見た目を磨くだけじゃダメ?!愛される女性の内面的な共通点5つ

スポンサードリンク

多くの人から愛される女性って羨ましいですよね。異性からちやほやされるのはもちろんのこと、本当に愛される女性は同性からの評価も高く、周囲の人々に大切にされます。見た目が美しいだけではなく心の中から美しい人・・・それが本当にモテる人と言えるのではないでしょうか。

容姿が芸能人のように美しくなくても、なぜか周囲の人々から愛される人をよくお見掛けしますが、彼女たちにはいくつかの内面的な共通点があったのです。

今回はそんな、周囲の人々に愛される女性の共通点を5つご紹介します。

話題のひきだしが多い

愛される女性の大きな特徴として「話術に長けている」というのがあります。「この人と話していると面白いな」と感じることで自然と人は相手に心を開いていく生き物なのです。ですから、愛される女性は会話のひきだしが多く様々な情報を持っています。料理のことや娯楽のこと、仕事のこと、経済やニュースのことなど幅広い知識を持っている人とお話しするのは楽しいですよね。

また、愛される女性は一方的に知識をひけらかしたりはしません。知らないことは知らないと素直に認め、相手に「それってどういう意味?」と質問することができます。結果としてまた新たに彼女の中に知識が蓄積され、話題のひきだしが増えるという好循環を生み出します

話し上手は聞き上手ともいうように、相手の話もしっかり聞いてあげられるのも愛される女性の特徴です。「私は」「私が」ばかりでなく、相手に話題を振ったり内容を掘り下げたりすることで相手も気持ちよく会話ができ、結果「この人と話していると楽しい」という印象を持たせることができるのです。

損得勘定で人間付き合いをしない

私の出会った多くの愛されている女性は、本当に様々な方とのお付き合いがありました。外国人の方や異業種の方、聞いたこともない職業の方やバックパッカーをしている方など「どこで知り合ったの?」と訊きたくなるような人脈を持っている方が多かったです。

愛される女性は損得勘定で人間関係を築きあげません。マウンティングをしたり、仲の良い友達だけでつるむということはせずに、常にオープンマインドで他人と接します。もちろん中には悪意を向けられたこともあるでしょう。ですが、彼女たちはひとつひとつのご縁をとても大切にしています。

他人を蔑ろにする人は自分も蔑ろにされてしまいます。ですから、愛される女性になりたいのなら例え傷つけられた過去があろうともそれは心の中にしまっておきましょう。他人は自分を映す鏡です。誰でも彼でも愛せよ、とは言いませんがなるべく先入観を持たず人間関係を築くことができたら素敵ですよね。

細やかな気配りができる

愛される女性は細やかな気配りができます。逆に言えば、細やかな気配りができない女性で「愛されている」と感じる人を私は見たことがありません。もちろん重箱の隅をつつくような気配りを要求しているわけではありませんが、ちょっとしたことでも「ありがとう」とお礼を言えたり体調が悪そうにしている人に「大丈夫?」と声をかけたりできることが「細やかな気配り」の第一歩なのです。

何となく気が利かない方って稀にいらっしゃいますよね。そういう方はモテることはあるかも知れませんが、周囲の人々に愛されるまでには至りません。相手をイライラさせてしまったり、異性相手であれば結婚となるとちょっと躊躇してしまう・・・そんなタイプの方はなかなか愛される女性とは呼べませんよね。

困っている人がいたら手を差し伸べ、誰かにおめでたいことがあったら素直に祝福する。こんな当たり前のことから始まって、よくよく周囲を観察することで「この人は気が利くなぁ」という印象を与えることができるのです。

男尊女卑を語るつもりはありませんが、気が利く女性は昔からモテます。また、女性同士であっても気が利く女性は好感度が高いものですよね。愛される女性は周囲に対して思いやりを持って接することができるもの。ですから、周囲の人もまた思いやりを持って接してくれるのですね。

承認欲求が低い

承認欲求とはその名の通り「他人に認めてもらいたい」という欲求のこと。簡単にいえば「褒められたい」という願望のことを指します。愛される女性は承認欲求が低い傾向にあります。なぜなら精神的に自立しているので、他人に褒められようが褒められまいが自分自身の評価にはあまり関係がないからです。

もちろん、人間ですから誰しも褒められれば嬉しいものです。ですが、承認欲求が高い方は「もっと褒められたい」「どうして褒められないの」と相手の評価に依存しがちなのに対して承認欲求が低い方は「褒められた!やったー!」と自分自身の評価にプラスする形で相手の承認を受け止めます。

承認欲求が高いとあまり良いことはありません。他人に認められたいあまりに頑張りすぎてしまったり、本来の自分ではないキャラクターを演じてしまったりと本当に幸せになるには障壁が多すぎます。ですから、自分自身の評価は自分自身が決め、他人がどう言おうと「私は私」と自分を強く持つことが大切です。

精神的に自立している女性は異性からも同性からも好かれます。ゆとりがあり、芯のしっかりしている女性は魅力的ですよね。愛される女性の条件はこんなところにもあったのです。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

ヨルダ

関西出身のアラサー主婦。元ホステスの経験を活かして恋愛ノウハウから人間関係まで幅広く役立つ情報をお届けします。特技は料理とお酒をたくさん吞めること。現在は一児の母として日々邁進中。