マフラー巻かれたい!
なんなら、もう、マフラーになりたいっ!!

すみません、取り乱しました。
はぁ~大久保佳代子さん、見てくれないかな~。
キュンとするシチュエーションについて語り明かしたい方ナンバー1です。

これまでの展開が気になる方は下記よりご覧頂けます。
はじめはお弁当を“ひょいパク”されるところから始まります。

後輩君バージョンは同じシチュエーションでもまた違った展開になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【これまでのストーリー】
ひとくちのお弁当 -年下のカレ- MAEKEN
ひとくちのお弁当 -年上のカレ- SAKI
ときめきの朝活 -年下のカレ- MAEKEN
ときめきの朝活 -年上のカレ- SAKI
しあわせのマフラー -年下のカレ- MAEKEN

Pocket
LINEで送る