【これって脈あり?!】男性の言葉や態度

好きな人に気持ちを伝えたいけれど、できれば私への気持ちを知ってから告白したいですよね。

まったく脈無しだった場合は下手に告白をして気まずくなりたくありません。
今回は気になる男性の言葉や態度であなたへの気持ちを知る方法についてまとめます。

「ぜひ」という言葉

 

一緒に出掛け別れ際にあなたが「また行きたいですね」と言ったとします。
そのとき「ぜひ」と答えたときは脈ありです。
続けて「いつにします?!」と次の予定を決めたがったときは迷わず気持ちを伝えましょう。
逆に「またの機会に」や「ええ、まぁ」と言葉をにごしたり「○○さんたちも誘うか」と仲間を巻き込んだりする言動はあなたに特別な想いを抱いていないので今は告白のタイミングではありません。

よく目が合う

 

よく目が合う人はあなたを意識していることが多いです。
好きな人の行動は目で追いたいもの、あなただって彼を目で追っていますよね。
そんなときは笑顔で返しちょっとした共通点を作って休憩時間などに話しかけましょう。
ふたりの距離がグッと縮みます。

「俺も」

 

あなたとの会話で「俺もそう」「いいね」とあなたとの考えや行動に自分と共通点があることをアピールしてくる場合、あなたにかなり好意があります。

「できる」をアピール

 

男性は好きな人に自分ができる男であることをアピールしたいものです。
仕事はもちろん、アウトドアでの手際の良さなど得意なことをアピールしてきたら「すごいね」と相手の気持ちを盛り上げてください。

気遣う言動

 

「このまえ○○だったけど大丈夫だった?」「よかったら手伝おうか」「風邪なんだって?!」「仕事代わろうか」などあなたの忙しさや体調を気遣う言動は脈ありのサインです。

あなたの物を触る

 


職場のデスクはもちろん、あなたの物を積極的に持ってくれたり触ってきたりしたら好意がある証拠です。
人によってはこっそりと手に取って「落としたよ」などと会話のネタにすることもあります。
男性は気にならない女性の私物に興味を持ちません。

メールやラインのレスが早い

 

用事で連絡をしたときの返事が早い、しかもラリーを切りたがらない、さらには長文の場合は脈ありです。
どうでもいい女性からのラインならスタンプ1個で十分ですよね。

Pocket
LINEで送る