彼氏に「結婚したい!」と思わせる方法3つ!

彼氏に「結婚したい!」と思わせる方法3つ!

彼氏との仲はいいし、付き合いも長い。なのに、なかなかプロポーズしてもらえないと、「私、いつになったら結婚できるのかしら。」「私って結婚対象ではないのかしら。」と考えてしまいますよね。そこで、今回は彼氏に「結婚したい!」と思わせる3つの方法をまとめてみました☆ぜひ、参考になさってくださいね!!

結婚したいと思わせる方法①自分の家族を大切にしよう!

「今日は、おばあちゃんのお誕生日の食事会があるの。」
「先週、家族旅行に出かけてきたの。」
自分の家族、家族とのイベントを何よりも大切にしている女性、あなたの周りにもいませんか?

結婚したいと思わせる方法①自分の家族を大切にしよう!

自分の家族を大切にしている女性は、家族との関係が良好な場合が多いです。
家族との関係が良好な女性は、心穏やかな優しい女性が多いのも事実です。

自分の家族、祖父母などの年配者を敬い、大切にしている女性を見れば、「この女性なら、僕も、そして僕の家族も大切にしてくれそうだな。」と思うはず。
自分の家族や年配者を大切にできない女性が、結婚した相手や相手の家族を大切できるはずがありません。

家族への感謝の意味も込めて、今まで以上に自分の家族を大切にしてみましょう。
そんな心優しいあなたを見て、大好きなあの人も放っておくはずがありませんよ☆

結婚したいと思わせる方法②心許した人の前だけで、無愛想になろう!!

「お前の彼女って無愛想だよな。」
「お前の彼女、お前の前だと豹変するよな。」

彼の前では、ニコニコと愛想よく笑顔、しかも可愛いトーンで話すのに、彼以外の男性の前では、嫌なことがあると思いっきり顔にでちゃうタイプの女性っていますよね。
彼の前ではいつも可愛い彼女なので、そんな彼女の「素」の態度を彼は知る由もありません。
しかし、ふとしたことで彼の友達から、そんな無愛想な素の自分がバレてしまうことも!!

結婚したいと思わせる方法②心許した人の前だけで、無愛想になろう!!

結婚している女性の多くは、やはりいい意味で「八方美人」の女性が多いんです。
彼氏にとっては、自分の彼女や、自分の奥さんの評判は高い方がいいに決まっています。
「お前の奥さん、いつもニコニコしてて、いいよな。」なんて、褒められたりしたら、彼氏は嬉しいものなんです。

人間ですから、機嫌の悪い時だってあります。無愛想な時もあります。でも、心許している彼の前でだけならいいんです。
彼の友達や、彼以外の人に対しては愛想よく八方美人でいるべきです。

「みんなの前ではニコニコしてるのに、俺の前では無愛想になるよな。でも、俺には本当の姿を見せてくれてるんだな。」と、大好きなあの人もググッとくるはずです。
大好きなあの人の前では素直な自分をさらけ出しちゃいましょう☆
これから先、何十年と結婚生活をしていく相手には、本来の自分を愛してもらわないと、ね☆

結婚したいと思わせる方法③自分を持っている!!

「私はこれが好き。」
「これだけは譲れない。」
「この仕事が大好き。」

そんな自分のスタイル、こだわりをお持ちの女性、結構多くみえるのではないでしょうか?

結婚したいと思わせる方法③自分を持っている!!

いいんです。それでいいんです。
ブレない自分をお持ちの女性に対して、彼氏はついついグラっときてしまうんです。
いつも仕事に遊びに頑張っている女性をみて、彼氏は「この女性とならこれから先の人生しっかり歩んでいけるな。」と思うはず。

恋愛と結婚はやはり違うと思います。
結婚は楽しいだけではありません。
何十年も一緒に生活していく中で、やはり女性がしっかりしていないと、結婚生活は上手くいかないと思います。

自分の意見や考えをちゃんと持っている女性。彼氏に対してちゃんと意見が言える女性。
結婚に向いていると思います。

「私も29歳。付き合ってもう5年。彼からのプロポーズもないし、私から逆プロポーズなんてできないし、今更私から別れるなんて言えないし・・・。」と彼の顔色ばかりうかがっていても、結婚は到底できませんよ。

「私は30歳までに結婚したいです。結婚するのかしないのか、はっきりさせて!」と、自分の考えをしっかり伝えるべきです。

最後に

いかがでしたか?「結婚したい!」そう彼氏に思わせるために、今回ご紹介した3つの方法をぜひ参考になさってくださいませ☆

関連記事

緑茶のカフェインが気になる!綾鷹はどう?カフェインの少ないお茶とは...

セックスレスのカップルが結婚しない方がいい本当の理由...

彼氏がいるのに不安になる5つの理由と解消法...

たこ焼きのカロリーや糖質は?銀だこやくくる、じゃんぼ総本店のたこ焼きの...

指しゃぶりとは?大脳の発達に関係する?指しゃぶりはいつまでOKなのか...