彼女面は今日で卒業!彼女面する女性の心理や行動、注意点も

彼女面は今日で卒業!彼女面する女性の心理や行動、注意点も

彼女面するなと言われた経験はありませんか?「自分はそのつもりはないのに…」とショックを受けた方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、彼女面についてピックアップしていきます。彼女面をしてしまう人の行動やそれを改善するための方法などをまとめました。ぜひ、参考にしながら、自分の行動を振り返ってみましょう。

彼女面とは?

彼女面とは、好意を持った相手に対して、まるで彼女のように接してしまう女性のことです。好きな人ができたら、色々やってあげたくなるのは当然ですが、その行動が行き過ぎてしまうと男性から嫌われてしまう可能性も。

彼女面とは?

片思いをした相手から「うざい」と言われてしまったことがある方は、これを機に自分の行動を見直してみるのもいいかもしれませんね。

彼女面をしてしまう女性の心理は「思い込み」

思わず彼女面をしてしまう女性の中には、勘違いや思い込みが強いところがあります。

彼女面をしてしまう女性の心理は「思い込み」

「相手の人が、他の女性よりも自分に優しく接してくれた」や「あの人は私のことが好きみたい」など、色々な思い込みが重なって、相手からは何も言われていないのに、自分が彼女だと思い込んでしまうのです。

さらに、彼女面をしてしまう女性は、1人の人に依存してしまう傾向にあるので、のめり込むあまり、自分本位になって周りが見えなくなることもあります。

彼女面をする女性の行動とは?

彼女面をする女性とは、具体的にどんな行動をしてしまう人のことでしょうか。彼女面をしてしまう女性の行動を3つピックアップしています。これ、自分もやってるかもと気づいたら、そこからがスタートです。改善の方向へ目を向けることができる良い機会。

連絡がマメ過ぎる

彼女面をする女性の行動とは?

意中の相手とは常に繋がっていたいと思うのが女性の心理ではないでしょうか。しかし、「今日何をしたのか」や「今からどこに行く」という報告が送られてきても、男性は、どう返信していいのかわからないと思ってしまいます。

付き合っている関係であれば、理解できますが、付き合っていない人がこういったメールを送ってしまうと、相手に不快感を与える要因です。相手に嫌われたくない、この恋を叶えたいと思う方は、相手の気持ちを考慮して連絡を控えめにしましょう。

プライベートにまで踏み込む

彼女面をしてしまう女性は、その人の全てを知りたいと思ってしまったり、世話を焼きたいと思う方が多く、プライベートにまで踏み込んでしまいます。女性もそうですが、男性にとって私生活の空間は、心を許した相手にだけが踏み込める特別な領域です。

そこに、付き合ってもいない人がズカズカと入ってくると不快感を覚えてしまうのも当然。相手の私生活を知ることは、付き合ってからでも遅くありません。恋人になっていない時点で、相手のことを知ろうとすると彼女面をしていると思われてしまうので要注意。

恋人ですアピールをする

彼女面の人は、周りにあの人と付き合ってるアピールをする方が多いようです。男性側も、周りからの情報でそれを知ったというケースも少なくありません。親密になればなるほど距離が縮まるので、そう思ってしまうかもしれませんが、「ほぼ」や「と思う」は、あくまで個人の考えです。

そのため確信がないうちは、周りに間違ったことを言いふらさないようにしましょう。

彼女面だと誤解されないための注意点

ここまで彼女面をしてしまう人の心理や行動パターンを見てきました。次は、そういった行動を取ってきた自分に気づいて改善していくための方法や注意点をご紹介します。

執着しすぎない

彼女面だと誤解されないための注意点

彼女面だと誤解されないようにするためには、相手に執着しすぎないことです。彼女面をしてしまう人は、相手への執着心が強くて、その人しか見えません。肝心な相手の気持ちや周りの状況などが見えなくなってしまいます。

そうならないためにも、相手を好きな気持ちはどうしよもないのですが、気持ちを押し付けたり、相手の気持ちを無視しないようにしましょう。

1人の時間を満喫する

彼女面をしていると誤解されないためには、1人の時間を楽しむことがおすすめです。相手にばかり使っていた時間を、自分のために使ってみましょう。友達とランチに出掛けたり、趣味を始めることもおすすめですし、1人で映画をみに行くこともGOOD。

とにかく、自分が「幸せだな」と思える瞬間を少しずつ増やしていくのです。今までは、意中の人と一緒にいることが幸せでしたが、自分で幸せを見つけられるようになると、相手への執着が薄れていきます。些細なことでもいいので、自分が幸せな気持ちでいられるようなことをたくさんやってみましょう。

現実を受け入れる

彼女面だと誤解されないためには、まず自分の現実を受け入れることです。「自分が、そういった行動を取っていたこと」や「相手に不快感を与えてしまっていたかもしれない事実」を認めましょう。認めるのはなかなか難しいですし、苦しいかもしれませんが、現実を受け入れることで、次に進むことができます。

過去は変えられません。でも、今から気持ちを切り替えて、一歩を踏み出すことで、これからの未来が違うものへと変化します。まずは、現実を受けれることから始めてみましょう。

彼女面があれば彼氏面もある!

彼女面をしてしまう女性がいれば、当然、彼氏面をしてしまう男性も存在します。彼氏面は、付き合ってもいないのに彼氏のように接してくる男性のことです。その特徴をいくつかご紹介します。

彼女面があれば彼氏面もある!

①束縛をしてくる

全ての人が同じ行動を取るわけではありませんが、彼氏面がエスカレートすると束縛にまで至ります。相手の行動が気になるあまり、どこに行くのか何をしているのか知りたくなるのです。意中の相手からの軽い束縛なら女性もときめくのですが、付き合ってもいない人からの束縛は負担になってしまいます。

相手の行動をコントロールしたいと思う気持ちが強くて、行動をする前から命令を出す人もいるようです。

②ボディタッチが激しい

恋人からのボディタッチは、納得のいくものですが、付き合っていない人からボディタッチを頻繁にされると、大抵の人は、不快感を覚えます。彼氏面をしてしまう人は、思い込みが入っていることもあり、相手に対して過剰にボディタッチを繰り返してしまう傾向があるようです。

③スケジュールを把握したがる

彼女面があれば彼氏面もある!-2

最初にご紹介した束縛と少し似ていますが、彼氏面をしてしまう男性は、スケジュールを把握したがります。スケージュールを把握することで、相手の行動を知って制限したがるようです。これは、自分の管理下に意中の女性を置いておきたい気持ちや、独占欲を満たしたいだけの身勝手な行動。

少し行き過ぎている傾向にあるので、相手のことを本当に思っているのであれば辞める努力をしましょう。

最後に

彼女面をしてしまう人の行動は色々ありましたが、自分の行動を振り返って「もしかしたら、私も…」と思った人はここからがスタートです。相手に好意を持つことは悪い事ではありませんが、相手の気持ちを無視して行き過ぎた行動を取ってしまうことはNG。それは、相手を思っているのではなく、自分のことしか考えていない身勝手な行動です。しかし、人は気づいた時から自分の行動を反省して、やり直すことができます。心当たりがある方は、これを機に、彼女面や彼氏面を卒業して、本当に幸せな人に変わっていきましょう。

関連記事

カレーの夢の夢占い!夢の中のカレーは金運の象徴?...

いい歳して…と言われる人の特徴は?「いい歳」とは30歳から?...

うざい、ムカつくと思われる小悪魔女子の行動8選...

座ったまま&寝ながらできる!肩こりに効くストレッチ4選...

夢をよく見るのはなぜ?「夢占い」「夢分析」よく見る夢の意味とは...