【ただ、なんとなくさみしい】理由もなく寂しくなったときの対処法

「なんて言ったらいいのかよくわからないんだけど……ただ、なんとなくさみしい。」

うまく言葉にすることができない、どうにも説明しようがない寂しさを、誰しもが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。もちろん、私だってもれなく「うまく表現できないけれど、なんとなくさみしい」という感情が訪れることが時たまあります。

けれど、寂しさのあまり(都合がつきやすいからという理由だけで)あまり気の合わない友人と飲みに行ったり、出会って間もない男性といわゆる「一夜限りの関係」になったりすることは、まったくエレガントではありません。

そのような人たちと時間を過ごすくらいならば、1人でカフェでのんびりと過ごしたり、泣ける映画を観て心のデトックスをしたりする方がよっぽどマシです。

では、ただ漠然と寂しくなったとき、私たちはどのように説明しようのない気持ちを消化すればよいのでしょうか。今回は、漠然と寂しくなった時の対処法についてシェアします。

「ないもの探し」に走らないように注意する

「自分の得意なことを強みとして、徹底的に伸ばしていく」アメリカの教育に対して、日本では「強みを伸ばすことに加え、苦手をなくしていくことでマルチな人間をつくる」ことを目標にしています。

そのため私たち日本人は、自分自身があまり得意ではないことや持っていないことに対してとっても敏感です。

つい、周囲と自分とを必要以上に比べてしまうあまり、急に不安になったり落ち込んだりすることはありませんか?

もちろん、ご自身の至らない点をバネに努力することはできるかもしれません。けれども、「ないもの探し」ばかりをして自分のことを認めることができなかったら、あなた以外の誰もあなたのことを認めてくれることはありません。

私には私だけの、あなたにはあなただけが持っている強みが必ずあります。

「ないもの探し」をすることは簡単かもしれませんが、そこにフォーカスするよりも、自分が人と比べてちょっと特異なこと「(自分の中に)あるもの探し」をしてみてはどうでしょうか。

別に仕事での肩書きや資格などの大げさなものでなくて構いません。

  • フォトジェニックなお洒落カフェを人よりもたくさん知っている
  • 旅行のプランを立てることが好き
  • アイシングクッキー作りが得意 など

どれだけ小さなことでも構わないので、少しずつ「あるもの」にフォーカスしてみましょう。自分の中に「あるもの」に気がつけるようになると、周囲の素敵なところにも目が付くようになるはずですよ。

「マイルール」を大切にする

SNSを見ていると、先週発売されたリップグロスが翌週には「時代遅れ」と感じるくらい、次から次へと魅力的な情報が発信されています。また、それらを紹介する女性たちもキラキラと輝いて見えます。とても美しいはずなのに、とても素敵なはずなのに、ふと自分のライフスタイルと比べて惨めな気持ちを味わうことはありませんか? もしくは、「こんなにブランド品ばかり持っていて、毎日遊んでばかりで羨ましい」と、妬みの気持ちを持ってしまうこともあるかもしれません。

けれど、そんな気持ちを持ってしまうご自身のことを責めてしまう必要はありません。なぜなら、それらの気持ちは自然に湧きあがったものなのだから。誰にでも嫉妬心や自信をなくしてしまうような瞬間は等しく訪れます。ですから、それらの感情に捕らわれすぎないように。いま現在のご自身が持っているものや大切にしているモノやコトを大切にしてください。

「これはかっこいいけれど、私には必要ないことだわ」「私にはできないけれど、こういう生き方も素敵よね」

そうして自分の考えやセオリーを持った女性は、とても素敵です。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことからwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。