大好きな彼と良好な関係を築く5つのポイント

大好きな彼と良好な関係を築く5つのポイント

大好きな彼とはできるだけ良好な関係を保っておきたいですよね。
できれば喧嘩をしたくない、何かあった時はなんでも相談できるという関係はとても心強いものです。
しかしいつの間にか、彼への気遣いが増え言えないことは不信感が勝ってしまった、なんてことはありませんか?

今回は大好きな彼と信頼しあえる良好な関係を保つポイントをお伝えします。

1. まずは彼の話を聞く

1. まずは彼の話を聞く

人は誰でも自分の話を聞いてほしいという気持ちがあります。
これは自分に関係する話や、興味がある話なら尚更です。
あなたは普段、彼の話をしっかりと聞いていますか。

自分に関係のない話だと思ってつい聞き流している、という場合は要注意です。
普段の何気ない行動があなたを印象付けるからです。
あなたにとっては関係もなく興味のない話かもしれません。
しかしそれを聞き流してはいざとなった時、彼はどうせ聞いてくれないだろう、と話をしてくれなくなるかもしれません。

あなたにとっては関係のあるものやそうでないものという区別があります。
しかし彼にとっては話を聞いてくれるか聞いてくれないか、という点がポイントとなります。
その印象を普段から大切にしておく必要があります。

2. 怒る、より悲しむ

2. 怒る、より悲しむ

彼とうまくコミュニケーションを取れない時、あなたはつい怒りを彼にぶつけていませんか。
大事なことを話してくれなかったと感じた時は、何で話してくれなかったの。
仕事で大変だということを教えてくれなかったら、何で伝えてくれなかったの。

それはあなたが彼を支えたいという気持ちがあるからこそ起きる気持ちです。
そしてそれを伝えてくれなかったことへの怒りが沸き起こる気持ちもよくわかります。
しかし、彼からしてみればその怒りこそ厄介なものなのです。

彼としては少しでもストレスを最小限に抑えたい、という気持ちでいっぱいです。
そんな中、あなたに伝えることであなたからの気持ちを背負わなければいけなくなると更に彼への負担が増えます。
あなたとしては助けているつもりでも、結果として負担になっているのです。

こんな時はぐっと堪えて彼が話してくれるまで待ちましょう。
また話してくれないということは普段の行動からあなたからの負担が増えると感じているということです。
自分がどのように彼の負担になっているのか、今一度自分を振り返る時間として見つめ直してみましょう。

3. 普段の生活を助ける

3. 普段の生活を助ける

普段の生活の中で、必ずしなければならないことというものがあります。
その一つに家事があります。
家事は生活を送る上では必ずやらなければならないことですし、逃れられない仕事です。

しかし自分の仕事をこなすことで精一杯、なんてこともあるでしょう。
そんな時こそ、彼を支えることができる大きなポイントです。
家事はやらなければいけない仕事ですが、誰でもできる仕事でもあります。
また代わりにやってくれる人がいれば本人でなくともすることができることです。

そんな時はぜひ率先して家事の手伝いをしましょう。
口には出さずとも、彼の負担を軽くすることができます。

ひとつ注意してほしいのは、家事をしたことに見返りを求めないことです。
その点だけ注意して、ぜひやってみてください。

4. 笑顔でいる

4. 笑顔でいる

いつも笑顔でいる人に悪い印象を持つ人は少ないでしょう。
どんなに疲れていても笑顔で迎えてくれる人がいれば、元気付けられます。
その元気を与える役割をぜひ担ってみましょう。

なにか辛いことがあっても笑顔で優しく迎える。
これはなかなか大変なことです。
しかし大変だからこそとても効果のあることです。

彼だって人間です。
いつも元気を与える側でいられません。
彼だって元気をもらいたい時もあります。

これはあなたの努力がかなり必要なことです。
しかしとても効果があることでしょう。
できるだけ笑顔で、彼のそばにいてあげましょう。

5. 連絡のペースは彼に合わせる

5. 連絡のペースは彼に合わせる

大好きな彼とできるだけコミュニケーションをとりたいと思うことはごく自然なことです。
そんなときメールや電話でできるだけまめに連絡を取り合う人もいるでしょう。
しかしこの連絡が彼の負担になってしまっては意味がありません。

そもそも連絡をとる目的はお互いがお互いを支えるためにとるものです。
元気にしているかの確認、相談事にのる、などの手段といえるでしょう。
しかしこれを催促してしまっては強制させてしまうことになります。

人は強制されるとそれを負担に感じてしまいます。
もちろんあなたができるだけ連絡をとりたい、と感じていてもそれは彼にとってできない場合もあります。

連絡はできるだけ彼のペースへ合わせましょう。
こちらから一度した連絡には彼がこたえてくれるまで待ちましょう。
そこへ重ねて連絡することは彼を催促していることになってしまいます。

返事がほしい気持ちもとてもわかります。
しかし本当の意味で彼と良好な関係を築きたいのであればぐっと堪えましょう。
その先に本当に素敵な関係になる道が広がっています。

関連記事

コンプレックスじゃない!低身長女子のいいところ6選...

暑い夏こそ楽しもう!毎日のバスタイムを充実させる方法...

【こじらせ女子?!】脱処女に年齢は関係ない...

水瓶座のあなたが運命の恋に出会える場所...

男性が女性に言われたいセックス中のセリフ10選...

Pocket
LINEで送る