何も言わない彼氏…。彼が自分の意見を言わない理由と3つの対処法

何も言わない彼氏…。彼が自分の意見を言わない理由と3つの対処法

彼がなんでもハッキリと自分の意見を言ってくれない。
いつも決めるのは私で本当にそれでいいのかもわからない、なんで決めてくれないのかわからないと悩んでいる人は、彼が自分の意見を言わない理由を知るだけで悩むことも減ると思います。
そして彼に意見を言ってもらえるように言い方を少し変えてみてはどうでしょうか?

意見をハッキリと言わない人は《好き》という言葉も少ないですよね、本当に愛情があるのかな…と不安になってしまうこともあります。

今回は何も言わない彼氏が自分の意見を言わない理由と3つの対処法をご紹介します。
言葉で表すのが苦手なだけで愛情はきちんとありますよ。

彼氏が自分の意見を言わない理由

何も言わない彼氏には、意見を言わない理由があります。彼氏が何も言わないとき、次の理由が大半を占めています。

・ 相手を思いすぎて自分の意見を言わずに合わせてしまう
・ 自分に自信がない
・ 口下手で説明が上手くできない、伝えられない

自分の意見を言わない彼氏は良く言えば気を遣い過ぎているということです。
意見がないわけではなく相手に合わせることが一番良いと思っているんですね。

それは付き合っているあなたに対してだけではなく、周りの友人などに対しても同じように自分の意見を言えない・言わないという人が多いです。
癖というか、今までそうやって人と接してきたということです。
あなたにまだ遠慮をしていたり心を開いていないということではないので安心してください。

そして意見を言ったり、自分が決めなければならないという状況にストレスを感じる人もいます。
苦手なものはなにをしても苦手ですよね。
説明したところで分かってもらえない、意見を言わなくても今まで過ごしてきたと彼が考えているならばすぐには考え方を変えることはできません。

相手に変わってもらうことばかりを考えるのではなく、あなたも相手を理解することも必要かもしれません。
彼の子供の頃の話しなどを聞いてみた時にどんな家庭で育ったのか、家族と接していたのかを考えてみるといいと思います。

最近は特にこの考え方を持つ人が男女多いと思います。
友達とのグループでも人に合わすことでいざこざを避けたり、自分の意見を言うことで対立することを避けています。
彼が自分の意見を言わないのは、あなたと喧嘩をしたくない・言い合いをしたくないという気持ちがあるかもしれません。

何も言わない彼氏・自分の意見を言わない彼氏への対処法

言い合いや喧嘩をしたいわけではないけど、思っていることはちゃんと言ってほしいと思いますよね。
1人よがりの恋愛をしたいのではなくお互いが成長しあえる関係になりたいと思っているのはあなただけではありません。

彼も意見は持っています。だけど何も言わない方が良いと思い込んでいたり、どう自分の意見を伝えていいのかわからないということもありますよね。
彼が意見を言いやすい環境をあなたが少しずつ作ってみるのはどうでしょうか?
彼の負担にはならない程度に探りながら実践してみてくださいね。

何も言わない彼氏への対処法1:質問をしながら話しを進める

例えば来週のデートで外食をしようと約束しているとします。
あなたが食べたいものや行きたいお店は彼には言わず、先に彼に「どこに行きたい?」「何食べる?」と意見を聞くようにしましょう。

選ぶ選択肢がある状態となにもない状態では答えを出さなければならないという気持ちが違いますよね。
彼の答えが出なくても怒るのではなく今回はあなたの行きたいお店に行って次は彼に決めてもらえばいいんです。
「じゃぁ次は彼の行きたいお店にしよう!」と提案をしておくことで彼にも考える時間ができます。

何も言わない彼氏への対処法2:答えが出るまで考える時間を与える

人によってすぐに答えが出てくる人と考えるのに時間がかかる人がいます。
例えば喧嘩などをした時に彼から「ごめん」や「そうだね」とだけ言われたり無言のままという場合は、まだ言いたいことがあるかもしれません。
(言葉が途切れたから意見はもうない)のではなく、彼の考えてることが知りたい場合は待ってみることです。

無言のまま待っておくと、彼の方から思っていたことなどを話しだしたりしてくれます。
待っている時間は長いかも知れませんが彼の意見を聞けるチャンスだと思って、我慢して彼の口が開くのを待ちましょう。

何も言わない彼氏への対処法3:どっちでもいいと言われた場合

「どっちでもいいよ」「あなたの好きなとこにしていいよ」と言われてしまった場合は次の機会という手段もありますが、その場で決めてもらうこともできます。
『どっちも良いから選べないからどうしよう?』と言うと、あなたはどちらの選択かそれ以上選べないとアピールできますので、彼は選んでくれるようになります。

決めるのは彼だという決定権を渡すのではなく、選べなくて困っているから助けてほしいという感じに持っていくことが大切です。
繰り返して助けを求めるとあなたが悩んだ時に彼が決めることが増えてくるようになり、彼の意見を言いやすくなる環境ができあがってきますよね。
彼から「今日の外食は〜にいく?」と提案してきたら大成功です。笑

彼に自分を好きな気持ちがあるかもわからない

自分の気持ちをハッキリと言わない人は《好き》と言葉での愛情表現をあまりしてくれません。
愛情がないのかな…と不安になるかも知れませんが、口下手な彼だとあなたが分かってあげることが大切だと思います。
彼氏は意見を言わないだけで、気持ちに嘘をついているわけではありません
あなたに流されているままお付き合いをしているのではなく、彼も意志を持ってあなたと付き合っています。
付き合っていることは彼があなたを好きだという証拠なんです。安心してください。

何も言わない彼氏と付き合っている人は、彼をよくみてあげてください。
何気ない行動や連絡の頻度などあなたを大切に扱っていることが分かると思います。
言葉での愛情表現がないという理由で喧嘩をするのはもったいないです。
好きだと分かっているなら喧嘩などせず、2人の思い出をこれからもたくさん作っていくべきですよ。

愛情表現の仕方は人それぞれ。
言葉で表してくれると気持ち的に一番安心しますが、ありすぎると逆にほんとうかな?と疑ってしまったりもするもんなんです。笑

お互いに好き同士で分かり合えているならば、問題はありません。
結婚などを考えると自分が決めなくちゃならないのかな?と不安になることもあるかもしれませんが、それまでには彼の意見を少しでも聞けるような環境作りを頑張ってみてください。

関連記事

どうしたらいい?彼氏と喧嘩してしまった時の対処法5つ...

急増中!セカンドパートナーとは?セカンドパートナーのメリット3つ...

【家計簿を見直し】実家同居のお金のやりくりは?子どもへのお小遣い制度始...

どうしてもイケメンが好き!面食いに共通する特徴と面食いを治す方法...

味噌汁がダイエットにいいって本当?味噌汁ダイエットを検証しよう...

あそこの臭い・かゆみ対策ってどうしてる?デリケートゾーンの臭いケ...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る