喧嘩するほど仲がいい!?彼氏と喧嘩をしても仲直りするコツ5つ

喧嘩するほど仲がいい!?彼氏と喧嘩をしても仲直りするコツ5つ

彼と喧嘩をしてしまうと気まずい雰囲気になってしまいますよね。
仲直りしたいけど、さっきまで怒っていたのに普通に話しをするのはどうなんだろう?もう喧嘩は終わりかな?言いたいことまだあるかな?と考えてしまいますよね。

喧嘩するほど仲がいいという言葉をよく聞きませんか?
仲直りしやすい環境を作ったり、ルールを作ったりしているというカップルが多いんです。
喧嘩したカップルがどのようにして仲直りしているのかを教えます!

喧嘩をした後は必ず仲直りしよう

カップルが喧嘩をしてしまった時に一番最悪な結果なのは喧嘩別れしてしまうことですよね。
2人が冷静になって考えた時に別れを選ぶことになるのは仕方のないことです。価値観の違いや生活環境の変化など別れの原因は様々あります。
ただ喧嘩したまま別れてしまうのはもったいない。
もしかしたら分かり合えたかもしれない、落ち着いてきたら好きな気持ちがまだあるなど後悔の原因になることが多いんです。
仲直りとまでは行かなくても、感情的になって言い合いをしてそのまま離れてしまった…ということはないようにしましょう。

喧嘩でどんなに感情的になっても言ってはいけないこと

• 彼氏に言ってはいけない言葉「別れる」

どんなに感情的になっても《別れる》という言葉は言ってはだめです。冷静になった時に後悔するのはあなただからです。別れ話しをする時はお互いが落ち着いた状態で話すのが好ましいです。

「◯◯したら別れる」という言葉も聞きますが、あなたが嫌なことをしないで伝えるだけでいいのに別れを選択する時点でも間違えています。
よくこの言葉を言っていると言う人は喧嘩した際にも癖で言ってしまうことがあるので注意しておきましょう。

• 彼氏に言ってはいけない言葉「出て行く」

一緒に住んでいるカップルや夫婦は喧嘩した場合に使われている言葉ですね。
今はお互い感情的になっていて話しをきちんとできないと考えてその場を離れることは必要ですが、「顔も見たくないから出て行く」と言ってしまうのはだめです。
まずどちらかが家を出て行ったとして喧嘩した事については何も解決できていません。
喧嘩は解決しておかないと時間が経って元通りに戻ったとしても、また同じことで2人は喧嘩をしてしまいます。

• 彼氏に言ってはいけない言葉「前の時も…」

「前の時もこんなことがあった」などと過去のことを持ち出してしまうと喧嘩はずっと続いてしまいます。
一度謝ったものはもう話しが済んだことです。
思い出してしまったとしても口には出さないようにしましょう。
仲直りをしたいどころか喧嘩をしたいように見えてしまいます。

• 彼氏に言ってはいけない言葉「きもい」「死ね」「殺す」など汚い言葉

喧嘩の時に感情的になってしまうと、自分が嫌なことを説明するよりも一言で気持ちを表現したくなってしまいますよね。
「きもい」「死ね」「殺す」などの言葉はどんなに感情的になっても人として言ってはだめな言葉です。
言葉遣いというのは普段の生活から気にしないと直りません。
周りから言葉遣いが悪い・汚いと言われている人は要注意です。

彼氏との喧嘩で仲直りするコツ

1. 喧嘩は中途半端に終わらない

喧嘩は長引かせないことが大切です。
冷静になって話しをすることも必要ですので感情的になってしまい今は話し会うことができないとしても、2〜3日で喧嘩は終わらすようにしましょう。

2. ご飯の時は喧嘩を中断

ご飯は雰囲気が暗いと美味しいものも美味しく感じなくなります。
私は喧嘩の最中であってもご飯を食べる時は中断していてます。
一緒に住んでいる場合だとお弁当を作ることがあるかと思いますが、どんなに喧嘩をしていても必ずお弁当は用意しておきます。
お弁当を作っていてくれたことに感謝して、彼から謝ってくることもあります。

3. 喧嘩しても相手の言い分に耳を傾ける

自分の意見を伝えることはとても大切ですが、あなただけの意見を押し付けてしまってはいけません。
彼がどう思って対応したのか、考えているのかを知ることも仲直りには大切なことです。
きちんと相手の言い分を聞くことで喧嘩をすることも減っていきます。

4. なぜ喧嘩になったのか自分の反省点を考える

喧嘩は1人が嫌だと伝えただけでは成り立ちません。
あなたも彼も自分の意見を伝えることで喧嘩が始まります。なので、お互いに反省する点が必ずあるということです。
言い過ぎていたところはないか・意固地になってしまっていないか・彼の立場に立ってあなたの行動を見つめ直してみるなど、喧嘩の原因が彼であってもあなたも反省する点を探しましょう。

5. 『ごめんなさい』と素直に謝る

幼稚園で喧嘩来た時に【ごめんねの言葉と仲直りの握手】を習いますよね。
これ、いつからしなくなったのかわからないという人も多いんじゃないんでしょうか。
喧嘩をしたらどちらにも非はあります。きちんとごめんなさいと言葉にして謝るということは何よりも大切なことです。
どちらが先に言うかで冷戦になるかもしれませんが、2人ともごめんなさいと謝るように心がけましょう。

仲直りの握手はハグでもキスでもいいです。
謝ったすぐ後はやっぱり少し気まずいんですよね。
2人で喧嘩した時は仲直りの仕方を決めておきましょう。
触れ合うことで気まずさはなくなります。

そして大切なのは謝ったということは喧嘩は終わったということです。
仲直りをした後でも「まだ言いたいことがある」といったように掘り返すのはよくありません。
納得するまで話しをするのは必要なことですが、終わった話しをぶり返してしまうと喧嘩がいつまで経っても終わらないですよね。
そんな時は話しあうタイミングを少し後にして、まず自分が冷静になって考えてみる時間を取るようにしていきましょう。

「喧嘩するほど仲がいい」は本当?

喧嘩の仕方によって本当でもあり嘘にもなります。
喧嘩をした時に自分の意見を押し付ける・相手をねじ伏せる場だと思っていると仲良くはなれません。
男女は考え方に違いがあり、人は暮らしてきた環境や周りの人の考え方で必ず違いはあります。
考え方が違うという点を2人が分かっているかどうかが鍵になります。

最後に

お互いの意見の違いを理解する為に喧嘩をするのです。
自分とは違った考え方に向き合いながら認めることで仲の良いカップルになります。
押し付けではなく妥協しあいながら2人にとっていい解決ができるようにすると、喧嘩するほど仲のいいカップルになれます。

関連記事

幸せな恋愛をしている女性が心がけている5つのこと...

2018年秋冬のトレンドカラーで診断する性格とあなたへのアドバイス!...

本当に好きな人とは?「好き」の見極め方と本当に好きな人と結ばれる方法...

細マッチョよりも人気アリ!?マシュマロ系男子の魅力とは?...

見極めよう!元カノに未練がある男性の8つの特徴...

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る